爆サイ.com 四国版

不良・族全国

ローカルルール
誹謗中傷による書き込みは利用規約違反になりますのでお止め下さい。
援助交際児童ポルノ薬物売買関連投稿は刑事罰の対象です。随時監視し、発見次第厳正な処置を取らせて頂きます。
サイト健全化のため、上記違法投稿を発見された方はこちらより通報下さい。
削除依頼は各スレッド内下部より受け付けております。


不良・族全国を見てる人にオススメ! ⇒ 出会い系全国/ クラブ・ディスコ全国/ サークル全国/ 裏情報/

NO.8871865
山口組に復帰した二代目木村會は「山若頭預かり」に
a1b2c3

#12020/09/22 19:50

ゲット

[匿名さん]

#22020/09/22 21:18

今年から鮭買は買いません

[匿名さん]

#32020/09/22 21:19

>>2
鮭とばウミャイミャッ🐾

[匿名さん]

#42020/09/23 01:00

🕉♎♾

[匿名さん]

#52020/09/23 07:47

多田文明 | 11時間前 詐欺・悪徳商法に詳しいジャーナリストオーサー 報告

不正受給の実態が明らかになっています。
神戸の男3人が逮捕された事件では、不正申請は100件以上。愛知の男3人の申請者数は当初400人でしたが、約800人の不正受給の可能性も出てきており、8億円です。今回の件数は1500〜2千件程度ですので、それをしのぐ15億円以上。以前から指摘してきましたが、組織的犯罪グループが絡んでいる状況が見えつつあり捜査の進展が待たれます。
組織的詐欺を見てきて思うのは、これは沖縄にとどまる問題ではない可能性です。裏の世界では一つの詐欺の成功方法が見つかると、裏でその手法が共有され広まります。それゆえ全国でも同様なことが行われている可能性はあると考えます。
言い過ぎかもしれませんが、特殊詐欺の上半期の被害総額が前年より約23億5千万円減りましたが、詐欺グループの一部がこの持続化給付金詐欺に走ったため減ったのではと、勘繰りたくなるような、今の不正受給の蔓延状況です。

[匿名さん]

#62020/10/01 19:33

Business Journal > ジャーナリズム > 二代目木村會は「山若頭預かり」に
2020.08.22 18:20
2005年に、現在の神戸山口組・井上邦雄組長をトップとした四代目山健組体制が発足した時、舎弟頭に就いたのは、武闘派として知られる初代木村會であった。そこから木村會は、山健組で舎弟頭補佐を務めていた大同会と共に、六代目山口組の直系組織へと昇格を果たし、初代木村會会長は瞬く間に六代目山口組幹部に昇進するのだが、間もなくして、病気療養のためにその職を辞任。その後、筆頭若中となって引退し、木村會の勢力は、大同会へと加入することになったのだった。

 そして、2015年に六代目山口組が分裂。これを機に、引退していた親分衆が次々と神戸山口組に復帰を果たすなかで、二代目木村會も大同会を割って出て、神戸山口組に参画。その後、二代目木村會・山本彰彦会長は、神戸山口組執行部の一員にまで昇進していくのだ。

 確かに当初、分裂騒動のイニシアチブを握っていたのは、世間の判官贔屓にも後押しされ、「あの山口組を分裂させた」という話題性も備えていた神戸山口組だったといえるかもしれない。

 だが、六代目山口組サイドは、神戸山口組サイドが仕掛ける、練り歩きなどの派手なデモンストレーションの裏側で、ヤクザのバックボーンである暴力を行使し続けていたのだった。そして、その都度それらの実行犯は、長い懲役を覚悟の上で、六代目山口組サイドの犯行であることを誇示するかのごとく、当局へと出頭して見せたのである。

「なかには無期懲役の判決が下された組員も存在していた。対する神戸山口組サイドは、当局の締め付けを視野に入れ、抗争の激化を避けるかのように、返し(報復)が少なかったように思われる。その弱腰とも取られかねないスタンスが、今に繋がる神戸サイドの衰退を招いたといえるのではないだろうか。ヤクザは義理人情を重んじる集団とはいえ、最後にモノをいうのは、やはり暴力による実力行使、“力”だ。

ニュースサイトで読む: ttps://biz-journal.jp/2020/08/post_175194.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

[匿名さん]

#72020/10/04 00:36

♊✡

[匿名さん]

#82020/10/04 01:46

ヤクザが暴力使わなかったらヤクザじゃないのミャッ

[匿名さん]

#92020/10/04 17:57

欲嫁

[匿名さん]

#102020/10/04 18:01

Business Journal > ジャーナリズム > 二代目木村會は「山若頭預かり」に
2020.08.22 18:20
ジャーナリズム
六代目山口組に復帰した二代目木村會は「山若頭預かり」に…揺れる神戸山口組
文=山口組問題特別取材班

ニュースサイトで読む: ttps://biz-journal.jp/2020/08/post_175194.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.



 だが、六代目山口組サイドは、神戸山口組サイドが仕掛ける、練り歩きなどの派手なデモンストレーションの裏側で、ヤクザのバックボーンである暴力を行使し続けていたのだった。そして、その都度それらの実行犯は、長い懲役を覚悟の上で、六代目山口組サイドの犯行であることを誇示するかのごとく、当局へと出頭して見せたのである。

「なかには無期懲役の判決が下された組員も存在していた。対する神戸山口組サイドは、当局の締め付けを視野に入れ、抗争の激化を避けるかのように、返し(報復)が少なかったように思われる。その弱腰とも取られかねないスタンスが、今に繋がる神戸サイドの衰退を招いたといえるのではないだろうか。ヤクザは義理人情を重んじる集団とはいえ、最後にモノをいうのは、やはり暴力による実力行使、“力”だ。

 そして、六代目山口組の最高指揮官ともいえる山清司若頭が昨年10月に復帰。それによって、六代目山口組の士気は目に見えて上がり、神戸山口組サイドに対する過激な事件が多発することになっていった。そのスタンスの違いが、今になって出てきているのではないだろうか」(業界関係者)

 さらに、今月15日に山口県岩国で二代目木村會幹部が六代目山口組系組員から銃撃されるという事件が起こる。しかもその後、二代目木村會は神戸山口組を離脱し、山若頭の預かりといった異例ともいえる状態で、六代目山口組に電撃復帰を果たすことになるのである。

「六代目山口組サイドでは、二代目木村會の復帰により、同会を攻撃することを傘下組織に禁じる通達を出したと見られる。ただ木村會内部では、それに異を唱えた勢力も出たようだ。武闘派で鳴らしてきた木村會だけに、攻撃された直後に対峙してきた相手側に復帰することをよしとしない組員たちもいるようで、内部で軋轢が生まれているのではないか。

[匿名さん]

#112020/10/04 23:59

✡♉

[匿名さん]

#122020/10/06 01:17

...........................

[匿名さん]

#132020/10/13 01:13

✡♊

[匿名さん]

#14
この投稿は削除されました

#15
この投稿は削除されました

#162020/10/13 21:54

(´・д・`)バーカ

[匿名さん]

#172020/10/13 23:03

houkai

[匿名さん]

#182020/10/19 12:59

あbccd

[匿名さん]

#192020/10/21 23:08

...................

[匿名さん]

#202020/10/22 09:28

♍♎

[匿名さん]

#212020/10/22 10:12最新レス

昨日までの子分を取り上げられて

[匿名さん]

『山口組に復帰した二代目木村會は「山若頭預かり」に』 へのレス投稿
レス本文 必須 全角750文字まで:残り全角750文字
任意入力フォーム

お名前 全角8文字まで
なりすまし防止 全角8文字まで
E-mail
削除パス 半角英数4文字
投稿前の注意
  • 掲示板あらし行為URLの記載は 一回で書込み禁止措置と致します。


前のページ前のページ1次のページ次のページ

不良・族全国を見てる人にオススメ! ⇒ 出会い系全国/ クラブ・ディスコ全国/ サークル全国/ 裏情報/

このスレッドのURL