爆サイ.com 甲信越版

芸能ニュース



NO.7369466
『Mステ』苦情殺到でNGTメンバーを意図的に映さなかった!?
『Mステ』苦情殺到でNGTメンバーを意図的に映さなかった!?
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

NGT48のメンバーは「意図的」に画面に映されなかったのか――?

山口真帆さん(23)への暴行事件に揺れるNGTは、レギュラー番組が相次ぎ終了するなど苦境が続く。

メンバー数人がAKB48の選抜メンバーとして出演した「ミュージック・ステーション」(Mステ、テレビ朝日系)は、貴重な露出の場となるはずだった。

噂が流れたのは29日。

この日「Mステ」に出演したAKBグループメンバーには、NGTからも荻野由佳さん(20)、中井りかさん(21)の2人が含まれていたが、歌唱シーンでアップになることは一度もなかった。

披露された楽曲が指原莉乃さん(26)センターの「ジワるDAYS」だったとはいえ、AKB48の矢作萌夏さん(16)、HKT48の田中美久さん(17)ら若手メンバーがアップになるシーンは何回もあった。

これに加えて、荻野さんに至っては、事前にツイッターで「Mステ」への出演を告知していた。

そのため、不自然さを感じた視聴者は多かったようで、ツイッターには、

「Mステ見返したけどNGTメンの扱い悪!!wフォーメーションの人数合わせだけで映さない、みたいだったね…」

「スイッチャーさんがNGTメン映らないように頑張ってたのか」

「MステでNGTメンバーがカメラで抜かれなかったとかウケるな」

「NGTメンバーがあまり映らなかったというのが偶然か必然か 分からないけどもしも意図的なら局側は批判がくることを認識していたことになる」

と意図的だったのではないかとの憶測が流れた。

自身も選抜メンバーだったSKE48の須田亜香里さん(27)は2日後の31日、「サンジャポ」で「Mステ」について見解を述べた。

「爆笑問題」田中裕二さんに「ネットでは『NGTが映っていなかったのは意図的だったのではないか』と言われているが?」と指摘されると、「それはないと思います」と即座に否定。

また、「私も一度も抜かれなかったですし。

私が写ると画面がお汚れしちゃうから…」と自虐ネタでスタジオを笑わせた。

さらに、「だから撮られなかったと責められるのは私も心が痛みます」と、ネットの噂に対して率直な思いを明かしていた。

■NGT48は開店休業状態
NGTは苦難の日々が続く。

運営する「AKS」の松村匠・運営責任者兼取締役らが22日に会見し、第三者委員会の調査報告書を公表した後も、新潟県をPRするスペシャルサポーターの契約更新が保留、JR東日本新潟支社の広告出演契約が終了、レギュラー番組の休止など露出が大幅に減少した。

30日には新潟のラジオ番組「PORT DE NGT」(FM PORT)が最終回を迎え、地上波での冠番組のレギュラー放送が全てなくなる事態に。

同日発表された本拠地「NGT劇場」の4月14日までのスケジュールは全て「休館日」となっている。

こうした現状から、「Mステ」はNGTメンバーの貴重な露出の場となっていた。

「サンジャポ」での須田さんの話によると「(NGTメンバーと)同じ楽屋にいましたけど、その話(山口さん暴行事件)に触れる人はいませんでした」という。

「テレビにせよ、ラジオにせよ、メンバーたちは収録に臨めるような精神状態ではないことは明らか。ラジオの方は『当面休止』としているが、このまま終了する可能性が濃厚なようだ」(芸能記者)

「気になるのはメンバーたちの収入だが、上の方のメンバーはそれなりに固定給もあるから問題なさそうだが、売れていないメンバーの収入源は公演の出演料やグッズの売り上げがメイン。食べていけないのを理由に卒業するメンバーが出てもおかしくない」(同)

ちなみに、ネット上などで事件への関与が噂された、中井りかがレギュラー出演していたトーク番組「白昼夢」(フジテレビ系)は3月24日深夜にひっそりと最終回を迎えた。

■Mステ公式TwitterにNGTを出すなとクレーム殺到

■ネットの反応
・つまりNGTも映すと汚れるという認識?
・無慈悲にディスってるな
・荻野も中井もヨゴレだって暗に言ってるわけか やるやん
・NGTメンバーは忖度 須田メンバーはAKB顔面イメージの下落回避
・映ると画面が汚れるブスが総選挙2位って
・これがAKB最後の全国ネットのテレビ出演だろ
・ヲタ繋がりの元凶指原をテレビに出すなよ
・毎度毎度、必死のフォローで常に運営側に媚びたコメントばっかししてんなコイツ
・意図的でないならそれはそれで問題なんだけどな笑


【日時】2019年04月02日
【提供】gossip!
[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。