爆サイ.com 山陽版

芸能ニュース


NO.8686003
『快傑えみちゃんねる』突然終了の舞台裏 上沼恵美子逆ギレ「そこまで言われるなら辞めてやる」
『快傑えみちゃんねる』突然終了の舞台裏 上沼恵美子逆ギレ「そこまで言われるなら辞めてやる」
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

“関西の女帝”と呼ばれる大物タレント・上沼恵美子(65)が司会を務める関西テレビの長寿番組「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)が25年の歴史に幕を下ろすことが21日、分かった。

24日の放送が最後となる。

同番組は6月に上沼の“集中口撃”により準レギュラーだったキングコング梶原雄太(39)が降板する騒動があったばかり。

突然すぎる終了の裏には何があったのか——。

歯に衣(きぬ)着せぬ上沼の毒舌トークで、長きにわたり多くのファンに愛されてきたバラエティー番組。

関西テレビは、今年7月に25周年を迎えたことを理由にあげ「番組として一定の役割ができたと考え、終了いたします」と発表。

上沼も「25年という長きにわたって『快傑えみちゃんねる』を1000回を超えて続けることができたのは、支えてくださった視聴者の皆さまのおかげです。本当にありがとうごさいました」とのコメントを出した。

テレビ業界の通例なら早くても10月の改編期で番組を切り替えるケースが多いが、不祥事でもないのに突然の幕引きという前代未聞の顛末(てんまつ)。

複数の関係者によると、問題の発端は梶原の降板騒動とみられる。

梶原の態度が気に入らず、上沼が収録中に罵倒。

その場面はお蔵入りとなり、梶原は上沼のラジオ番組のレギュラーも含めて降板を申し出た。

そこで上沼は騒動後、同局側に「番組をもっと良くしたい。改めるところがあったら何でも言ってほしい」と提案。

これが“導火線”となった。

同局側が上沼と話し合いの場を持ち、現場スタッフらの意見を伝えたところ、「そこまで言われるなら辞めてやる」と逆ギレ。

局側は9月末での卒業を打診したものの、上沼の出演拒否により24日放送で終了することが突如、決まったとみられる。

「若い視聴者の取り込みを図るため、今後どうするかということは懸案事項になっていた。ただ、えみちゃんねるはファンも多いし、局側としても続けたいと思っていた。卒業セレモニーもないと聞いている。寂しすぎます」(同局関係者)。

現時点で総集編の放送予定もないという。

同局は本紙の取材に「上沼さんとの話し合いの内容の詳細は答えられない。終了を決めたのは関西テレビです」と答えた。

上沼にとっては長きにわたって担当していた女性マネジャーが5月末に辞めたことも大きい。

「これまでは、そのマネジャーがクッションのような役割を果たしていた。上沼さんは“コロナ鬱(うつ)”と言ってましたが、最近は精神的にも落ち込んでいた。その中で直接本人が対応することになって悲劇につながった」(演芸関係者)。

同局の幹部も代替わりしており、これまでのように意思疎通が図れなかったことも一因とみられる。

同番組は1995年7月10日にスタート。

最終回で1056回を迎える。

出演拒否で解決の糸口が見つからないままでの空中分解。

視聴者不在のこんな形で終わりを告げるのは残念でならない。

■ブチ切れ辞表
カンテレは騒動と番組打ち切りの関連について「特に関係はございません」と否定。

改編期にも当たらないこの時期に突然、貢献度の高い長寿番組の終了を発表したことについても「従来はスタジオ観覧を募集してお客様を入れていたが、コロナ禍で無観客となり、ゲストの方も呼べない。局内でもエンターテインメントのトークショーとして成立しないのではないかとの意見があった。関西テレビの判断で上沼さんに終了の意向を伝えた」と説明した。

だが、タイミングがタイミングだけに、在阪芸能関係者の誰もが「関係ないわけがない」と口を揃える。

いったい何があったのか?事情を知る芸能関係者は「梶原との騒動があったが、梶原の所属事務所の吉本興業は丸く収めた。そんな吉本への配慮もあって、カンテレは上沼に『今後もこういうことがたびたびあったら困ります』というようなことをやんわりと伝えたところ、上沼は一方的に『それなら辞める!』と激怒したそうだ。カンテレは慰留したようだが、上沼の怒りは収まらず、突然の番組終了劇となった」と舞台裏を明かす。

■関西の女帝に忍び寄る危険な足音
上沼は現在、カンテレのほかに3本の在阪レギュラーを抱えているが、影響はないのか。

別の芸能関係者は「歯に衣着せぬトークが人気の上沼だが、最近は昔の大女優のようになっていて、まったく聞く耳を持たない。マネジャーとも何度も『辞める』とケンカになっていたそうで、苦言を呈することのできる人間もいない。もともとダンナが勤めていた局の番組をケンカ別れのような形で降りたことを他局はどう見るのか。今後、上沼に何か意見をしようものなら、同じように『辞める』と言われるかもしれない」と話す。

上沼から〝辞表〟を突きつけられた形のカンテレだが、在阪テレビ関係者からは「コロナ禍でカンテレも財政が楽とはいえない。経費削減の一環でタレントのギャラも見直す中で、関西のローカルタレントとしてはトップの上沼のギャラが削減できるメリットもある。当然、カンテレ側からはギャラの引き下げも言えなかっただろうしね」との声も聞かれる。

財政難は同局だけではない。

他の在阪局も上沼と〝何か〟が起きたとき、右へならえ!とばかりに、上沼の番組打ち切りに動く可能性はある。

〝女帝〟も今回の打ち切り劇でその地位が危うくなるかもしれない。

■「心のバランスを崩してる?」
突然のニュースに、ツイッターには「何が起きた!?」「マジか!急すぎないですか!?」「突然すぎて。長寿番組だったから終わり方が呆気なさすぎて」など、驚きの声が続々と集まっている。

また、「上沼さん好きだったけど芸が落ちたわ。悪口観るに耐えられん時もあったし」「上沼さんの自慢と悪口と目下の芸人への嫌味ないじりしか無い番組」などの厳しい声に交じり、「上沼さんちょっと心のバランスを崩してる状態なのかな」「十分稼いだし、のんびりさせてあげれば」と上沼の健康状態を気遣う投稿も少なからず見受けられる。

番組や上沼のファンからは、「上沼さんの漫才は本当に衝撃を受けた。ただのおしゃべりおばちゃんじゃないんだよ。残念だな…」「およそ30年前の面白さは神レベルだったと全盛期を知る私は思う」「上沼さんのテレビって安心して見れるんだけどな」「言いたい事は言う、迎合しない姿は憧れます。芸能界も上下関係が疎かになっているのかな?と推測。上沼さん応援しています」「ラジオは頼むから続けて欲しい」など、上沼のさらなる活躍に期待が多く寄せられている。

このほか、「敵味方がはっきりしてる人だったから、半分は必ずファンになるという縮図だった。慣れてない人は老害に見えるし、慣れたら愛情にも見える」と、見る人によって受け止め方が大きく分かれるとの指摘もあった。


【日時】2020年07月22日
【提供】gossip!
【関連掲示板】

[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。