爆サイ.com 関西版

芸能ニュース


NO.5413472
『鉄腕!DASH!!』城島茂の不在で松岡昌宏が大発奮!
『鉄腕!DASH!!』城島茂の不在で松岡昌宏が大発奮!
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

レギュラーを務めるTOKIOの中でも、城島茂の活躍なくして成立しない『THE!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)。

ところが3月12日のオンエアは、前後半の企画ともに茂が不在。

代わりに両コーナーで活躍したのは松岡昌宏だった。

そこで今回は、前半の「出張DASH村」での松岡の活躍ぶりを追っていこう。

果たしてリーダーの穴を埋めることができたのだろうか?視聴率:15.0%(3月12日放送回)

◎松岡の余計な気遣い 
今回の「出張DASH村」は兵庫県淡路島。

メンバーの山口達也と一緒に、早春に採れる「淡路レタス」の収穫のお手伝いだ。

すると、目的の畑に向かう道すがら、松岡がいきなり「ケイコさん」と一言。突然飛び出した名前に、隣にいた達也が「うん?」と聞き返すと、松岡は続けて「淡路恵子さん」。

どうやら「淡路島」から、昭和の名女優・淡路恵子さんを連想したらしい。

リーダーの代わりとばかりにダジャレを言ってみせたのだろう。

それに対し達也は、「そこからですか、いきなり……」と、トホホ顔。

今回お邪魔するレタスの収穫農家は、淡路島生まれ、淡路島育ちの女性。

現在40歳で松岡と同い年だという。

そして3児のシングルマザーであることも明かしてくれた。

すると松岡が、ここで余計な気遣いを見せる。

「そんなんばっかですよ」と、隣にいる、去年8月に離婚を発表した達也を指さしたのだ。

達也は特に傷をえぐられた様子もなく、「(年齢は松岡と同じだし)それも(自分と)一緒ですね」とあっさり。

まずは、採れたてのレタスの試食から。

「パリパリ」と新鮮な音を響かせながら一口かじった松岡。

「CMきちゃうよ。レタスのCMきちゃう、これ」と言い出すが、達也はスルーし、「甘いだけじゃなくて、レタスの香りがしっかり入ってるね」とお手本のような感想を述べていた。

すると、松岡もちゃんと感想を言おうと思ったのか、そのおいしさについて語り始める。

「なんかねぇ、強調してこないとこ……あと歯ごたえ……あと、火を入れたときのしんなりさ……あと女性っぽいじゃんレタスって。大和なでしこだよね」

「レタスは大和なでしこ」。

それに対する周囲のリアクションはカットされていた。

◎18歳の娘さん登場で「父親気分」
ここで、地元ならでは食べ方を紹介してもらうことに。

教えてくれるのは女性の娘さん。

年は18歳だという。

すると隣にいた松岡が、「まあ娘みたいなものですよ」。

達也が「(父親気分は)どうですか?」と振ると、「……こんな感じなのかな」と、松岡は照れながら、しみじみ。

そんな娘さんから教えていただいたのは、ロールキャベツならぬロールレタス。

レタスをさっとお湯にくぐらせたら取り上げ、いったん氷水に。

そして中に入れる食材として、淡路島名産の玉ねぎを細かく刻む娘さん。

慣れた包丁さばきに、松岡は「どうウチの娘?」と達也に振るも、「育ててないだろ」と真っ当に返されていた。

その後、いくつかの手順を経て完成したロールレタス。

断面を切ったときにあふれ出る肉汁に、松岡の小ボケは止まらない。

「肉汁注意報だよ、コレ!」。

明るく響く笑い声(達也を除く)。

松岡を理解してくれる人たちがいてよかった、今回の『鉄腕!DASH!!』であった。

◎今日の松岡ヒトコト
・「……女性だ」(後半コーナー「DASHご当地PR課」にて。巨大雪だるまを作るため、最初に握った一球目の手触りから、「雪が女性」と判断した)
・「オレたちの知ってる雪子(せつこ)じゃない!」(雪子と命名した雪だるまだったが、半分に壊れてしまったときに絶叫)


【日時】2017年03月13日 14:50
【提供】サイゾーウーマン
[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。