爆サイ.com 南関東版

📰ニュース速報



NO.5445714
ネーミングライツ、個人名…球場名にまつわるエピソード
今シーズンから西武の本拠地の名称は西武プリンスドームからメットライフドームに、ロッテの本拠地の名称はQVCマリンフィールドからZOZOマリンスタジアムにそれぞれ変更された。

メットライフドームは生命保険会社のメットライフ生命、ZOZOマリンスタジアムは通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥディが球場の施設命名権(ネーミングライツ)を取得。

なかでもスタートトゥデイ社長の前澤友作氏は自身のtwitterを使って、球場正面に掲げるロゴを投票で決めたことも話題となった。

ネーミングライツの場合、球場にとっては命名権を取得した企業から契約料が入り、命名権を取得した企業にとっては、自社の名前が広く知らせる機会が増える。

お互いにとってメリットのあるビジネスチャンスと言えるだろう。

球場名にはほかにも、旭川スタルヒン球場など個人の偉業を称えるため個人名を冠したものもある。

そんな「球場名」にまつわるエピソードを紹介したい。

■プロ野球本拠地最初のネーミングライツはあの球場
MLBでは1990年代後半からネーミングライツを採用する球場が増えたが、日本のプロ野球の本拠地球場で最初に採用されたのは2003年。

オリックスの本拠地・グリーンスタジアム神戸が「Yahoo!BBスタジアム」となった。

このとき、ネーミングライツを取得したのは後にダイエーを買収するソフトバンクだった。

その後、ソフトバンクがダイエーを買収したことを受け、2005年からは航空会社のスカイマークエアラインズが取得し「スカイマークスタジアム」に。

2011年から「ほっともっとフィールド神戸」となり現在に至っている。

今回、球場名が変わったメットライフドームもこれまで何度も球場名が変わってきた。

2005年から2年間は「インボイスSEIBUドーム」、2007年は「グットウィルドーム」、2008年からはネーミングライツを取得する企業はなく、正式名称の西武ドーム。

2015年から2年間は「西武プリンスドーム」となっている。

現在、パ・リーグの本拠地球場でネーミングライツを採用しているのは6球団中5球団。

一方、セ・リーグでは広島のマツダスタジアム(MAZDAZoom-Zoomスタジアム広島)だけだ。

■「長嶋茂雄球場」は2つある!?
次に、個人名を冠した球場名を見てみよう。

広く知られているのは北海道旭川市の「旭川スタルヒン球場」だろう。

旭川で育ち、戦前、戦後のプロ野球界で通算303勝を挙げた名投手、ヴィクトル・スタルヒン氏の栄誉を称えた球場名となった。

以前は巨人の北海道シリーズが開催され、最近では日本ハムが公式戦を開催している。

「ミスタープロ野球」こと長嶋茂雄氏の名を冠した球場は、実は2つ存在する。

一つは長嶋氏が生まれ育った千葉県佐倉市。

この地にあるのは「長嶋茂雄記念岩名球場」だ。

2013年に長嶋氏が佐倉市市民栄誉賞を受賞したことで現在の名称に変わり、長嶋氏は毎年、野球教室で同球場を訪れている。

もう一つの「長嶋茂雄球場」は熊本県天草市(旧・熊本県本渡市)にある。

「なぜ熊本で長嶋氏の名前が?」と疑問を持つだろう。

浪人時代の1985年、長嶋氏は日本トライアスロン連盟の会長に就任。

同年には第1回天草国際トライアスロン大会が開催され、毎年この地を訪れるようになる。

その縁もあって地元の広瀬公園野球場が「長嶋茂雄球場」という名称になった。

なお、佐倉市よりもこちらの方が先に命名されている。

現役選手では今季からDeNAでプレーする田中浩康の名を冠した球場がある。

毎年、地元の千葉県柏市で少年野球大会「田中浩康カップ」を開催している縁で、大津ヶ丘中央公園野球場が2015年から「田中浩康スタジアム」という名称となった。

ほかにも秋田県能代市の「山田久志サブマリンスタジアム」、山形県米沢市の「皆川球場」(元南海・皆川睦雄氏)、山口県周南市の「津田恒実メモリアルスタジアム」、熊本県人吉市の「川上哲治記念球場」と地元の名選手を称えた球場がある。
【日時】2017年03月30日 16:05
【提供】デイリーニュースオンライン

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。