爆サイ.com 関東版

芸能ニュース


NO.7454115
シュワルツェネッガー&スタローン 「昔は互いが心底憎かった」
シュワルツェネッガー&スタローン 「昔は互いが心底憎かった」
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

映画で共演するなどしアクション映画ファンをおおいに喜ばせ、私生活でも親しくしてきた俳優シルヴェスター・スタローン(72)とアーノルド・シュワルツェネッガー(71)。

しかし互いの実力を認め合えるようになるまではお互いのことが嫌いでたまらず、「あのクソ野郎さえいなきゃどんなにいいか…」という嫌悪感を禁じ得なかったという。

80年代のこと、大ヒット作に次々と恵まれ同世代でもあることから「アクション映画界のトップはこの俺様だ、あいつじゃねえ」と互いをライバル視しかできなかったというスタローンとシュワ。

ここ数年の仲の良さからは想像もしがたいが、スタローンは過去の確執をこのようにTVで明かしたことがある。

「お互いが憎くてたまらなかった。それこそ、互いのDNAまで許せないほど嫌い − そんな関係だったな。」

「まさに宿敵ってやつだ。」

「あの男がこの惑星にいる。その事実さえも我慢できないほど、俺はあいつが大嫌いだったんだよ。」

しかしその2人も徐々に互いを「良いライバル」と思えるようになったという。

「そういうことだ。競争心があったからこそ、あいつも俺も一番良い面が出せたってことだろうな。アーノルドならこう言うだろう − ああいう関係だったからこそ、俺達は猛烈な勢いで頑張れたんだぜってな。」

「今では、互いのことを尊敬してる。(この業界で)俺達は生き抜いたんだから。『特別な奴だ』って言い合える仲さ。」

またシュワもスタローンを親友として、また役者仲間として尊敬しており、第88回アカデミー賞授賞式(2016年)でスタローンが助演男優賞を逃した際にはインスタグラムを速やかに更新、スタローンに向け「俺にとっては、お前が最高だ。誰が何と言おうとな」というメッセージを送っていた。

今は互いに70代 − 宿敵関係を経て親友同士になったというふたりは、今もなお映画界で活躍を続けている。


【日時】2019年05月10日
【提供】エトセトラ・ジャパン
【関連掲示板】

[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。