爆サイ.com 九州版

ニュース総合

ローカルルール
スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。
ニュース総合ではその他のニュース掲示板のいずれにも該当しないニュースのみ作成して下さい。
※その他のニュース掲示板 ⇒ 事件・事故/ 芸能ニュース/ スポーツニュース/ 政治・経済ニュース/ 国際ニュース
当該ニュースと関係のない画像はアップロードしないで下さい。
上記に違反した内容は削除致します。内容によっては投稿規制をさせて頂く場合が御座います。
援助交際児童ポルノ薬物売買関連投稿は刑事罰の対象です。随時監視し、発見次第厳正な処置を取らせて頂きます。
サイト健全化のため、上記違法投稿を発見された方はお問い合わせフォームより通報下さい。
削除依頼は各スレッド内下部より受け付けております。


ニュース総合を見てる人にオススメ! ⇒ 事件・事故/ 芸能ニュース/ スポーツニュース/ 政治・経済ニュース/

NO.9483487
Twitterで「それ間違ってますよ」の指摘は逆効果!? ある研究結果で衝撃の新事実が判明

これまでフェイクニュースの影響を最小減にするには、ファクトチェックにより情報の正確性を吟味する作業が欠かせないと言われてきた。しかし、今回の実験では今までの研究結果とは真逆の新たな事実が判明した。ツイッターでフェイクニュースを拡散している人に対して、正確な記事へのリンクを返信すると「フェイクニュースを訂正された人はかえってリツイートの質が低下し、偏りや有害性が強まってしまう」という結果となった。

訂正を受けた被験者は暴言が増加し、言葉づかいも荒くなるという

 英国エクセター大学のMohsen Mosleh氏らの研究チームは、フェイクニュースの訂正がその後の行動に与える影響を研究するため、虚偽だということが判明しているフェイクニュース11件を拡散しているツイッターユーザー2,978人を特定。そのうち、本当にそのフェイクニュースを信じていると思われるツイッターユーザー約2,000人を今回の実験の被験者とした。
 そして研究チームは、フェイクニュースを訂正するためのアカウントをツイッター上に複数作成し、被験者がフェイクニュースを拡散するリツイートを投稿するたびに、そのアカウントからSnopes.com(米国のファクトチェックサイト)のリンクを含むリプライを送るという実験を行った。
 実験後、プロのファクトチェッカーが作成した「ニュースソースの品質スコア」を使用して、ファクトチェックによる訂正を受けた後の被験者の「リツイートの質」と「偏り」を調査したところ、いずれも有意に悪化していたという。また、Google Jigsaw Perspective API(投稿に対して「暴言度」を評価することができるAPI)を用いて被験者の「言葉の有害性」を分析した結果、訂正を受けた被験者は暴言が増加したり言葉づかいが荒くなったりしていたことが確認された。

情報の取捨選択・事実確認がフェイクニュースの拡散を防ぐ

 これまで、同様の研究結果では「フェイクニュース対策には、記事の見出しが正確かどうかを考えさせることが有効」とされてきたが、今回発表された実験ではまったく逆の結果となった。
 しかし、今回の実験の被験者が“逆上”する気持ちを理解できなくもない。というのも、まったく関係のない人物から、突然真っ当に間違いを指摘されたらムッとしてしまうのも分かるからである。なおさら、SNSで全世界に向けて公開された状態で自分の信じている意見を完全否定されるのだから、被験者たちの感情はさぞかし逆撫でされたことだろう。しかしだからといって事実無根の情報を拡散していいわけではなく、今回対象となったフェイクニュースの拡散者には冷静に行動していただきたいばかりだ。

 人間には、自分の考え方に沿った情報は簡単に受け入れて、反対の情報は排除する傾向があるそうだ。SNS内で何回も同じニュースに触れるうちに、同じ意見だけが共鳴し合って拡散され、反対意見は排除されていく。たとえ疑問を抱いたとしても、知人がリツイートしているなら真実だろう、などと都合よく捉えるようにもなる。そこでいま一度、ネット上は間違った情報が拡散しやすい環境であることを認識した上で、簡単に噂話を信じたり事実確認もせず人に伝えたりしないよう、一人ひとりが気を付けたいものである。

参考元:Twitterでフェイクニュースを指摘された人は「かえって意見が偏っていく」との研究結果【GIGAZINE】

※サムネイル画像(Image:Postmodern Studio / Shutterstock.com)

【日時】2021年05月16日 12:00
【提供】オトナライフ
【関連掲示板】

#12021/05/16 12:11

はぁ?

[匿名さん]

#22021/05/16 12:14

Twitterは見る専門(^^)

[匿名さん]

#32021/05/16 12:14

たいそうな研究所で研究しなくとも
そんなの爆サイでは常識なんだがwww

[匿名さん]

#42021/05/16 12:15

twitterって、なんかダサいよね

[匿名さん]

#52021/05/16 12:16

要するに逆ギレのこと?

[匿名さん]

#62021/05/16 12:19

自分が正しいと思い込んでることを
見ず知らずの他人から間違ってると言われ
それを素直に訂正したり謝罪する人間は
殆どいないよね

間違ってることは自覚しながらも意図して吹聴してる場合には、意外にもアッサリと訂正し謝罪するよね。

[匿名さん]

#72021/05/16 12:24

トランプ大統領のQ計画とか?

[匿名さん]

#82021/05/16 12:29

好きなこと書けばいい
いちいち付き合っていられない
ため口、上から、敬語何でも良いだろ
ごめんね、ありがとう、うるせぇ
こんなんで怒ってる方が小さくて気持ち悪い

[匿名さん]

#92021/05/16 12:46

ゼウス計画

[匿名さん]

#102021/05/16 12:54

>>3
それ間違ってますよ

[匿名さん]

#112021/05/16 13:02

SNSだからだよ

それが 対面同士なら、また違った結果になるよ

[匿名さん]

#122021/05/16 13:03

スタッフ細胞

[匿名さん]

#132021/05/16 13:03

>>4
見てると明らかに依存してるバカ多いよな
四六時中いいねとRTして1日何時間やってんだろな
まあ爆サイ常駐してる基地害と同じだよ(笑)

[匿名さん]

#142021/05/16 13:18

そもそもツイッターの拡散で動いてしまう世の中の方がおかしくね?

[匿名さん]

#152021/05/16 13:26

>>14
マスゴミのデマ拡散で動いてしまう世の中よりマシ

[匿名さん]

#162021/05/16 13:26

>>13
気づくと1日終わってるわ。依存症だ。

[匿名さん]

#172021/05/16 14:08

>>14
アラブの春という効果もある。

[匿名さん]

#182021/05/16 14:14

>>13
爆砕、ユーチューブ、Twitterでほぼ時間過ごしているわ
金ないときは特にそう
Twitterはほとんど女性にいいねとリプしてるくらい
金かからないし暇つぶしになるよ

[匿名さん]

#192021/05/16 14:18

>>13
大丈夫、俺の場合は見るついでにチン毛とか抜いて時間効率化させてるから

[匿名さん]

#202021/05/16 14:48

>>19
つまらんよキミ

[匿名さん]

#212021/05/16 14:53

>>17
効果?結局今はどうなってる?
それを知ってから言おうな。

[匿名さん]

#222021/05/16 14:54

>>18
で、女性だとどこでわかるの?
おっさんかもしれんぞ。

[匿名さん]

#232021/05/17 03:28

>>18
素晴らしい!
屑人間の見本だね(笑)

[匿名さん]

#242021/05/17 19:25

フェイクNEWSのはなしか

[匿名さん]

#252021/05/17 19:29

Twitterって呟きけすのも嫌がられるんだろ意味わからんわ

[匿名さん]

#262021/05/17 19:30

自由不自由

[匿名さん]

#272021/05/17 19:30

ツブヤイター

[匿名さん]

#282021/05/17 21:40

バカ発見機って言われてなかった?

[匿名さん]

#292021/05/17 21:42

インチキ医者がデマを垂れ流してるからな
ちなみにテレビも同じようなもの

[匿名さん]

#302021/05/18 13:13

3.0

[匿名さん]

#312021/05/18 13:16

それ間違ってますよ

[匿名さん]

#322021/05/18 14:15

知ってた
パヨクをよく見てるからね

[匿名さん]

#332021/05/18 14:23

>>32
良い被検体を知っていますね

[匿名さん]

#342021/05/19 15:49最新レス

ワーォ

[匿名さん]

スレが立ってから30日を過ぎるとレス投稿が出来なくなります。

前のページ前のページ1次のページ次のページ

関連度の高いタグ ⇒ フェイクニュース




ニュース総合を見てる人にオススメ! ⇒ 事件・事故/ 芸能ニュース/ スポーツニュース/ 政治・経済ニュース/

このスレッドのURL



本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。