爆サイ.com フィリピン版ロゴ 国際ニュース ニュース速報! Sexy Zone・菊池風磨、ラジオの嵐語りに...
ローカルルール
スレッドタイトルはタイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。
国際ニュースでは日本国外に該当するニュースのみ作成して下さい。
当該ニュースと関係のない画像はアップロードしないで下さい。
※上記に違反した内容は削除致します。内容によっては投稿規制をさせて頂く場合が御座います。
援助交際児童ポルノ薬物売買関連投稿は刑事罰の対象です。随時監視し、発見次第厳正な処置を取らせて頂きます。
サイト健全化のため、上記違法投稿を発見された方はこちらより通報下さい。
削除依頼は各スレッド内下部より受け付けております。


国際ニュースを見てる人にオススメ! ⇒ 事件・事故/ 政治家・議員/ 海外雑談総合/ アジア芸能/

NO.6547678
フィリピンで麻薬対策を小学生まで拡大 教育界は猛反発
フィリピンで麻薬対策を小学生まで拡大 教育界は猛反発
<極端なまでに強硬な麻薬取締を行うフィリピンのドゥテルテ政権。今度は取り締まりの対象を小学生にまで広げるという>

ドゥテルテ大統領が強力に進めている麻薬関連犯罪対策は、その極端な「超法規的殺人」を巡って国際社会やキリスト教組織から厳しい批判を受けているものの、国内的には一定の効果を挙げているとされる。

その麻薬対策を巡って麻薬取り締まり当局と教育関係者の対立が激化している。

理由は、2018年6月末に「フィリピン麻薬取締局(PDEA)」が教育現場での麻薬対策強化の一環として新方針導入を検討していることが明らかになったためだ。

導入が検討されている新方針には学校の生徒・児童のロッカーや所持品の検査に加えてアトランダム(無作為)に麻薬の使用を調べる検査(尿検査)を実施することなどが盛り込まれており、高校生、中学生に加えて10歳以上の小学生や教職員も対象となるという。

これには教育省や学校関係者、PTA、そして麻薬問題専門機関も「子供の人権問題に関わる重大な問題」「現行法では認められない」「麻薬戦争を学校に持ち込むことになる」などとして一斉に反対を表明する事態になっている。

■調査対象児童・生..


【日時】2018年07月11日 19:20
【ソース】Newsweek


#1 2018/07/12 12:32

日本の総理になってくださいデトルデ大統領選

[匿名さん]

#2 2018/07/12 12:34

>>0
同意

[匿名さん]

#3 2018/07/12 12:34

>>1
同意

[匿名さん]

#4 2018/07/12 12:38

いけないものだと解ってもらわんとな罰則は大統領に任せる

[匿名さん]

#5 2018/07/16 22:39最新レス

13歳から15歳の学生の約1割が1回以上のドラッグ仕様経験あり

ドラッグを初めて使ったのは14歳以下が78%

[匿名さん]

『フィリピンで麻薬対策を小学生まで拡大 教育界は猛反発』 へのレス投稿
任意入力フォーム

お名前 全角8文字まで
なりすまし防止 全角8文字まで
E-mail
画像ファイル選択
投稿前の注意
  • 掲示板あらし行為URLの記載は 一回で書込み禁止措置と致します。

前のページ前のページ1次のページ次のページ


国際ニュースを見てる人にオススメ! ⇒ 事件・事故/ 政治家・議員/ 海外雑談総合/ アジア芸能/

このスレッドのURL



本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。