爆サイ.com 東北版

国際ニュース



#542

u一体、自国の同じ民族をこんな
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。
「一体、自国の同じ民族をこんなにも多く、奴婢として働かせ売買する国が、東西古今どこにあるというのか?」 - 李珥「萬言封事」

奴隷制研究家である経済学者のスタンリー・エンガーマンは先日、訪韓当時に行ったある講演で、朝鮮時代の奴隷制度について言及し、「世界的に類を見ない特徴を持っていた」と話した。

理由は、朝鮮時代の奴隷の大半が同族であったことだ。

朝鮮を除いた同時代のほとんどの国では、奴隷は主に戦争捕虜など、被征服地の異邦民族だった。ところが、朝鮮は隣国を侵攻したことがなかったため、奴隷として使える戦争捕虜や異邦民族がいなかったのだ。

朝鮮の学者、成俔(1439〜1504)は、「朝鮮人の半数が奴婢」とした。いくら人権と民族感情が発達していなかった昔だとしても、多民族を卑しい身分としても、ある程度、同質感があるような民族を卑しい身分にするのは、世界的に忌避する傾向だった。

しかし、誰かは雑用をしなければならないために、朝鮮では、奴婢を安定的に供給するため、彼らの子供を再び、奴婢にするという「経国大典」を通じて身分制を確立した。このような朝鮮の奴婢規定は、朝鮮王朝の最後の法典である「大典会通」まで続いた(引用:キム・スンウク著、「制度の力」)。

[ 匿名さん ]
TOP

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。

Copyright(C) 爆サイ.com All rights reserved.