爆サイ.com 総合版 創価学会 ニュース速報! ブルックリンの魚屋 OSAKANA 京都で日...



NO.543765
【創価】山中湖連続殺人事件 澤地和夫


【創価】山中湖連続殺人事件の犯人 澤地和夫(元警官)が前原支部総会で体験発表。

千葉県船橋市の前原支部総会で、犯行途中の連続殺人犯・澤地和夫(元警察官巡査部長)が、借金を返せたことを「功徳」と体験発表。(実際は強盗殺人で得た金で借金を返していた。)
*『昭和58年11月、千葉県船橋市・創価学会前原支部総会で、元警察官で熱心な創価学会活動家の沢地和夫は、「入信したおかげで、思わぬ収入を得、借金を返すことができた。大きな功徳をいただいた」と体験発表を行ない、満場の拍手喝采を受けた。
だがこの時、澤地和夫は、宝石商と金融業者の二人を殺害し、死体を埋めて隠した上、現金や宝石を強奪していたのだった。
強盗殺人で奪った金で借金を返済し、これを支部総会で、「創価学会の信仰の功徳だ」と体験発表したのである。
この澤地和夫は、池田大作の言うところの「会合にも出ない」「教学も勉強していない」という〃はぐれ会員〃とは正反対の会員だった。澤地和夫は、死刑の判決を受け、確定している。』
ソース:山崎正友『創価学会・公明党の犯罪白書』(P41〜42)

[ 匿名さん ]
[友達に教える]
[TOP]