爆サイ.com 総合版 事件・事故 ニュース速報! ヒール履いた立ちバックが見どころ 月...

NO.5708352
「高校行けなくしてやる」警視庁の横暴な聴取、中学生が録音
「高校行けなくしてやる」警視庁の横暴な聴取、中学生が録音
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

■警官「高校なんか行かせねえ」聴取で暴言、中学生が録音

 警視庁高井戸署員が2015年、当時中学3年だった少年2人に対し、暴言をはくなどの不適切な任意聴取をして人権侵害をしたとして、東京弁護士会は10日、同署に書面で警告した。

少年らは同級生に万引きをさせたとして聴取を受けた際、署員から「おまえを高校に行けなくしてやる」などと言われたという。

 警視庁の森本敦司・生活安全総務課長は10日、経緯を説明。

不適切な聴取があったことを認めた上で、「署員らが責任感から行った。事案を真摯(しんし)に受け止め、再発防止に努める」と述べた。

少年2人は聴取の結果、いったん万引きの強要を認める供述をしたが、捜査の結果、万引きの強要は確認できないと認定したという。

 警告書によると、少年2人は2015年12月19日、高井戸署で同署員から別々に約2時間、任意の聴取を受けた際、1人がやりとりを録音していた。

署員から黙秘権は告げられず、「逮捕状でも何でも取ってやる」「鑑別(所)でも少年院でもぶちこむしかない」「高校なんか行かせねえ」などと言われたという。

 少年2人は昨年4月、署員を特別公務員暴行陵虐などの容疑で東京地検に告訴。

告訴は取り下げたが、同9月には東京弁護士会に人権侵害の救済を申し立てた。

弁護士によると、同署は今年4月、署長名で「署員の対応に不適切な点があった」と書面で回答し、少年2人に謝罪したという。

警告書は、署員らの行為について「黙秘権、供述の自由を侵害する」と指摘。

今後、こうした威迫行為がないよう求めている。


【日時】2017年08月10日 17:10
【ソース】ハフィントンポスト

[ 匿名さん ]
[友達に教える]
[TOP]


本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。