爆サイ.com 山陽版

ニュース総合



NO.5315084
JR湖西線ホームの積雪かき分けて乗客なんとか電車へ
JR湖西線ホームの積雪かき分けて乗客なんとか電車へ
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

強烈な寒波の影響で、きょう(24日)夕方にかけて西日本の日本海側や北陸を中心に大雪が降り続く見込みで、気象庁や国土交通省が警戒を呼びかけている。

滋賀県長浜市ではけさ5時現在の積雪量(アメダス速報値)が、90センチに達し、JR湖西線の駅でホームに積もった雪が電車内に侵入するようすが報告された。

西日本各地に大雪を降らせたのは、5500メートル上空に流れ込んでいる氷点下33度以下の強い寒気が犯人。

冬型の気圧配置の影響で、西日本から北日本では日本海側を中心に降雪量が増えた。

大阪管区気象台によると、24日午前5時現在の積雪の深さは、兵庫県香美町の157センチを筆頭に、滋賀県長浜市で90センチ、同高島市で70センチを観測。

琵琶湖周辺では、今晩にかけて引き続き大雪への警戒が必要だ。

この大雪の影響で、京都市山科区から琵琶湖西岸を走って滋賀県長浜市に至るJR湖西線では23日、駅のホームに降り積もった雪をかき分けなければ電車までたどり着けない状態に陥った。

滋賀県在住のミュージシャン「SHINTARO⇔official.」さんは、電車の乗降口が開いた途端に、ホームの雪が車内になだれ込んでくるようすを撮影してTwitterに投稿すると、たちまち2万8000人近くにリツイートされたという。


【日時】2017年01月24日 09:41
【提供】ハザードラボ
[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。