爆サイ.com 関西版

📰ニュース速報



NO.10330342
自販機専用「赤いきつね」通常版との圧倒的な違い、これは通常販売を強く希望!
赤いきつね

image:秒刊SUNDAY

「赤いきつね」といえば、おそらくほとんどの方が知っているであろうカップうどん。少なくとも筆者の周りに赤いきつねを知らない人など、一人も存在しません。逆に「紺のきつねそば」を知っている人もほとんどいないと思いますけれど……。それはさておき「赤いきつね」に「自動販売機専用商品」なるものがあるので、通常版との違いを調べながらご紹介させていただきます。

激レア!?自販機専用「赤いきつね」を発見!

先述の通り、実は「赤いきつね」には自動販売機専用商品があるのですが、意外と知られておりません。理由としてはやや古めのビジネスホテルやゲームセンターが中心となっており、普通に生活していてもほぼ目に入ることがないんですよね。筆者も古めのゲーセンでやっと見つけました!

image:秒刊SUNDAY

「緑のたぬき」もありましたが、今回は割愛させていただきます。手書きの200円がレトロマニアからするとたまらんです!

image:秒刊SUNDAY

なぜかお箸は日清食品の物が……深く考えるのはやめておきますね。

image:秒刊SUNDAY

自販機は「お湯」が出る仕様ですが、今回は「比較」が目的なので使用せず。

image:秒刊SUNDAY

自動販売機専用「赤いきつね」を、家に持ち帰って検証です。

自動販売機専用「赤いきつね」の違いはココだ!

当然なんですけど、見た目が違いますよね。自販機専用は「ホットヌードル」のような縦長の容器、且つメラミンのようなプラスチック系の材質になっています。外で食べることを考慮して、簡単には穴があかない材質になっているのかもしれません。

赤いきつね

image:秒刊SUNDAY

容量は自販機専用が73g、通常が96g。グラムあたりの成分はほぼ同じなので割愛させていただきます。

次の大きな違いは、自販機専用にはスープと七味の小袋が付属していません。スープは縦長の形状をしたカップ麺に多い「既に入っている」タイプ。

image:秒刊SUNDAY

そのため、お揚げにたっぷりと粉末スープがかかっています。お揚げの大きさはパッケージに準じたものとなっています。自販機専用の方、2枚入れておいて欲しかったな……。

image:秒刊SUNDAY

いちばんの違いは……?

そして圧倒的な違いは調理時間。通常5分に対して、自販機専用は3分なのです!赤いきつね=5分で刷り込まれている方も多いと思うので、何も考えずにお湯を入れると伸び切った麺を喰らうことに。

image:秒刊SUNDAY

その辺りを考慮しつつ、熱湯を注いでみましたよっと。次は中身の違いを調べてみます。

image:秒刊SUNDAY

中身にも意外な違いがあった!

香りも見た目もひと目では違いがわからないので、中身を取り出して比較してみました。

image:秒刊SUNDAY

実は自販機専用はスープの出汁感が少なく、実際に澄んでいます。そして通常入っていない「大きめの白ネギ」が追加されており、全体的なネギの量が多いこともわかりました。

image:秒刊SUNDAY

まとめると下記のようになります。

【赤いきつね 通常版と自販機専用版の比較】(自販機目線)
・ネギが多く、白ネギも入っている
・全体量が20gほど少ない
・スープに出汁感が少ない(飲みやすいとも)
・お揚げが小さい
・粉末スープがかかっている状態
・七味が付いていない
・パッケージが縦長でメラミンのような素材
・麺が若干細い(言われなきゃ気づかないレベル)

手軽に「赤いきつね」を食べることが出来るのはありがたいのですが、わざわざ自販機専用を購入する理由はありません。食べやすくて出来上がり3分といったメリットがあるので、ビジホなどでお腹が空いたら買うという選択はアリです。最後にひとこと……赤いきつね、めちゃくちゃうめぇ!!!

赤いきつね(自動販売機専用) 税込200円

赤いきつねといえば「あまーいおあげ」ですが、味付け油あげを使った最強レシピはこちら。さあ、今すぐお餅を買ってくるのです、そして作るのです!

source: 東洋水産株式会社


【日時】2022年05月02日 08:00
【提供】秒刊SUNDAY

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。