爆サイ.com 総合版 政治・経済ニュース ニュース速報! 小野瀬雅生「ギタリストとして、100歳までス...

NO.5742753
パチスロ3年もたない?出玉規制どころではない「余命宣告」の恐怖
パチスロ3年もたない?出玉規制どころではない「余命宣告」の恐怖
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

ギャンブル依存症対策として生まれた「パチンコ出玉規制」。

内容は一般的な遊戯時間(4時間)での儲けを、現行の十数万円から上限5万円にするというもの(パチスロも同水準)。

来年2月1日からは規制に基づいた機種が新台となる。

もちろん現在設置されている機種が即撤去となる訳ではない。

経過措置期間が3年設けられているため、現行の基準で認定を受けた機種は最大3年間設置することが可能だ。

完全に改正規則の遊技機市場になるのは、3年以上先の話ということになる。

それまでは旧基準機と共存することになるのだ。

その事実に安堵しているユーザーは多いようだが、パチスロユーザーの不安が完全に消えることはなさそうだ。

それは撤去を推し進められている射幸性が高い「旧基準機をいつまで打つことができるのか」という問題が存在しているからである。

「旧基準期に関しては、2016年12月末までに全体の50%未満、2017年の12月には30%未満にするという計画があります。その後はどうなるのかと気にすることも当然ですよね。昨年のパチンコMAX機の一斉撤去のイメージもあると思います。同じようになるのではないかと心配している方もいるようです。何事もなければ完全に5号機がなくなるのは2021年になりそうですが、確かに急な"お達し"が来ないとも言い切れません。突如として"完全撤去"を命じられることはないでしょうが、今後も減台され続けていくことは確実ですからね。『設置されているうちに打っておく』というスタンスでいることが正解でしょう。いずれにせよ今後は、射幸性の高い遊技機に頼る営業はできなくなります。これまでの射幸性が高まりすぎた時代は終わり、健全な大衆娯楽に戻るべく動き出していると考えるべきです。ユーザーも『ギャンブルとは一線を画す遊戯』としてパチンコ・パチスロと付き合って欲しいと思います」(パチスロライター)

パチンコ・パチスロの本質が「ギャンブルとは一線を画す遊戯」である以上、これまでの「ギャンブル性の高すぎる状況」は異常だったと表現できる。

そのように考えれば、今回の規制は本来の姿に戻る"きっかけ"にすぎないのかもしれない。

今回の出玉規制に失望しているユーザーは多く、メーカーやホールにとっても、厳しい時代であることは間違いないだろう。

しかし各々が「低射幸性営業」を、どのように捉えるかで状況は大きく変わるのではないか。


【日時】2017年08月25日
【ソース】ギャンブルジャーナル

[ 匿名さん ]
[友達に教える]
[TOP]


本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。