爆サイ.com 沖縄版

沖縄雑談総合


#26

国家主権とは

1 国民および領土、領海、領空を統治する国家の権力。

2 国家が他国からの干渉を受けずに独自の意思決定を行う権利。

日本は他国(米国)から千渉され、自国の上空を自由に飛ベない空域がある。
例えば、東京の横田にラプコンという管制空域があるが、東京、埼玉、神奈川、静岡、山梨、群馬、栃木、長野、新潟の上空は米軍の許可がなければ日本の民間機は通れないことになっている。
だから羽田空港から西ヘ飛び立つ飛行機はすべて千葉の房総半島の上空を通らなければならないし、西日本から羽田空港に着陸する飛行機も、その管制空域を避けなければならないから房総半島を迂回しなければならない。
横田ラプコンだけでなく、米軍基地がある岩国にも管制空域があり、松山空港に着陸する飛行機は遠回りをしなければならないことになっている。

領土についても同じで、例えば2004年8月13日に沖縄国際大学の敷地に米軍のへリが堕落した事故があったが、日本が完全に主権を回復したというなら、沖縄県警が現場検証を行えるはずだが、沖縄県警は一切現場に立ち入ることを許されなかった。
つまり、国家の最高法規といわれる日本国憲法の上に米国から押し付けられた日米地位協定があり、その日米地位協定第17条で日本は米国に警察権を与えているため、自国の領土で起きた事故であっても、それが在日米軍の訓練中の事故であれば、その事故現場を検証することは日米地位協定により許されていない。
これでは日本は完全に主権を回復したとはとても言えない。

[ 匿名さん ]
TOP

Copyright(C) 爆サイ.com All rights reserved.