爆サイ.com 総合版 芸能ニュース ニュース速報! 「闇カジノ」報道の俳優X、5年前から「...

NO.6018864
GACKT仮想通貨ICO「SPINDLE」が怪しすぎると話題
GACKT仮想通貨ICO「SPINDLE」が怪しすぎると話題
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

GACKTが本名である大城ガクト名で、仮想通貨ICOプロジェクトSPINDLEに参加することを発表。

しかし、バックアップする「ブリオンジャパン」や「BLACKSTAR&CO」に金融庁登録取消処分を受けた会社や人物との接点が浮上し、黒すぎると話題になっている。

BLACKSTAR&CO代表取締役 宇田 修一氏は、ドラグーンキャピタルの代表取締役と一致。

ドラグーンキャピタルは、自社が販売した「ドラグーン日本ストロングファンド」が、取引損失によりファンド財産が毀損していたのにも関わらず、毎月利益があるという、虚偽の運用報告書を顧客に交付していたことが発覚し、証券取引等監視委員会から登録取消の行政処分を受けている。

有名人を広告塔に立て、話題の仮想通貨で注目を集めての金集め。

義援金詐欺や事務所脱税疑惑を皮切りに、投資失敗により自宅売却に至ったGACKT。

取り巻きが更に悪化、黒さしか感じないのは遂に資金的に行き詰まったのだろうか。

被害者が出ないことを願うばかりである。


【日時】2018年01月02日 00:45
【提供】激裏情報

[ 匿名さん ]
[友達に教える]
[TOP]


本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。