爆サイ.com 東北版

福島パチンコ・スロット店


#776


みんなアゴの凄さを理解していない。
アゴにまつわる噂の伝説について知らないのか?

アゴが30歳の時に、ジャグラーの死神のジャークに出会う。
ジャークから「残りの寿命の半分を私に差し出せば、すべてのジャグラーの台の設定が見える目を授けよう」と持ちかけられ、悪魔の取引を行う。
※この取引により、アゴの寿命は80歳から55歳になる。

その5年後アゴが35歳の時に、ジャークから「残りの寿命のもう半分を差し出せば、1日ぶん回した場合に獲得できる差枚数が見える目を授けよう」と持ちかけられる。

アゴは「その能力があれば、設定が見える目なんか必要なかったじゃないか!なぜ、そのことを先に言わなかった」と激怒する。

ジャークは「人間の寿命を少しでも多く吸収するために、交渉を進めるのは当然だ。死神に良心を求めるのはバカだ」と一蹴する。

アゴは仕方なくその取引を行う。
※これにより、アゴの残りの寿命は55歳から45歳になる。
この凄まじい能力により連勝を重ねるが、アゴの中で「こんな力に頼っていてスロプロと言えるのか」という葛藤が芽生え始める。

アゴは自分の実力で勝負をするために、ジャークに能力を返上する。
※奪われた寿命は戻らない。

しかし、自分の実力では収支が上がらず、後悔したアゴはジャークに能力を元に戻したいことを伝えるが、ジャークに拒否される。

すべてに絶望したアゴは、ニラク太平寺店で神のようなプロになることを決意。

その男気に惚れた婆さんがアゴと一生を共にすることを決意。

現在、アゴと婆さんの二人三脚で、並外れたハイエナ術や確率論による立ち回りで他のプロを圧巻する実力を発揮。

今では、一般客や他のプロ、従業員たちからレジェンドアゴと崇められている。

これがあの有名なレジェンドアゴ伝説だ!!

[ 匿名さん ]
TOP

Copyright(C) çˆ†ã‚µã‚¤.com All rights reserved.