爆サイ.com 北海道版

国際ニュース

ローカルルール
スレッドタイトルはタイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。
国際ニュースでは日本国外に該当するニュースのみ作成して下さい。
当該ニュースと関係のない画像はアップロードしないで下さい。
※上記に違反した内容は削除致します。内容によっては投稿規制をさせて頂く場合が御座います。
援助交際児童ポルノ薬物売買関連投稿は刑事罰の対象です。随時監視し、発見次第厳正な処置を取らせて頂きます。
サイト健全化のため、上記違法投稿を発見された方はこちらより通報下さい。
削除依頼は各スレッド内下部より受け付けております。


国際ニュースを見てる人にオススメ! ⇒ 事件・事故/ 政治家・議員/ 海外雑談総合/ アジア芸能/

NO.8190840
タイ航空、韓国行きフライトを減便、日本行きも減便の可能性
タイ航空、韓国行きフライトを減便、日本行きも減便の可能性
中国・湖北省武漢発の新型コロナウイルスの拡大を受けて、航空業界にも大きな影響が出ているようです。

各報道によるとタイ国際航空は、バンコク−ソウル間の往復航空券の予約が30%減少したとして、2020年2月26日からは週四便の運航を取りやめると発表しました。

これでバンコクーソウル間は週21便となります。

さらに日本便も減便の可能性があるとのこと。

タイの主要空港では、外国人観光客の利用者が大幅に減少。

2月は前年比3割ほどの減少となっています。

新型コロナウイルスの感染者数は、2月15日現在で中国政府の発表では中国国内で約6万4千人、死者は1500人。

タイでは、33人の感染者が確認されています。

【日時】2020年02月15日
【提供】タイランドハイパーリンクス
【関連掲示板】


#12020/02/15 14:51

いタイ

[匿名さん]

#22020/02/15 15:01

しょうがないタイ

[匿名さん]

#32020/02/15 15:02

支那人の隔離しない支那政府が悪い^^人類滅亡計画は進行中です。

[匿名さん]

#42020/02/15 15:03

当然だね
次はアメリカかもな

[匿名さん]

#52020/02/15 15:05

>>3
正しくは人口削減計画

[匿名さん]

#62020/02/15 15:13

日本人も米国入国禁止になるよ

[匿名さん]

#72020/02/15 15:14

私は選ばれたエンジニアなので感染しません

[匿名さん]

#82020/02/15 17:37

今世界で1番危険なのが日本だからしゃーないな

都市封鎖してる中国のほうがまだまし

[匿名さん]

#92020/02/15 18:54

タイに来る外人観光客、どんどん減れば、夕イのオメコ相場も下がるよ。

[匿名さん]

#102020/02/15 22:33

>>9
そったらもの上がろうが下がろうがタイ経済には何のメリットもデメリットもない

[匿名さん]

#112020/02/17 21:32

>>10
売春産業でいくら稼いでんだと思ってんだよ。
GDPに与える影響すごいぞ

[匿名さん]

#122020/02/18 00:46

いまだに、春休みの海外旅行に行こうとしてる学生さん?がいるみたいだけど、状況分かってないよね?
いくら、TVのニュース見てるだけでは分からんとはいえ、情弱すぎないか?
スマホ持ってないの・・・?
他人事ながら、ユルユルすぎて、心配になる

[匿名さん]

#132020/02/18 00:48

>>6
逆も然りだな
てか、今はどもにうごけないよ

[匿名さん]

#142020/02/18 00:50

ふつは海外なんかで、隔離されたくないよ(笑)

[匿名さん]

#152020/02/18 01:19

卒業旅行海外に行くとアジア系というだけで
差別される
お店入れない
突然ボコられる

以上。

肝に命じとけ。

[匿名さん]

#162020/02/18 01:23最新レス

汚物は消毒だぁ〜

[匿名さん]

『タイ航空、韓国行きフライトを減便、日本行きも減便の可能性』 へのレス投稿
レス本文 必須 全角750文字まで:残り全角750文字
任意入力フォーム

お名前 全角8文字まで
なりすまし防止 全角8文字まで
E-mail
削除パス 半角英数4文字
画像ファイル選択
投稿前の注意
  • 掲示板あらし行為URLの記載は一回で書込み禁止措置と致します。

前のページ前のページ1次のページ次のページ

■ このスレッドを見ている人はこんなスレッドも見ています!

国際ニュースを見てる人にオススメ! ⇒ 事件・事故/ 政治家・議員/ 海外雑談総合/ アジア芸能/

このスレッドのURL



本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。