爆サイ.com 総合版 スポーツニュース ニュース速報! 横浜DeNAベイスターズが人気になった秘...

NO.6546938
錦織圭 ジョコビッチに敗れ日本人85年ぶり4強入りならず
錦織圭 ジョコビッチに敗れ日本人85年ぶり4強入りならず
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

【英国・ロンドン11日発】テニスのウィンブルドン選手権男子シングルス準々決勝で、世界ランキング28位の錦織圭(28=日清食品)は、同21位のノバク・ジョコビッチ(31=セルビア)と対戦し、3―6、6―3、2―6、2―6で敗れ、自身初の4強進出を逃した。

過去の対戦成績は錦織の2勝13敗も、芝では初対決。

互いに1セットずつを奪い合った第3セット第5ゲームが試合の明暗を分けた。

錦織は40―0と3つのブレークポイントを握りながら、ジョコビッチにキープされる。

続く第6ゲーム、失意からかミスが目立ち、ブレークを許した。逆にジョコビッチは雄たけびを上げた。

これで流れに乗ったジョコビッチを、錦織は止められない。

第4セットは第2、第4ゲームを連続ブレークされる。攻めてもジョコビッチの防御を崩せず、第8ゲームも失い、万事休す。

錦織はこれでジョコビッチに痛恨の13連敗。

1932年と33年の佐藤次郎以来、85年ぶりとなる全英4強の快挙はならなかった。




【日時】2018年07月11日 23:55
【ソース】東スポWeb

[ 匿名さん ]
[友達に教える]
[TOP]


本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。