爆サイ.com 南関東版

検索

21世紀の検索結果

■南関東版 21世紀 検索結果


スレッドの結果415件
  • 530

    21世紀生まれのJリーガーが誕生する! サッカーJ1東京のU−18(18歳以下)に所属するFW久保建英(たけふさ、15)が、トップチームに選手登録されることが12日、分かった。東京が今月16日までに登録する方針を固めたもので、スペインの名門バルセロナの下部組織でプレーした20年東京五輪のスター候補が、早くもJリーグの舞台に立つ可能性が高まった。出場となれば04年3月の森本貴幸(東京V)以来の中学生選手で、01年以降の生ま...

    更新時間:2022/01/25 20:47
  • 6

     1月28日に、いよいよ2022年選抜高校野球大会の出場32校が決定する。これまでに数々のドラマを生んできたセンバツ出場校の発表。今年はどんなドラマが待っているのだろうか。 運命の日を前に、過去のセンバツ出場決定で起こった「サプライズ」を振り返ってみたい。■2009年(平21)第81回大会 もしあのとき、あの左腕が甲子園に出場していなかったら、今の彼はあったのだろうか…。「もしも」は禁句かもしれないが、そう思ってしまう選...

    更新時間:2022/01/25 17:05
  • 223

    北から北見工業、宮城松島、群馬富岡、愛知豊橋工業、石川金沢商、和歌山桐蔭、島根平田、愛媛松山東、福岡八幡南!北海道は過去複数回選ばれてるし東北ほ神宮枠取ったし厳しいか?商工業系から1つ、世界遺産ご祝儀+永年文武両道貫きなどから富岡と松山東あたりか?

    更新時間:2022/01/24 12:58
  • 1000

    近年、さまざまな経済指標で「日本の独り負け」が目立つ一方、隣国・韓国は緩やかに経済成長を続け、日本を追い抜こうとしている。現地で緊急インタビュー!■日韓逆転を実感しつつも格差拡大への不安も残る平均賃金や一人当たり実質GDPなど、さまざまな経済指標で日韓の逆転が始まっている。数字で見る両国の競争力の逆転・拮抗状況は顕著だ。世界競争力年鑑2021(IMD)では日本が31位で韓国は23位、世界製造業競争力指数(’20年、国連産...

    更新時間:2022/01/23 07:56
  • 6

    21世紀お財布はスマホになってそうだけどそうでもない。スマート財布とは?チャックを開けるとコイン・お札・カード類を入れても薄くて軽くて持ちやすい。100円ショップのもありかな。風水を考えるとお財布を買うのに適した日もあるそうです。牛革が良いと聞くけど厚くなります。マネークリップはコインが入らない。未来の財布とは・・・

    更新時間:2022/01/21 21:19
  • 135

    今ウイグルで起きていることは半世紀前にナチスがユダヤ人に対し行ったことと同じである。21世紀にこんなこともう起きないだろうと思ってたが中国は違った。中国共産党は力で世界征服を企んでいる。まず台湾を狙うだろう。その次が、南沙諸島の完全な侵略、次に尖閣諸島や沖縄を狙ってくるだろう。平和ボケを今すぐ直し、中国共産党の侵略に万全の態勢で備えるべきだ。

    更新時間:2022/01/21 05:01
  • 3

    21世紀もバカープの世紀🌎

    更新時間:2022/01/20 06:25
  • 39

    21世紀半ば、日本は4つの経済圏によって分割統治された。隷属国となった日本に生まれた少年・椎葉アモウは、鬱屈した毎日を過ごす中で、ある日、草むらに捨てられていた自律思考型AI『ガイ』と出会う。西暦2061年、日本は支配された。4つの世界主要経済圏によって分割統治されるに至り、日本人は隷属国の人間として虐げられる日々を送っていた。日本は各経済圏が投入した人型特殊機動兵器AMAIMが闊歩する世界の最前線となった。機械好きの少...

    更新時間:2022/01/14 16:11
  • 12

    タイ北部やラオス西部の山岳地で暮らし、狩猟採集生活をおくる400人程度しかいない少数民族「ムラブリ族」。そんな彼らの謎に包まれた姿を撮影したドキュメンタリー映画「森のムラブリ インドシナ最後の狩猟民(Mlabri in the Woods)」が、2022年3月19日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか日本全国で順次公開されます。なお撮影のほどはタイのナーン県で行われました。タイやラオスの密林でバナナ葉の家をつくり、...

    更新時間:2022/01/13 19:31
  • 2

     バイデン米大統領は5日、2030年までに米国の新車販売の50%を電気自動車(EV)などの電動車にすることを目指す大統領令に署名した。バイデン氏はホワイトハウスで「自動車産業の未来は電動車だ。中国や他の国との21世紀の競争をリードするために、米国は電動車の開発・生産を加速しなければならない」と語った。 大統領令では、30年に新車販売の50%をEV、燃料電池車、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車などの電動車とす...

    更新時間:2022/01/03 15:57
  • もっと見る
レスの結果
スレ画像の結果


TOP