爆サイ.com 九州版

街で話題

ローカルルール
誹謗中傷による書き込みは利用規約違反になりますのでお止め下さい。
援助交際児童ポルノ薬物売買関連投稿は刑事罰の対象です。随時監視し、発見次第厳正な処置を取らせて頂きます。
サイト健全化のため、上記違法投稿を発見された方はお問い合わせフォームより通報下さい。
削除依頼は各スレッド内下部より受け付けております。


街で話題を見てる人にオススメ! ⇒ 街で話題VIP/ 街で話題2/ ネタ雑談/ 雑談全国/

NO.3284008
街の電磁波犯罪被害について。
今被害がひどくほとんど書く気力が無いですが、ここ2、3日毎晩電磁波攻撃による睡眠妨害をやられています。

ハイテク機器を操作してる爆サイ広宣部の洗脳されたキチガイゴミどもが大好きな筋肉をピクピクと痙攣させながら激しい不快感、肉体的苦痛を生じさせるものによって。

本当に苦しくて眠れません。

ちなみに、睡眠剤はアモバン10mg、レンドルミン0.25mg、デパス0.5mg、睡眠剤として飲んでいるセロクエル100mg各1錠と大量に服用していますが、全く効きません。

また、午後6時くらいになると意味不明なイライラを生じさせられ、頭をずっと締めつけられながらめまいと吐き気を生じさせられています。

かなり、心身ともに疲れきってるのですが、これは完全に被害者を自殺や病死に追い込むための無差別テロと確信しています。

本物の被害者の方であれば、私の考えを大袈裟等とは絶対思わないでしょう。
ちなみに、被害者の中には工作員が情報操作のために偽被害者として書いてるのもありますので一般人の方は注意して下さい!

こういう偽被害者は「主犯のミスリード」と「大したことやってない」「(電磁波犯罪の技術的な説明や主犯の推理を一切書かず被害報告をただ羅列することによって)統合失調症患者を装う」という隠蔽工作を主目的としています。

何度も言いますが、集団ストーカーと電磁波犯罪とはハイテクを駆使してばれないように被害者を周囲に精神病に罹患したと思わせながら殺そうとしてる無差別テロだと私ははっきり断言します!

もう本当に毎日激しく拷問にかけられてる現状に心身ともに疲れきって統合失調症を患いそうでなりません・・・・・

#3742021/01/15 20:53

>>371
結果は、低強度および高強度のELF EMFに曝露された動物は、膵臓の部分あたりの膵島数の減少を示し、
この影響は、より強いフィールドに曝露された動物で特に顕著であることを示しています。平均膵島直径は、
対照と比較して両方のグループで有意に高い値でした(それぞれp<0.01)。対照的に、ELF EMFへの曝露は、
膵島の総体積密度に有意な影響を及ぼしませんでした。ただし、ELF EMF曝露は、特に高強度のELF EMFでの
処理時に、ランゲルハンス島の結合組織および毛細血管の体積密度の増加を誘引しました。

[匿名さん]

#3752021/01/15 22:01

警察は見えない犯罪は無法地帯、

[匿名さん]

#3762021/01/15 22:31

>>374
強度の低いELF EMFは、D細胞とPP細胞の割合を減らしながら、アルファ細胞とベータ細胞の割合を増やし
ました。さらに、低強度のELF EMFフィールドは、アルファ細胞の体積密度を増加させ、DおよびPP細胞の体積
密度を減少させ、ベータ細胞の体積密度に影響を与えませんでした。より高い強度のELF EMFは、アルファ細胞
とD細胞の割合を減らし、ベータ細胞とPP細胞の割合を増やしました。より高い強度のELF EMFは、アルファ細胞
の体積密度の増加を誘発し、D細胞の体積密度を減少させ、ベータおよびPP細胞の体積密度に影響を与えません
でした。

[匿名さん]

#3772021/01/20 01:51

>>376
したがって、我々の結果によれば、アルファ細胞はELF EMF強度の変化に対して最大の感度を示しましたが、
他の全ての非ベータ細胞およびベータ細胞はELF EMFの強度に応じて応答特性を変更しません。
ただし、ELF EMF被ばく中の異なる内分泌膵島細胞タイプ間の膵島内相互作用を解明するには、さらなる調査が
必要です。

[匿名さん]

#3782021/01/20 17:34

0*0

[匿名さん]

#3792021/01/20 17:47

鉄塔の近くは白血病が多い

[匿名さん]

#3802021/01/20 17:49

WHO(世界保健機関)は、高圧線の電磁波で、小児白血病のリスクが上昇することを認めています。また、その他にも、成人のがん、うつ病、自殺、心臓血管系疾患、生殖機能障害、発育異常、免疫学的変異、神経行動への影響、神経変性疾患などとの関連についても各国で研究が行われています。



また電磁波による影響の出方は、人によって異なります。中には、弱い電磁波にさらされても、なんらかの不調を感じる人もいます。この症状は「電磁(波)過敏症」と呼ばれます。



WHOによると(※3)、電磁過敏症の一般的な症状には次のようなものがあります。



●皮膚症状(発疹、チクチク感、灼熱感)

●神経衰弱症

●自律神経系症状(倦怠感、疲労感、集中困難、めまい、吐き気、動悸、消化不良)

[匿名さん]

#3812021/01/24 05:51

松果体攻撃は大罪です!!

[匿名さん]

#3822021/01/24 06:27

それは特定勢力と関わったからですね
例えばここを見てしまったとか

[匿名さん]

#3832021/01/25 22:48

5Gで白血病が増えますよ。

[匿名さん]

#3842021/01/30 21:37

>>380
■ Synchronization of Human Autonomic Nervous System Rhythms with Geomagnetic Activity in Human
Subjects
ヒト被験者の自律神経系リズムと地磁気活動の同期性

International Journal of Environ Res Public Health. 2017 Jul 13;14(7). pii: E770. doi: 10.3390/
ijerph14070770.

要旨

 地磁気活動と人間の神経系の機能との結合は、心拍変動(HRV)の継続的な監視と、普通の日々の生活をする
10人のグループ内で31日間の時間変動する地磁気によって特定されました。時系列相関分析により、太陽、
宇宙線、周囲磁場のさまざまな動的変化に対するグループの自律神経系の応答が特定されました。
環境活動の3つの異なる期間中に、HRV変数と環境測定値の間で相関係数とp値(帰無仮説(通常は差がないと
いう仮説)が正しい時に、偶然によって観察されたデータ上に差が生じる確率であり、観察された差の統計学
的信頼性を示す指標、基準値)が計算されました。

[匿名さん]

#3852021/02/04 21:20

>>384
グループのHRVと太陽風の速度、Kp、Ap、太陽電波流束、宇宙線数、シューマン共鳴力、磁場の総変動の
間には、有意な相関がありました。さらに、時系列データは時間同期および正常化され、その後すべての
概日周期が取り除かれました。参加者のHRVリズムは、すべての参加者が別々の場所にいたとしても、約2.5日
間で31日間にわたって同期していることがわかりました。全体として、これは、毎日の自律神経系の活動が
太陽活動と地磁気活動の変化に応答するだけでなく、地磁気磁力線共鳴とシューマン共鳴に関連する時変磁場
と同期していることを示唆しています。

[匿名さん]

#3862021/02/04 23:28

僕の家も凄い電磁波ですよ、、精神病と心不全になってしまいましたね、耳鳴りもかなり酷いです。実際毎日熟睡は出来て無いですね、夢ばかりみる様な感じです。どこか違法行為を取り締まれる機関が有れば良いのですが、、

[匿名さん]

#3872021/02/05 07:45

文明のないところにいけば?山にでも住んだら?

[匿名さん]

#3882021/02/11 20:45

>>385
■ Thought transmission unit sends modulated electromagnetic wave beams to human receiver to
influence thoughts and actions without electronic receiver
変調された電磁波ビームをヒト受信機に送信し、電子受信機なしで思考や行動に影響を与える思考送信装置

ドイツ特許番号:DE10253433A1

概要

 本発明は、ラジオ、テレビ、またはモバイル機器といった、電磁放射を音響信号または光学信号などに変換
するための受信機側の電子機器を必要とせずに、電磁放射によって長距離にわたって情報を送信する装置および
方法に関連します。本発明によれば、束ねられ、変調された電磁放射は、意図された思考の伝達に一致する反応
を誘発するような方法で、受信機の生体内に送られます。本発明は、(a)地震後の障害物や埋もれた人々との通話
を支援するため、(b)セキュリティ担当者に通常のメッセージを送信するため、(c)重要な交渉と人前で話す人々
を支援するため、(d)災害警告を送信することにより緊急事態の重要な問題に関する人々の意識を高めるため、
(e)犯罪者のプロファイリングと思考解読の検出方法の結合内で、(f)脳代謝の特定の病理学的障害の治療と予防
および特定の非病理学的制限、ストレスの多い状況、脳代謝の老化プロセスに影響を与えるため、といった事に
使用できます。

[匿名さん]

#3892021/02/11 20:53

>>388
説明

 ・発明の背景
 ・発明の応用分野

本発明は、長距離テレパシー(言語・表情・身振りなどによらずに、その人の心の内容が直接他の人に伝達され
ること)および長距離思考解読(あるいは心理読み取り)に関連する。用途は、例えば、通常の伝達手段の拡張、
態様(または外見、見た目、佇まい、振る舞い)のより重要な人格と重要な交渉の支援、緊急事態における重要な
災害警告の送信、重大な危険の積極的な回避、犯罪の調査、脳研究の支援などです。それらの制限は、たとえば
携帯電話、ラジオ、テレビなどの従来の情報転送方法がより慣習的になります。

[匿名さん]

#3902021/02/16 04:07

少し断薬でも勝手にして減らしたん?飲み忘れしてない?
勝手に出された薬を続けてたのに、自己判断で断薬した時と同じ症状ですね

[匿名さん]

#3912021/02/23 23:35

■ Thought transmission unit sends modulated electromagnetic wave beams to human receiver to
influence thoughts and actions without electronic receiver
変調された電磁波ビームをヒト受信機に送信し、電子受信機なしで思考や行動に影響を与える思考送信装置

ドイツ特許番号:DE10253433A1

>>389
ラジオやテレビなどの現代のメディアでは、電磁放射を知覚可能な音響信号または光信号に変換する電子装置
が必要であり、一般に個々の人に個別に情報を提供することはできません。また、たとえば、(a)特定のレーダー
刺激の可聴性の効果(第二次世界大戦中の観測)、(b)頭部に照射されたときの変調されたマイクロ波エネルギー
の直接的な音響知覚(「可聴性」)(1; Frey, 1961; Frey, 1962; Frey & Messener, 1973; Lin, 1978; Frey &
Corin, 1979; Brunkan, 1989; Lin, 1989; Stocklin, 1989; Frey, 1993)、(c)音響または電気刺激による感情
制御 (Meland, 1980; Gall, 1994)、および(d)限界刺激下影響のための音響信号の使用(Lowery, 1992)が知られ
ています。パルスマイクロ波の影響下での音響知覚は、これまでに選択されたほとんどの実験条件下で、内耳中
の熱弾性圧力波の生成に基づいています(Lin,1989)。

[匿名さん]

#3922021/02/28 23:21

>>391
人体双極子は、1.80mの体長であり80MHzの共鳴周波数を持ちます。人間の頭の個々にわずかに異なる電磁共鳴
周波数は、成人で約400MHzであり、幼い子供では約700MHz(Lin,1989)です。表皮効果は、生体内の周波数依存性
の電磁放射の浸透深度です。頭部が照射されると、脳の外側1~2cmで主に2.5GHzの周波数で吸収が発生しますが、
脳の内側では900MHzで吸収が起こります(Lin,1989)。電磁気は、より長い距離にわたって、あるいは非金属壁を
通して、人々を機能不全にさせたり、動きを止めたりできる(ミリ波望遠鏡またはマイクロ波検出器を使用して
観測した時)武器としても知られています。限界刺激は、従来の音響手順による刺激でも知られています。
たとえば、1.7~3.5Hzで変調されたリズムは、睡眠の必要性を促します。意識の異常な状態は、3.5~7Hzおよび
28~56Hzの範囲のリズムとなります。人間の脳の正常なリズムは7~14Hz、興奮または恐怖の状態は14~28Hzです
(Gall,1994)。

[匿名さん]

#3932021/03/01 02:12

地球の癌
共産党支那人朝鮮人カルトが居るのにヤラれていて当然

[匿名さん]

#3942021/03/06 22:43

>>392
思考の伝達と心理解読の考えは、通常、非現実的な空想と見なされ (例:Chapman,1998参照) 、別記された
システムだけでは思考の伝送を長距離化することはできず、たとえば数キロメートルの距離で効果的な心理の
解読さえできません。サイズについての技術的な支援の考え無しに離れた距離を送信できると主張する人々は、
これまで有効性の証拠を提供できませんでした。数多くの空想映画が、この夢にとってこれまでのところ、効率
の良い実行可能な解決策ではないことを、広範囲に及ぶ思考の伝達や心理解読の逸話によって証明しています。

[匿名さん]

#3952021/03/10 03:05

>>394
・発明の詳細な説明

 本発明は、その目的のため、従来使用された電子的手段からの制限なしに結合されることを可能にする、特定の
望ましいニュース放送を有します。解決された長距離思考伝送の使用を通じた作業によると、思考伝達は無線
リレーに依存しています。ただし、従来の指向的ラジオとは対照的に、電磁気ビーム(思考ビーム)は、たとえば
頭部、大脳皮質、内耳、聴覚神経または視神経といった生体の受信機に直接的に結合されます。電磁気ビームに
導入された特別な信号によって(たとえば、振幅変調の手段によって)、受信機中(生体内)のこの結合が意図され
た思考の変化を引き起こします。一般に、受信者の思考の変化は統計的にのみ有効であり、つまり、特定の思考が
意図的に増加または減少する確率になります。ただし、個々の状況で変更を決定することもできます。
思考の伝送は、ミリ波カメラとマイクロ波ベースの音声伝送を使用した観察との組み合わせに適した用途もあり、
変調されたマイクロ波エネルギーの可聴性は、操作とは無関係に使用することもできます。

[匿名さん]

#3962021/03/16 23:59

>>395
例えば、思考伝送装置の簡単な改作版では、装置の操作者(観測者)がマイク内に送信される、考えていること
を話し、マイクの電気信号は、一連のパルスに変換される電子機器によって制御され(例、 持続時間が100マイク
ロ秒から200マイクロ秒の距離の矩形パルス;パルス手順はコンピューターに保存され、必要に応じてそこから
呼び出されます)、パルスの手順がマイクロ波ビームを変調し、受信者に送信され、受信者は放送を意識的に認識
できないほど低い強度ですが、それは潜在的にのみ作用します。パルス列の代わりに、隣接した信号(例えば、
倍数2乗の手段によって)となること、または元の信号を使用することもできます。

[匿名さん]

#3972021/03/17 05:46

>>396
たとえば、思考送信装置のより複雑な改良版では、装置の操作者(観測者)は、テーブルまたはニューラル
ネットワークを使用してコンピューターに送信される思考を送信し、この信号は受信機に送信されるマイクロ波
ビームを変調する信号によって変換されます。この信号のシーケンスは、マイクロ波誘導の意識的に知覚可能な
音響信号(クリック、リズム、スピーチ、音楽など)およびマイクロ波誘導の無意識の音響信号(クリック、
リズム、言語、音楽など)および電気的に効果的なリズムを含むマイクロ波誘導低周波です。送信される思考と
信号のシーケンス間の変換テーブルの計算は、たとえば、刺激と反応の間の相関の組み合わせを使用します。
送信される思考と信号シーケンス間の変換のためのニューラルネットワークの実習は、例えば一連の刺激周波数の
組み合わせに対する反応を観察します。

[匿名さん]

#3982021/03/17 17:35

ケムトレも

[匿名さん]

#3992021/03/17 18:31

くるくるぱー

[匿名さん]

#4002021/03/30 20:43

>>397
思考伝達の効果をより高めるために、電磁ビームの搬送周波数として、または搬送周波数上で特定の身体部位
(頭、内耳の一部、視神経など)の共鳴周波数に変調できます。たとえば、搬送周波数が適切であり、場合に
よっては搬送周波数は、身体または頭または臓器の部位(内耳、神経など)に対処するために、80MHzまたは400-
700 MHzまたは1-100GHz付近の中間周波数に変調されます。

[匿名さん]

#4012021/03/30 22:45

>>400
変調信号は、1Hz~1GHzの周波数範囲に特に適しています。たとえば、16Hz~20kHzの範囲内の音声信号の周波数
(意識的に知覚可能または潜在的に効果的)でありながら、MHz範囲内のはるか上のパルス列に変換する時などです。
たとえば、特に低周波は、意識の状態に影響を与えたり、感情に影響を与えるのに適しています。たとえば、従来
の音響刺激と同様に、睡眠の必要性または変更された意識状態を促すために、1.7-3.5Hzまたは3.5-7Hzおよび28-56
Hzでリズムを変調します。

[匿名さん]

#4022021/04/06 23:43

>>401
電磁ビームを変調するためのさまざまなオプションがあり、個別または組み合わせて使用でき、たとえば、
(a)会話の音声またはその他の信号は、電磁ビーム上で変調されたパルス列に変換され、または(b)会話の音声や
その他の信号は、電磁ビーム上で直接的に変調されます。送信は、知覚可能または知覚不可能であり、たとえば、
強度、変調の形式、生体内への照射の位置、および周波数に依存します。

[匿名さん]

#4032021/04/13 22:09

>>402
MASER(メーザー:誘導放出によるマイクロ波増幅)およびLASER(レーザー:誘導放出による光増幅)は、
電磁波ビーム(思考ビーム)の生成に特に適していますが、波長は必ずしも古典的なマイクロ波範囲(300MHz-
300GHz)である必要はありません。本発明によれば、古典的なマイクロ波範囲の外側にある電磁放射線の誘導放出を
伴う放射源も含まれます。特に、「発明の詳細な説明」、例を含む例示的な実施形態および図解のすべての点で、
MASERは、例えばMASERおよびLASER(例えば、自由電子レーザー)といった誘導放出を伴う放射線源と同義です。
マグネトロン、ジャイロトロン、クライストロン、半導体ダイオード、フェーズドアレイも放射源と見なせます。

[匿名さん]

#4042021/04/13 22:10

オッサン精神病な爆サイ運営じゃん!

[匿名さん]

#4052021/04/13 23:51




身近な電磁波被害で分かり易いのが、電気を動力としているハイブリッド車。笑


電子レンジや高圧線を背負っているようなモン。笑


20~30年後には、癌患者の車歴が問題視されるだろうな。笑

[匿名さん]

#4062021/04/17 23:34

■ Thought transmission unit sends modulated electromagnetic wave beams to human receiver to
influence thoughts and actions without electronic receiver
変調された電磁波ビームをヒト受信機に送信し、電子受信機なしで思考や行動に影響を与える思考送信装置

ドイツ特許番号:DE10253433A1

>>403
伝送損失のサイズに応じた、人間の脳の出力の範囲内(約40W)で、宛てられた人間あたりの送信出力またはわずか
に高い出力が、例えば、内耳への曝露または感覚器官の神経末端さえも、適用後に著しく低くなります。
たとえば、建物の壁を通る数キロメートルの距離の伝送では、伝送損失の補償を減らすために、宛てられた人物ごと
に1000Wを超える伝送出力が必要になる場合があります。回避するために、ビーム経路内の武器に影響を与える特別
な対策が必要になります(高エネルギー放射は麻痺させることができ、45°Cを超える脳の短時間の温度上昇は
致命的となります)。一方、大幅な伝送損失がない場合、限界刺激テレパシーについて平均1Wを大幅に下回る出力
で十分です。組織内でのマイクロ波の過度の吸収は損傷を引き起こすため(特に急速に分裂する細胞と神経細胞で)、
多くの適用用途内で低い全体的な放射エネルギーが推奨されます。

[匿名さん]

#4072021/04/22 03:22

思考伝送は、例えば、思考伝達装置から人への全自動または半自動、または人から人への中間思考伝達装置に
なり得ます。

・第一の実施形態

 車両に搭載された思考伝送装置は、集束されたマイクロ波ビームを生成し、適切な方法でそれを変調し、受信機
(標的)に送信します。電磁ビームを生成するためのMASERによる思考伝送装置、観測者による音声信号の入力の
ためのマイク(ヘッドセット:送受話器)、電流変動を緩衝するための充電式エネルギー供給源、観測のための
検出器、ビーム追跡の支援の総重量は、例えば100kgです。空気、壁、大地を十分に透過する電磁ビームを適切に
束ねるために、MASER搬送周波数は、たとえば1~1000GHzの範囲です。思考を伝送するための電磁ビームの搬送
周波数は、例えば、検出器が受信機の観察にとって感受性がある周波数になり得ます。受信機の思考伝送と観察は、
たとえば、空気を通じ、またはコンクリート、石、プラスチック、または木材でできた壁を通して長距離にわたっ
て行われます。

[匿名さん]

#4082021/04/22 08:16

やってる奴只の引きこもりのゴミだよ
低周波何処に当てられてんの?

[匿名さん]

#4092021/04/27 23:06

>>407
思考の伝送は、例えば、観測者が受信者の頭部(標的)にMASERのビームを向け、マイクに向かって話すことに
よって行われ、マイクの電気信号はMASERの搬送周波数の思考伝送装置の電子機器を適切な方法で使用し、ここで
MASER放射は例として受信機の限界刺激信号として機能する受信機の頭部内で電圧を誘導します。あるいは、例えば
、刺激と反応との間の相関の組み合わせを使用し、以前から技術的に確かな電子翻訳装置を使い、搬送周波数に
対するマイク信号の変調を行えます。あるいは、送信される思考シーケンスは、送信される信号を計算するコンピュ
ーターに入力できます。たとえば、思考と刺激の間の多数の弱い相関関係を使用して、送信される思考を電磁ビーム
に変調されるシーケンスに変換するプログラムの開発に使用できる可能性があります。

[匿名さん]

#4102021/05/05 02:03

>>409
コンピュータープログラムは、例えば、刺激と反応のペアの大きな組み合わせによって前もって育成され、刺激
の組み合わせ上での育成後の意図された思考を投影する、神経的なネットワークなどになり得ます。
変調されたシーケンスは、可聴周波数範囲にある必要はありません。たとえば、1~20Hzの範囲内の低周波信号を
MASERの搬送周波数上で変調することもできますが、これは受信機(受信者)に影響を与えます。20kHzを超える範囲
の信号も使用できます。多くの適用用途-特に受信者の独立した動作にあまり干渉したくない場合-あなたは
受信者の確実性の高い、目立たず無意識の変化に満足するでしょう。

[匿名さん]

#4112021/05/05 03:09

朝鮮人テレビマスゴミ五毛党捏造ビームよりマシ

[匿名さん]

#4122021/05/10 04:10

>>410
・第二の実施形態

 携帯用の思考伝送装置は、MASER、観測者が音声信号を入力するためのマイク(ヘッドセット:送受話器)、
充電式エネルギー供給源(バッテリー)、観測用の検出器(ミリ波カメラなど)を含みます。思考伝送装置は、
電力供給ネットワーク、車両の電力供給システム、または例えば200Wの出力を持つ発電機(発電機)に接続できま
す。思考伝送装置は、表示装置と操作によって受信機(標的)に追跡されます。異なるスイッチと電子機器により、
保存された信号の送信、自動強度調整、観測者の音声信号を送信するための変調の種類といった、異なるモードの
設定が可能になります。思考伝送装置は、接続素子(コネクタ)によって三脚または車両上に移動可能なように取り
付けできます。

[匿名さん]

#4132021/05/12 22:33

>>412
思考の伝送は、たとえば、前もって決定されたシーケンスを送信することによって行われます。電磁気兵器に
よる麻痺弾とは対照的に、比較的低い強度が使用されます。意識的知覚より下の強度では、例えば音響信号が変調
された電磁放射は、無意識のうちに限界刺激的な、明らかに音響信号として作用し、受信者の思考に影響を与えま
す。電磁ビームは、より高い強度では直接感じられます。可聴および限界刺激的な会話、音楽、リズムに加えて、
低周波リズム(例えば16Hz以下)および20kHzを超える範囲の信号も電磁ビーム上で変調できます。

[匿名さん]

#4142021/05/17 05:26

>>413
・第三の実施形態

 車両上、送信塔、家または飛行物体内で、強力な電磁放射源と送信される思考に応じて照射を変調するための
装置を備えた、組み立てられた(あるいは移動が安定化された)思考伝送装置、たとえば、送信される思考の
電磁刺激のシーケンスを計算するコンピューター(例:限界刺激または意識的に認識できる言語、音楽、リズム、
および同時にまたは連続して送信される音声シーケンス)。

[匿名さん]

#4152021/05/21 05:57

>>410
デタラメ書いてんな🌀😱

[匿名さん]

#4162021/05/23 23:53

■ Thought transmission unit sends modulated electromagnetic wave beams to human receiver to
influence thoughts and actions without electronic receiver
変調された電磁波ビームをヒト受信機に送信し、電子受信機なしで思考や行動に影響を与える思考送信装置

ドイツ特許番号:DE10253433A1

>>414
地球付近の衛星を使用して思考を送信する場合、MASERの開口角は特に小さくなります。たとえば、思考は、
思考および刺激の組み合わせの間のたくさんの弱い相関関係を利用して生成されます。長期間にわたって使用する
と多数の相関を測定でき、刺激と思考の間の比較的弱い相関を使用することで、特定の思考の確率の大幅な変化を
もたらせます。

[匿名さん]

#4172021/05/27 22:49

>>416
高度に集中した指向性無線に適した、低周波思考信号の送信に適切な高い搬送周波数を使用するために、送信
される信号は、例えば振幅変調の手法によって指向性無線ビームの搬送周波数上で変調されます。変調信号が
音響信号である場合(たとえば、可聴周波数を持つ振幅変調が存在する場合)、この変調電磁放射は、特定の強度
を超える見かけ上の音響信号として直接聞こえます。聴覚神経および視神経などの個々の神経束への照射は、
思考の伝送に必要な電磁放射線の強度(信号対雑音比)を減らすために使用できます。これは、それらの共鳴周波数
の使用によるだけでなく、それらの臓器の部分が好ましくビームに当たるような高い精度で照射することによって
も行うことができます。

[匿名さん]

#4182021/06/01 17:32

人殺し水野

[匿名さん]

#4192021/06/03 00:40

ほくと企画

[匿名さん]

#4202021/06/08 22:37

>>417
・第四の実施形態

 災害発生時の受信者への思考の伝達。
重要な例外的な状況では、思考の伝達が損害を制限し、救助措置を迅速かつ容易くに制御するのに役立てられま
す。マイクロ波補助された会話の伝送および受信者における感情的な影響は、思考伝送の副次構成要素となります。
刺激は、たとえば、言語、音楽、リズム、および音のシーケンスです。刺激は、限界刺激的(すなわち無意識的に
知覚される)または意識的に知覚可能です。複数の刺激を同時にまたは連続して送信して、特定の応答の引き金に
できます。たとえば、意識的に知覚可能な単語のパーツのプログラムは、限界刺激的なリズムのプログラムと組み
合わされます。思考の伝達は、たとえば、損害を制限する行動のための動機付けなど、受信者の思考の世界に
意図的な変化をもたらします。

[匿名さん]

#4212021/06/13 01:25

>>420
・第五の実施形態

 人間から人間への思考伝達:送信される信号は、変調された電磁ビーム上で直接的または処理された形式で
(たとえば、周波数分析と卓越周波数の選択を使用して)人の頭から直接盗聴されます。このようにして、例えば
電圧または緩和状態は、脳活動の様々な周波数によって異なります。送信者または受信者は、たとえば一進一退
昏睡(原文 wax coma)または盲ろう者であり得ます。

[匿名さん]

#4222021/06/15 22:16

>>421
・第六の実施形態

 法律上且つ道徳上許容される制限内の、有罪判決を受けた犯罪者のプロファイリングと心理解読。
簡単な手順では、キーワードが重要な意味を持つためだけに送られることで、人を潜在的に驚かせ、同時に観察
することで、反応の疑いが高まったり和らいだりします。キーワードの発送は準備段階前(認識段階)に行われ、
例えば、重要な事象における限界刺激的信号を介した人の思考を判断します。ただしコンピューターを利用した
思考の伝達により、はるかに進歩した方法が可能になります:例えば、送信強度の変化および信号と相関する
受信機の反応により、より長期間に亘って特定の潜在的に重要な情報を特定できます。

[匿名さん]

#4232021/06/18 22:44最新レス

>>422
・第七の実施形態

 目立たない危険から身を守るために有罪判決を受けた犯罪者は、これまで合法的かつ道徳的に許容される操作
または調査を行います(図12)。物体に突入するときの(壁を通して目立たず)振幅変調された強力なマイクロ波
ビームを使用した全ての犯罪者の一時的な活動停止には、特定の障害の危険性があり、物体を電磁遮蔽すること
は困難です。思考の伝達により、これらのリスクを軽減できます。生命が脅かされる状況では、犯罪者が関与し
ていない人々の考えを操作することで、遮蔽された物体への適用の簡略化を拡張することは受け入れられるかも
しれません(例えば、シールドの穴からの放射は内部全体に拡散します)。例えば、とつのテレパシーの照射
出力は、犯罪者の一時的な麻痺に必要な放射出力の1/1000未満であり、重要な原価要素となるはずです。

[匿名さん]


『街の電磁波犯罪被害について。』 へのレス投稿
レス本文 必須 750文字まで:残り750文字
任意入力フォーム

お名前 任意 16文字まで
なりすまし防止 任意 8文字まで
E-mail 任意
削除パス 任意 半角英数4文字
投稿前の注意
  • 掲示板あらし行為URLの記載は 一回で書込み禁止措置と致します。


前のページ前のページ123456789次のページ次のページ


街で話題を見てる人にオススメ! ⇒ 街で話題VIP/ 街で話題2/ ネタ雑談/ 雑談全国/

このスレッドのURL