爆サイ.com 総合版 芸能ニュース ニュース速報! 戦没将兵を追悼する施設があるのは普通...

NO.5709294
不倫釈明の宮迫「下心あった」「家族には一生かけて償う」
不倫釈明の宮迫「下心あった」「家族には一生かけて償う」
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

週刊文春に報じられた“不倫疑惑”の渦中にある「雨上がり決死隊」宮迫博之(47)が11日、金曜レギュラーを務めるフジテレビ「バイキング」に生出演し、疑惑をナマ釈明した。

番組の冒頭、神妙な面持ちで前を見すえた宮迫を脇に、司会の坂上忍(50)が「宮迫君がスタジオに来てくれただけでも、ハイ」と言いつつも「それだけで済まされない部分もあるので、後で深掘りさせていただきますけど、大丈夫ですか」と覚悟のほどを問うた。

宮迫は「来たくはなかったですけど、嫁に『行って来い、お前』と言われた」と険しい表情のまま、坂上に向かって軽く頭を二度下げた。

その後はカメラ正面に向き直り天を仰ぐと、坂上は「こういうテレビって、あんまりオレ、見たことがない」と苦笑した。

その後、宮迫は相方・蛍原徹(49)、坂上とともにテーブルについて“追及”を受けた。

芸能人らの不倫問題を扱ってきた同番組だけに「仲間だからといって、ちょっと手心を加えるというのはいかがなものか」と語る坂上に、「もちろんです」と宮迫は相づち。

週刊文春で報じられた内容について、7月に女性2人と計3日間、ホテルの部屋に泊まったことは「事実です」と報道直後と同じく認めた上で、こう続けた。

「僕は泥酔した場合、家に帰るのがちょっとアレなので、いつも1人でホテルに泊まって、(そこから)仕事に行くみたいなことはちょくちょくやっていた。その流れで、飲み仲間が結構いますので…。(報道された女性は)そのグループの中の人たちで、そのまま、『3次会で店が閉まるのだったら、オレの部屋でもう一回飲み直すか』ということは何度もやってます。今回に限ってはそれが2人きりになってしまったけれど、僕が調子に乗っていたというか『もしかして、できるかも』と魔が差しまくったというか、『ちょっと2人になるかもしらんけど、ええかな』と。家が遠い方もいらっしゃるので『ついでに泊まっていきなさい』というふうに言いまして。僕と飲んだことのある人は分かりますけど、酒が深くなると寝てしまうので、寝る前に何とか頑張って言ってみたんですけど、『このご時勢にそれはダメですよね』というふうにお断りされ、フテ寝をしてしまった。それで朝を迎えて、それが3回繰り返されて、結局3回フラれている」

宮迫は“不倫未遂”だったと釈明。

下心があったのではという坂上の指摘には「そうです」と答えた。

相手の一人のモデル・小山ひかる(26)と2回宿泊したことについては「1回目は寝てしまったから無理だったのかなと思って、もう一回チャレンジしようと思ってもう一回、フラれています」とよどみなく説明した。

文春に張り込み取材をされていることは知っていたが、「何もやましいことはない」と思っていたという。

出演者の東国原英夫氏(59)が事件に例えて「嫌疑不十分で不起訴。証拠不十分」と述べると「犯罪的に言うのはやめてもらいたい」と顔をこわばらせて返した。

「酔うとついつい、調子に乗ってしまう」という宮迫。

番組ではこれまでに不倫否定に対して「たぶん黒」などと出演者の心証が語られ、本人は文春に「オフホワイト」と発言したことを受けて、坂上が「改めてお聞きしたい。何色ですか」と問われると、坂上に険しい表情で顔を寄せて「グッ…グレー」と芝居がかった様子で答えた。

妻にはすべてを話しており、初めて事情を伝えた時には「お前、何回目や!」と怒られたと明かした。

「信じられないぐらい怒られました。当然です。最初の3日間は家の中にいるのが正直、地獄なくらいムチャクチャだったが、これまで真剣な会話があまりなかった妻と過去10年ぐらいなかったほどじっくり話し合った末に、最終的には『家族だから私は助けるよ』という男前の言葉をいただきました」

5年前に判明し克服した宮迫の胃がんの再発や子供が交通事故に遭う可能性を考えれば、今回の報道は「屁みたいなものや」と妻は言ってくれたという。

この日は「芸人としての能力をすべてかけてしゃべって来い」と妻に送り出されたという。

この一件で「こんなに反省したことはなかったくらい反省した」などと語った宮迫は泣き出しそうな顔つきで、カメラに向かって再びこうべを垂れる動作を繰り返した。

不倫疑惑の相手とされた女性とは「一緒に飲むことはできない」と距離を置くと述べた。

それでも、蛍原に「黒迫さん」と言われたり、東国原氏からは「文春に言いたい。第2弾、第3弾を期待している」との声が出るなど、いじられた宮迫。

家族には「一生かけて償う」。

だが、坂上から「しばらくは控えるということですか」と聞かれて「そうです、しば…しばらくじゃないです。ぼく今『一生』って言いましたよね」と微妙な反応を見せて、30分近くにわたった釈明&追及トークは終わった。

【日時】2017年08月11日 16:06
【ソース】東スポWeb

[ 匿名さん ]
[友達に教える]
[TOP]


本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。