爆サイ.com 関東版

芸能ニュース


NO.6881306
みやぞん2000万円!?嵐5000万?!「24時間テレビ」疑惑の"ギャラ問題"
みやぞん2000万円!?嵐5000万?!「24時間テレビ」疑惑の"ギャラ問題"
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

今週末に放送を控えている『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。

チャリティランナーを担当するANZEN漫才・みやぞんの“ギャラ総額”が2000万円だと、8月22日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。

「チャリティ」を謳う同番組だけに、毎年「出演者にギャラは支払われているのか?」と議論が巻き起こる中、今年も同様の現象がネット上で散見されそうだ。

「日テレ側は、あくまで『出演者はノーギャラ』というスタンスのようですが、2013年、『フラッシュ』(光文社)が各出演者のギャラを暴露する記事を掲載。ネット上は大荒れになりました」(芸能ライター)

同記事では、メインパーソナリティを担当した嵐のギャラが5000万円、マラソンランナーを努めた森三中・大島美幸が1000万円、さらに上戸彩と羽鳥慎一がそれぞれ500万円と、具体的な金額を詳報していた。

「日テレが一部メディアの取材に対し、ギャラ報道を否定するコメントを出したことで、さらに世間の注目を集めました。嵐はボランティアでの出演であり、ギャラは発生していないと回答したんです。しかし、ネット上では『ジャニーズ事務所が一銭も受け取っていないとは考えられない』などと言われ、翌年以降もギャラ問題が取り沙汰され続けています」(同)

今回の「文春」の記事によると、みやぞんの所属事務所には、万一ケガを負った場合などの保障なども含めて2000万円が支払われるという。

「もちろんこの金額も、事務所の取り分が発生することから、みやぞん本人が受け取る額面というわけではないでしょう。これが妥当な金額なのかどうかは、判断の分かれるところではありますが、それ以前に、事務所やタレントにとって、『24時間テレビ』でランナーを務める本当の旨味は、別の部分にあります」(芸能プロ関係者)

チャリティランナーになると、日テレから、ある“プレゼント”をもらえるのだという。

「ランナー含め、『24時間テレビ』に貢献したタレントは、その後1年間、日テレの番組に優先的にキャスティングされるという“多大な恩恵”を得られます。それゆえ、たとえちょっとした足代レベルのギャラだとしても、先々の芸能活動を考えて出演を希望する者も多いでしょうね」(同)

今回の「ギャラ2000万円」報道に対し、果たして日テレ側は、何らかの見解を示すのだろうか。


【日時】2018年08月22日 11:45
【提供】サイゾーウーマン
[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。