爆サイ.com 関東版

芸能ニュース


NO.7108015
土屋太鳳を『レコ大』司会に抜擢 2019年はTBSの顔か
土屋太鳳を『レコ大』司会に抜擢 2019年はTBSの顔か
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

12月30日に放送される『第60回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の司会を務めることとなった土屋太鳳。

このキャスティングの裏には、TBSの思惑があるという。

ここ数年は男性のメインMCを安住紳一郎アナが務め、そのパートナーとして大物女優が起用されていたレコ大。

昨年、一昨年は天海祐希が、その前の2年間は仲間由紀恵がそれぞれ司会を務めていた。

「仲間や天海に比べると、土屋はかなりの若手。勢いはあってもはまだまだキャリアは浅く、抜擢感は否めません」(制作会社関係者)

そんな土屋の抜擢に裏には、TBSのとある計画があったといわれている。

「局側は土屋を猛プッシュして、“TBSの顔”に育てたいと考えているというんです。ここ最近、同局のドラマ出演が多いのは事実ですし、レコ大のMCという大役を任せることで、土屋の格を上げようとしているのかもしれません」(同)

現在、同局で放送中の『下町ロケット』に出演中の土屋。

今年7月クールにはやはり『チア☆ダン』で主演を務めている。

さらには、『下町ロケット』と同じく池井戸潤原作で、TBSが製作幹事となっている来年2月公開の映画『七つの会議』にも出演するのだ。

「土屋を売り出すとともに、“土屋といえばTBS”という状況を作り上げたいと考えているようです。彼女はものすごく真面目で、スタッフ受けもいい。TBSとしても、そういう好感度が高い女優を囲っておきたいという思いもあるのかもしれません。確かに、このまま土屋がドル箱女優になって、さらに局の顔となれば、TBSはウハウハです。それこそ、今の綾瀬はるかのような女優を囲うようなイメージ。TBSは、土屋を綾瀬クラスに押し上げて独占しようともくろんでいるのでしょう」(同)

今後も、TBSの土屋起用は続くのだろうか?「2019年にもTBSで土屋の主演ドラマが放送されるとのウワサは、チラホラ聞こえてきますね」(同)

2019年は“TBSの顔”としての土屋太鳳を見る機会が増えそうだ。


【日時】2018年12月03日 08:00
【提供】日刊サイゾー
[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。