爆サイ.com 関東版

芸能ニュース


NO.6353788
乙武洋匡、濱田祐太郎に「不倫すべき」と発言し「サイコパス」と炎上
乙武洋匡、濱田祐太郎に「不倫すべき」と発言し「サイコパス」と炎上
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

5月11日に放送されたAbemaTVの『エゴサーチTV』に、作家の乙武洋匡がゲスト出演。

盲目の漫談家・濱田祐太郎について「不倫でもしたらいい」と珍妙なアドバイスを送り、ネット上で「この人なに言ってんの?」「ちょっと意味がわかりませんね」と総スカンを食らっている。

乙武はトークの中で濱田の話題に及ぶと、「みんな濱田さんを“さん付け”なんですよ。これってまだ、芸人としてのスタートラインにどれだけ立ててるのかなと思うと、まだちょっと超えなきゃいけない壁があるのかなって」と発言。

続けて「不倫でもしたらいいと思うんですよ。あと実は見えてるとかね。で、叩かれたほうがいい」と持論を展開した。

「乙武は2016年に複数女性との不倫が発覚し、猛バッシングを浴びて活動自粛に追い込まれました。不倫理由に“妻が子を産み母親になってしまった”と語るなど女性蔑視的な考え方で同情の余地もなく、今回の発言からもまるで反省の色が見えません。ネット上では『不倫を勧めるなんてバカなの?』『不倫が人を傷つけるってことわかってないんだろうね』『元奥さんも腹立たしいだろうな』『子どもに迷惑かけておいて、なに言ってんだ』と呆れられています」(同)

ほぼ全盲の濱田は、自らの障がいをネタに、吉本興業主催のピン芸コンクール『R‐1ぐらんぷり2018』で優勝を果たした注目株。

その活躍に泥を塗るような乙武の発言に多くの視聴者が反発した。

「濱田は3,795名が参加した『R‐1ぐらんぷり』で頂点に立ち、その後は映画『増山超能力師事務所 激情版は恋の味』のサポーターとしてイベントに登壇するなど、着実にステップアップを重ねています。そんな努力家の濱田に対して、乙武は理解不能なアドバイスを送ったのですから、猛批判を浴びても仕方ありません。ネット上には『なんであんたが上から目線で語ってんだよ』『濱田さん人気出てるから、嫉妬してるんじゃない?』『変に先輩面して、余計なこと言わないで』などの声も見られました」(同)

かつては自著の『五体不満足』(講談社)がベストセラーになり、小学校教師時代を綴ったエッセイ『だいじょうぶ3組』(同)が映画化・出演を果たすなど、多くの支持を得ていた乙武。

しかし不倫騒動をきっかけに転落し、支援者を裏切ってしまった。

「同じ障がい者というだけで、立場のまったく違う濱田に対し、したり顔で不倫を勧め『叩かれたほうがいい』と考える乙武の姿勢に落胆を隠せない人も多かった様子。不倫騒動からまるで成長していない姿に、ネット上では『もはや理解不能』『気持ち悪い。もう出てこないでください』『ほんと頭ヤバいんじゃないか?』『最低すぎる』『こんな発言を真面目にできる人怖い。サイコパスかよ』『昔は立派な人だなと思ってたけど、ここまで落ちぶれていたとは』と散々な言われようです」(同)

乙武には不倫騒動をもう一度振り返ってもらい、真摯な助言ができるように自分と向き合ってほしいものだ。


【日時】2018年05月15日 16:16
【提供】サイゾーウーマン
[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。