爆サイ.com 九州版

日記・今日の出来事



#631

九州3児遺体》子殺しの“入れ墨父”は「太宰府主婦ホスト漬け殺害」の“女帝”と結婚していた〈息子はLINEで「生き地獄」〉
NO.9491087 2021/05/19 10:45
《九州3児遺体》子殺しの“入れ墨父”は「太宰府主婦ホスト漬け殺害」の“女帝”と結婚していた〈息子はLINEで「生き地獄」〉
画像拡大
実子2人を殺害したとして逮捕された福岡県飯塚市の職業不詳、田中涼二被告(41)。5月17日、検察は殺人の罪で起訴した。文春オンライン取材班が現地入りし、田中被告周辺を取材しているとある衝撃の事実が発覚した。

捜査関係者が明かす。

「『太宰府主婦ホスト漬け殺害事件』の1審福岡地裁の裁判員裁判で懲役22年が言い渡された山本美幸被告(42)が約20年前、田中被告と婚姻関係にあったことが判明した。太宰府事件はその殺害方法があまりに残酷なことから、全国から注目を浴びた事件だ。今回の3児遺体発見といい、元夫婦が別々でここまで大きな事件を起こすのは前代未聞だろう」

近年は両被告が連絡を取り合うことはなかったようだが、2人の人生は思わぬところで交差し
信じられないことに、この後、ぶつかってきた車はスピードを落とすことなく、逃げ去っていきました。

事故の衝撃で助手席に乗っていた男性は、ダッシュボードに頭をぶつけ、首を痛め、車の後方部分にはへこみが残っていました。

被害に遭った男性は「ドンという音がして、体がちょっと浮くような感じもあって、びっくりしました。子どもたちが後ろで寝ていたので、一瞬、目が覚めて、何があったのか分からなくて泣いてしまって。あれが正面からぶつかったらと思うと、ぞっとします」と話していました。

男性は、警察に通報し、被害について相談しているということです。

[ 匿名さん ]
TOP

Copyright(C) 爆サイ.com All rights reserved.