爆サイ.com 九州版

政治・経済ニュース

ローカルルール
スレッドタイトルはタイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。
政治・経済ニュースでは政治・政党、政治家・議員、経済に関するニュースのみ作成し、それ以外のニュースは適した掲示板に作成して下さい。
当該ニュースと関係のない画像はアップロードしないで下さい。
※上記に違反した内容は削除致します。内容によっては投稿規制をさせて頂く場合が御座います。
援助交際児童ポルノ薬物売買関連投稿は刑事罰の対象です。随時監視し、発見次第厳正な処置を取らせて頂きます。
サイト健全化のため、上記違法投稿を発見された方はこちらより通報下さい。
削除依頼は各スレッド内下部より受け付けております。


政治・経済ニュースを見てる人にオススメ! ⇒ 政治・政党/ 政治家・議員/ 経済/ 株式・FX/

NO.8743873
アノ名物市長、鬼滅の刃の富岡義勇のコスプレをしてしまい炎上する事態に

image:秒刊SUNDAY

8月1日に開催された「世界コスプレサミット」。新型コロナウィルスの影響により、今年は「世界コスプレサミット2020 ONLINE」と題して東京と名古屋のスタジオからオンラインで様々な企画が配信されました。「世界コスプレサミット」のオープニングで、名物市長として全国でも名が知られている河村たかし名古屋市長が鬼滅の刃に登場する富岡義勇のコスプレをしてしまい、市民がざわつく騒ぎとなったのです。

河村たかし名古屋市長

何かとお騒がせな市長として、全国でもわりと名前が知られている河村たかし市長。方言を話す事から親近感もあり、歯に衣着せない物言いで名古屋を引っ張っていくリーダーシップもみせています。

そんな河村たかし名古屋市長が世界コスプレサミットのオープニングセレモニーで、鬼滅の刃の富岡義勇のコスプレをして登場したところ、ネット上がざわつく事態となりました。それでは、河村たかし市長の富岡義勇をご覧頂きたいと思います!

河村たかし市長の富岡義勇がヤバい!

名古屋城の金のシャチホコが描かれたフェイスシールドをつけた、富岡義勇の登場です。

この姿を見た人達からは「あら楽しそう」「ノリノリでコスプレ」「去年はワンピースだったね」とコメントが寄せられた一方、「市長のコスプレに何の需要があるのか疑問。」「このコロナ禍でもコスプレ優先か」「冨岡義勇のコスプレしてるヒマがあればコロナ対策やれ」と、賛否両論入り乱れる事態となりました。

当サイトの鬼滅の刃まとめ記事はこちら

source:世界コスプレサミット2020 ONLINE



【日時】2020年08月11日 8:20
【提供】秒刊SUNDAY


#12020/08/11 10:42

滑稽だね(笑)

[匿名さん]

#22020/08/11 10:43

暇な市長だな

[匿名さん]

#32020/08/11 10:50

空砲猛太郎

[匿名さん]

#42020/08/11 10:51

馬鹿だね
間抜けだね
仕事しろよ

[匿名さん]

#52020/08/11 11:06

かぞくにとうさつされておどされています。
すきなことができません。およめにもいけません。

帝国軍人さま、どうかお助けを…

[匿名さん]

#62020/08/11 11:54

余計な事する大村よりマシ。

[匿名さん]

#72020/08/11 12:04

>>6
確かにな
可愛いもんだ

[匿名さん]

#82020/08/11 12:09

>>4
まあまあ・・・
たまには息抜きさせて
大村ならキモいやろ

[匿名さん]

#92020/08/11 12:12

鬼に食われろ

[匿名さん]

#102020/08/11 12:31

カスの呼吸

[匿名さん]

#112020/08/11 12:34

ヒッヒッフー…
忍耐の呼吸

[匿名さん]

#122020/08/11 13:19

芸能人なら会いたいけど!

[匿名さん]

#132020/08/11 13:21

なんで義勇にしたんだろ。

[匿名さん]

#142020/08/11 13:23

>>0
後ろのコスプレイヤーの表情がなんとも…

[匿名さん]

#152020/08/11 13:45

さっさと辞めろ

[匿名さん]

#162020/08/11 14:02

ええやん別に。弾けても。

[匿名さん]

#172020/08/13 11:32最新レス

そんなんだから嫌われるんですよ〜

[匿名さん]

スレが立ってから30日を過ぎるとレス投稿が出来なくなります。

前のページ前のページ1次のページ次のページ

政治・経済ニュースを見てる人にオススメ! ⇒ 政治・政党/ 政治家・議員/ 経済/ 株式・FX/

このスレッドのURL



本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。