爆サイ.com 北海道版

事件・事故


NO.5290781
世田谷区 母親が生後3ヵ月の乳児を浴槽に沈めて殺害
世田谷区 母親が生後3ヵ月の乳児を浴槽に沈めて殺害
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

東京都世田谷区南烏山のマンションで1月13日、生後3ヵ月の乳児を風呂に沈め殺害しようとした事件で、警視庁成城署は殺人未遂の疑いで母親を緊急逮捕しました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、世田谷区南烏山5丁目に住む無職・鈴木由美子容疑者(38)です。

発表によりますと鈴木由美子容疑者は1月13日午前9時50分ころ、世田谷区南烏山5丁目の自宅マンションで、生後3ヵ月の鈴木優佳ちゃんを風呂の浴槽に沈め殺害しようとした疑いが持たれています。

犯行後の同日午前10時10分ころ、鈴木由美子容疑者が自ら「赤ちゃんをお風呂の浴槽に沈めた」などと、警察に110番通報したことで事件が発覚しました。

この通報を受け警察官や救急隊が現場に駆けつけたところ、鈴木優佳ちゃんが服を着たまま、浴槽の底に沈められていたということです。

鈴木優佳ちゃんは病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、間もなく死亡が確認されました。

成城署によりますと、鈴木由美子容疑者は夫と鈴木優佳ちゃんの計3人暮らしということですが、当時、夫は外出中だったということです。

警察での取り調べに対して鈴木由美子容疑者は「子供が泣きやまないので風呂に沈めれば泣きやむと思った」「殺すことが目的だった」などと供述し、容疑を認めています。

また「数年前から精神的に不安定な状態だった」などと話しました。

現時点では、鈴木由美子容疑者が育児に悩んでいたのか、または家庭内にトラブルがあったのかなどの詳しい情報はわかっておりません。

成城署は容疑を殺人に切り替え、鈴木由美子容疑者から事情を聴くとともに、事件に至った経緯や犯行動機などについて詳しく捜査を進める方針です。


【日時】2017年01月13日
【提供】ニュース速報Japan
[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。