爆サイ.com 沖縄版

沖縄風俗・お店

ローカルルール
スレッドタイトルは、必ず店舗名を記載し、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。
スレッドは立てる前に、重複していないか確認してから立てて下さい。重複スレッドは削除対象となります。
重複スレッドを発見した場合は、スレッド下部にある「重複スレの報告」フォームよりご連絡下さい。
店舗についての話題は各1スレにまとめて下さい。
個人についての話題は沖縄風俗・個人に書き込みして下さい。
店舗、個人以外の話題は沖縄風俗・総合に書き込みして下さい。
誹謗中傷による書き込みは利用規約違反になりますのでお止め下さい。
求人または求職に関する書き込みは禁止となります。求人掲示板に書き込みして下さい。
※求人に関する書き込みを発見しましたら、削除依頼より通報して下さい。一回の書き込みでアクセス禁止措置と致します。
援助交際児童ポルノ薬物売買関連投稿は刑事罰の対象です。随時監視し、発見次第厳正な処置を取らせて頂きます。
サイト健全化のため、上記違法投稿を発見された方はこちらより通報下さい。
削除依頼は各スレッド内下部より受け付けております。


沖縄風俗・お店を見てる人にオススメ! ⇒ 沖縄風俗・個人/ 沖縄風俗・総合/ 沖縄風俗求人/ 風俗全国/

NO.6476319
Angel Lip エンジェルリップ28
辻ヘルスの老舗エンジェルリップ
最近は荒らしが悪意のもとにスレ立てしていた様なので
普通にスレ立てしておきますね

荒らし中傷は書き込み禁止です。

過去ログ
Angel Lip エンジェルリップ27
https://bakusai.com/thr_res/acode=11/ctgid=103/bid=444/tid=5437467/

#9512018/09/03 19:05

>>946 喧嘩なら買っちゃーぜ貴様

[匿名さん]

#9522018/09/03 19:08

まあせいぜいネットでほざいとけやクズども 
お疲れ

[匿名さん]

#9532018/09/03 19:26

で?

[匿名さん]

#9542018/09/03 19:43

俺はストーカーに悩まされている。

いつもは人の多い時に帰るんだけど、
毎週金曜日、部活で帰りが遅くなると、
学校を出てから誰かにつけられてるんだ。

ヒールみたいな音が聞こえるから多分女だと思う。
俺が歩いていると後ろから、
カツカツという音が聞こえてくる訳よ。

俺が止まると音も止まる。
俺が走ると音も早くなる。

そういうのマジで怖いじゃん?
だから今日も金曜日なんだけど、
護身用にさ、カッター忍ばせておこうと思ってるんだ。

そして、部活が終わった後、静かな夜道を歩いていた時…

カツ…カツ…
今日も来た。

俺はカッターを振り回して無我夢中で逃げ去った。

ストーカーを何とか振りきり、無事家に着いた。

「ただいまー」
返事はなかった。

[匿名さん]

#9552018/09/03 19:43

夜居酒屋でバイトしてた頃、残業してたらいつもの電車に間に合わなくて、
途中の寂れた駅までしか帰れなかった時があった。
その日は給料日前日で全然金なくて、始発出るまで公園で寝てたんだけど、
寒さで腹壊しちゃってトイレに行ったの。
そしたら、少しして隣の個室に人が来たんだけど、何か電話しながら入ってきたみたいで話が聴こえた。
外からは車の音とかするんだけど、トイレの中かなり静かだから、相手側の声も微妙に聴こえたんだ。
「ん?うん、分かってるって。あはは!あ、ごめんごめん。何?」
『 ・ ・ なった ・ ・ いつか ・ ・ 』
「あぁ、そーだなー。大丈夫だって。気にすんなよ。
え?おう。ぁははっ!やだよ。なんでだよ!ふふ。うん。そーなの?」
『たしか ・ ・ かけ ・ ・ し ・ ・ 』
「そうだっけ?おう ・ ・ あー、そうかもしんね。わり!ちょっと待ってて」
で、トイレから出ようとした時、
はっきり相手側の声が聴き取れた。

急に怖くなり駅まで走って、駅前で震えながらシャッターが開くのを待ってた。
ただ物凄く気味が悪くて怖かった。
思い出すとまだ夜が怖い。

[匿名さん]

#9562018/09/03 19:44

今日は親友のA君が転校するのでお別れ会をやった。
みんなと別れるのが寂しいのか、A君はちょっと落ち込んでるみたいだった。

お別れ会はとても素晴らしいものだった。
途中、歌が得意なM君が歌を歌って盛り上げてくれたり、学級委員のS子が詩の朗読をして雰囲気を作ってくれた。

そして、お別れ会のクライマックス。
親友の僕がA君にプレゼントを手渡す瞬間だ。

プレゼントはクラス全員で書いた寄せ書き。
昨日、出席番号順で周ってきたその白い綺麗な色紙に、僕は今までの思いを込めて

「ありがとう」と、一言だけ書いた。
親友なのにそれだけ?と思うかもしれないけど、その言葉だけで気持ちは十分伝わるはず。
僕は綺麗な袋に入った色紙をA君に渡した。

「元気でね、A君・・・」

「今までありがとう、W君・・・」

A君はちょっと照れたような表情を浮かべて、袋の中の寄せ書きを見た後、感極まったのか号泣してしまった。

そんなA君を見て、たまらず僕も号泣してしまった。
プレゼントをこんなに喜んでもらえるなんて、本当に嬉しい。

二人して泣いてる姿が滑稽だったのか、クラスの皆がニヤニヤしながらこっちを見ている。
僕は急に恥ずかしくなって、照れ笑いをした。

本当に、とても素晴らしいお別れ会になりました。

[匿名さん]

#9572018/09/03 19:44

ゴミ屋敷ってあちこちにあるよね?実は俺も、ゴミ屋敷の住人の一人だったんだ。
俺の場合きっかけは、ひとつの粗大ゴミ。その上に、集めてきたゴミをどんどん積み上げていったんだ

周囲の人が不審に思い騒ぎ出したのが、集め始めて2ヶ月ぐらいかな?その頃には、もう部屋はゴミで埋まってた。
そのうち猛烈な悪臭を放ちだした。当然誰も近寄ってすらこない。
町内会から時々苦情言いに来るけ、ど外で怒鳴ってるだけ。
そうすると今度は、TVのレポーターがやって来たりする。
近所の奴は取材に応えて、好き勝手言いやがる。
やれ借金まみれで自暴自棄になってるだの、奥さんに逃げられてからおかしくなっただの・・・
誰も俺の気持ちなんかわからないくせに。
騒ぎが大きくなって全国に注目されてきたころ、一つの事件がおきる。そう、俺の家が火事になる
俺は外出してるから無事なんだけど、家はもう跡形もなく燃えてしまう。
ゴミが腐敗して自然発火とか、放火されたとかいわれるけど、まともに現場検証すらしてもらえない。
まあ俺は嫌われ者で、ゴミだらけだったんだからしょうがないし・・・むしろ都合がいい

ゴミ屋敷が燃えたことをきっかけに俺は他所へ行って、小さなアパートでも借りて普通に暮らしていく。
第二の人生っていうのかな?
もちろん、もうゴミなんか集める気もないし必要も無い。

世の中のゴミ屋敷って、大体こんな感じじゃないかな?

[匿名さん]

#9582018/09/03 19:46

暇つぶしに出会い系を見ていたら、中学時代の友人だったSという子のプロフを見つけた。
HN、趣味などはテキトーだったが、写メを見た瞬間Sだとわかった。
△△市(私の地元)在住とあるので、間違いない。
Sは凄く美人で学年、いや、学校内でも有名だったっけ。
これは連絡をとらなくてはと思い、すぐに貼られていた捨てアドにメールをしました。
私『Sだよね?覚えてるかな、中学で一緒だった○○だよ』
すると、すぐに返事があった。
S『○○ちゃん?うわー懐かしい!』
私『あの掲示板で見つけてびっくりしたよ!変わってないね〜やっぱり可愛いなぁ。
  今はどうしてるの?』
S『学校に通ってるよ』
私『あっ、じゃあもしかして□□大学?たしかその大学目指してたもんね!』
S『そうだよ!』
私『すごい!!中学から成績優秀だったもんね〜』
S『そんなことないよ。しかも最近、裏の道路が工事中で勉強に集中できないんだ』
私『裏の道路って□□通り?』
S『そうそう!なんか新しい店つくるみたい』
私『そうなんだぁ。コンビニの隣ってずっと空き地だったもんねぇ』
S『うん。○○ちゃん、よく覚えてるね』
私『だってSの家はしょっちゅう遊びに行ってたじゃん!
  中学近かったし、隣の公園でサボってアイス食べるのとか最高だったよね(笑)』

次に来たメールを見た時、私は背筋が凍った。


S『これで分かった、ありがとう』

[匿名さん]

#9592018/09/03 19:46

鍵が空いてて、無用心だなと思いつつ中に入った。何故かいつもと雰囲気が違う。
朝だからだろうか。寝室を覗くと差し込む日差しが眩しくて、よく見えない。
見知らぬ下着姿の女が父のベッドで眠っていた。
誰、この女の人。まさか、父の不倫相手?。信じられなかった。
別居の理由はこの女かもしれない。きっとそうだ。
パニックになった私は、近くにあった重い灰皿で女の頭を何度も殴った。
汚らわしくして耐えられなかった。女はすぐに動かなくなった。
我に返り、怖くなった私は逃げ出した。
それから父の元へは行かなくなった。父が犯人となり逮捕されるかもと思ったが、
不倫する父など逮捕されればいいとも思った。
怖くてニュースは見られなかった。怯え続けて数か月、母から父が寂しがっているから
一緒に会いに行こうと言われた。迷ったけれど、やっぱりあの女の事が気になり、
母と一緒に父の部屋に行った。
父は以前と変わらず、元気そうだった。
もしかしたら、あの日のことは夢だったのかもしれないと思った。

そろそろ帰るかという頃、覗きこんだ寝室に射し込む夕日を見て、
私は、とんでもない事をしてしまったことに気が付いた。

[匿名さん]

#9602018/09/03 19:46

後部座席には1本の傘が置かれていました
先ほどの女性が途中、雨が上がってしまったために忘れていってしまったものでした
部屋の場所まで見てしまったYさんは、仕方がなく女性の部屋まで届けることにしました

女性の部屋の前に着いたYさんはチャイムを鳴らします
しかし、先ほどの女性は出てきません
カーテンで窓は遮られていますが、明かりがついていることは確認できます
なんとなくドアののぞき穴から部屋の中を覗いてみます
やはり、外側からではよく見えず全体が赤い色をしていることしか確認できませんでした
(悪趣味な部屋だな・・・)と思い、傘をドアノブにかけて置きその場を離れました
帰りの道中、小腹がすいたためラーメン屋に入り空腹を満たすことにした
店主一人で経営している店らしくあまり大きな店ではない
店主にラーメンを頼むとなんとなく、ただ世間話のつもりで先ほど経験したことを話した
一通り話し終えると店主は 「…こんな話は知ってるかい?」と話を切り出した
店主によると、 旧道沿いにあるアパートは精神病、障害者等が半ば隔離される形で入居している『施設』だそうだ
その施設は家賃が非常に安いため、患者の家族が一まとめに入居させているらしい
疾患患者の中には生まれつき色素が弱く、瞳がウサギのように真っ赤になる病気の人間もいるらしい・・・

[匿名さん]

#9612018/09/03 19:47

某自殺サイトのオフ参加したんだけど、結構可愛い女の子が居てびっくりした。
オフ会ではみんななんで自殺したいのかとか、不幸自慢大会みたいになってて
俺もたまたま隣に座った結構可愛い子に、「なんで自殺考えてるんですか?」って聞かれたから
「実はまったく女の子にもてなくて、いまだに童貞なんですよ・・・」って言ったら、
「そんなことで自殺を考えるなんて馬鹿みたい」って言われて、オフ会二人で抜け出して
そのままホテル行ってヤラせてくれた。
初体験終えた後は、こんなことで悩んでたなんて馬鹿らしいって思った。

俺「本当にありがとう、自殺サイトのオフ会なのに・・・生きる気力が沸いてきたよ」

女の子「そう・・・残念だったわね

[匿名さん]

#9622018/09/03 19:48

銭湯に行った。
あがる前にサウナで一汗かくのが俺の日課だ。
俺が入って1分くらいで、男が1人入って来た。
勝負だ。コイツが出るまで俺は出ない。
これも日課だ。
10分経過。相手の男は軽く100キロはありそうなデブだった。
15分経過。滝のような汗を流してるくせに、頑張るじゃないか、デブめ。
18分経過。ついにデブが動いた。今にも倒れそうな程フラフラになりながらサウナを出ていく。
俺の勝ちだ!!俺はサウナルームの真ん中でガッツポーズをとった。
 
 
目を覚ますと俺は見慣れない部屋にいた。
どこかで見たようなオッサンが覗きこんでくる。
番台にいたオッサンだ。オッサンは言った。
「私が点検に行ったら君が倒れてたんだよ。
ドアにもたれかかるようにして失神していた」
どうやら熱中症を起こしたらしい。
少し頑張り過ぎたか。オッサンはやれやれとばかりに
「君を運ぶのはまったく骨が折れたよ。今度からは気を付けてくれよ」
俺はオッサンにお礼を言って帰った。ビールでも飲んで寝るとしよう

[匿名さん]

#9632018/09/03 19:49

2年程前から、隣町に住んでる女に言い寄られてた
高校からの友達で性格は良いんだけど顔が好みじゃないから、やんわりと付き合えないと断り続けてた
その頃仕事も上手くいかず、悪いことは重なるもので母ちゃんが事故で死んだんだ
同情だけは絶対にされたくないから、母ちゃんが死んだことを誰にも言わず一人で落ち込んでた

母ちゃんが死んだその日の夜、その女から電話が
「お母さん亡くなったらしいね…。」
「…」
「今まで言わなかったけど、私もお母さん死んだんだ…昨日だよ。家の階段から落ちたんだ」
「…え?」
「…一緒だね」

この一言で救われた様な気がした。彼女なら分かってくれると思った
同情なんていらないと思ってた。ただ甘えたかったんだ
抑えてた感情が一気に溢れ出し、大の大人がわんわん泣いちまった
そんな俺の醜態にも、彼女は一緒になってわんわん泣いてくれて、いつしか彼女のことが好きになってた
これが俺と嫁のなれ初め

[匿名さん]

#9642018/09/03 19:49

昔、ストーカーに被害にあっている女性がいた。
毎日のようにイタ電がかかるのでしばらく無視していたが
ある日イライラがたまり一言文句を言おうと電話に出た。

すると『後七日でおまえを殺す…』と一言言われて切れた。
少し気味が悪かったが気にせずにその日は過ごした。
しかし次の日も『後六日で殺す…』と言われた。

そして『明日おまえを殺す…』と言われたところで警察に相談した。
その警察が親切な人で次の日電話が掛かってきたときに逆探知してくれた。
そして警察は怒り気味にとある精神科医の名を教えて帰って行った。
次の日、女は死んだ。

[匿名さん]

#9652018/09/03 19:50

「特別番組」
お気に入りのドラマが今日放送されるのでTVをつけると違う内容だった。
しかし新聞のTV欄では間違いなくこのチャンネルなのに・・・・。
内容はホラードラマらしい番組を見ている女性のTV画面の前で殺人鬼が
ギロっとにらんでTV画面が砂嵐に、ところがTVを見ていた彼女の後ろから
その殺人鬼が現れて彼女を惨殺してしまった・・・。
あまりのことに固まってしまった私の眼の目でTV画面の中の殺人鬼が
ギロっとにらんでTV画面が砂嵐になった・・・・。

[匿名さん]

#9662018/09/03 19:50

友人が小学生の頃、近くの用水路から子供の死体が上がったのだそうです。

それ以来その用水路では度々霊のようなものが目撃されるようになりました。

とある日の午後、その日は小雨がちらついていました。

友人がたまたま用水路の近くを通ると小雨が波紋を作る水面に何か白いものがバチャバチャと水飛沫をあげているのが見えました。

水死体の噂を思い出した友人は目をそらしてそのまま通り過ぎようとしましたがその時用水路から

「助けてぇー!」

と声が聞こえてきたものですから心配になりついついそれを覗きこんでしまったそうです。

見ると真っ白い顔が泣きながら渦を巻いて回転しているではありませんか。

とんでもないものを見てしまったと無視してその場を去った彼ですが、その日からプールや海水浴をする時に足を捕まれるようになり、

以後水遊びは怖くてできないんだそうです。

[匿名さん]

#9672018/09/03 19:51

おれと竹田はちょっとした沼のほとりにいた。あたりはやけに静かだ。

修学旅行の自由行動の時間、おたがいに自分の班から抜け出して適当にぶらついてたら、いつのまにかこんなところに来てしまったのだ。

さざめく沼の水面を見ながら、おれはタバコに火をつけた。深く吸い込み煙を吐き出す。

ふと隣りの竹田に目をやると、青ざめた表情でおれの指先のタバコを食い入るように見つめている。

「どした?」

おれは竹田に声をかけた。

「……なあ、そのタバコ」

「ん?」

「味がしないだろ」

竹田は切羽詰まった声で言う。

「なんだって?」

「するわけないよな。そもそも、タバコなんか吸ったことないおまえに、味がイメージできるわけないよな」

竹田が何を言いたいのかさっぱり見えてこない。

……そう言えば、このタバコはいつ買ったんだっけ。

思い出そうとしてみるが、なぜだか頭がうまく働かない。

「なあ、そろそろ戻ろうぜ」

おれは急に不安になり促した。少し寒気がする。

「タバコどうした?」

それには答えず、責めるような強い口調で竹田が聞く。

「何が?」

「さっきまで吸ってたタバコだよ。指先にはさんでただろ。どこに消えたんだよ」

「さあ、どっかそのへんに投げ捨てたんだろ。何をそんなに怒ってるんだよ、竹田」

「おれは認めないぞ……こんなの。いいか、いまでもおれは完全否定派だからな」

「だから、何の話だよ」

「あそこを見ろよ。そして、何も見えないと言ってくれ。お願いだから」

竹田は沼の真ん中あたりを指差した。

おれは目をこらした。

水面下から黒いタイヤの表面が突き出しているのが見えた。

[匿名さん]

#9682018/09/03 19:51

おれと竹田はちょっとした沼のほとりにいた。あたりはやけに静かだ。

修学旅行の自由行動の時間、おたがいに自分の班から抜け出して適当にぶらついてたら、いつのまにかこんなところに来てしまったのだ。

さざめく沼の水面を見ながら、おれはタバコに火をつけた。深く吸い込み煙を吐き出す。

ふと隣りの竹田に目をやると、青ざめた表情でおれの指先のタバコを食い入るように見つめている。

「どした?」

おれは竹田に声をかけた。

「……なあ、そのタバコ」

「ん?」

「味がしないだろ」

竹田は切羽詰まった声で言う。

「なんだって?」

「するわけないよな。そもそも、タバコなんか吸ったことないおまえに、味がイメージできるわけないよな」

竹田が何を言いたいのかさっぱり見えてこない。

……そう言えば、このタバコはいつ買ったんだっけ。

思い出そうとしてみるが、なぜだか頭がうまく働かない。

「なあ、そろそろ戻ろうぜ」

おれは急に不安になり促した。少し寒気がする。

「タバコどうした?」

それには答えず、責めるような強い口調で竹田が聞く。

「何が?」

「さっきまで吸ってたタバコだよ。指先にはさんでただろ。どこに消えたんだよ」

「さあ、どっかそのへんに投げ捨てたんだろ。何をそんなに怒ってるんだよ、竹田」

「おれは認めないぞ……こんなの。いいか、いまでもおれは完全否定派だからな」

「だから、何の話だよ」

「あそこを見ろよ。そして、何も見えないと言ってくれ。お願いだから」

竹田は沼の真ん中あたりを指差した。

おれは目をこらした。

水面下から黒いタイヤの表面が突き出しているのが見えた。

[匿名さん]

#9692018/09/03 19:51

おれと竹田はちょっとした沼のほとりにいた。あたりはやけに静かだ。

修学旅行の自由行動の時間、おたがいに自分の班から抜け出して適当にぶらついてたら、いつのまにかこんなところに来てしまったのだ。

さざめく沼の水面を見ながら、おれはタバコに火をつけた。深く吸い込み煙を吐き出す。

ふと隣りの竹田に目をやると、青ざめた表情でおれの指先のタバコを食い入るように見つめている。

「どした?」

おれは竹田に声をかけた。

「……なあ、そのタバコ」

「ん?」

「味がしないだろ」

竹田は切羽詰まった声で言う。

「なんだって?」

「するわけないよな。そもそも、タバコなんか吸ったことないおまえに、味がイメージできるわけないよな」

竹田が何を言いたいのかさっぱり見えてこない。

……そう言えば、このタバコはいつ買ったんだっけ。

思い出そうとしてみるが、なぜだか頭がうまく働かない。

「なあ、そろそろ戻ろうぜ」

おれは急に不安になり促した。少し寒気がする。

「タバコどうした?」

それには答えず、責めるような強い口調で竹田が聞く。

「何が?」

「さっきまで吸ってたタバコだよ。指先にはさんでただろ。どこに消えたんだよ」

「さあ、どっかそのへんに投げ捨てたんだろ。何をそんなに怒ってるんだよ、竹田」

「おれは認めないぞ……こんなの。いいか、いまでもおれは完全否定派だからな」

「だから、何の話だよ」

「あそこを見ろよ。そして、何も見えないと言ってくれ。お願いだから」

竹田は沼の真ん中あたりを指差した。

おれは目をこらした。

水面下から黒いタイヤの表面が突き出しているのが見えた。

[匿名さん]

#9702018/09/03 19:52

昨日から家で怪奇現象がおきるんだよ

俺一人暮らしだし怖がりだからやめてって感じだよ

ただ今日は旅行から帰って来た妹が泊まりに来てるからちょっと安心なんだww

妹にも昨日からの怪奇現象教えたら

誰かこの手に詳しい人いないの?って言われたよ。

そう言えば一人いたな…。

俺は友人に電話した

俺「実は昨日から怪奇現象おきててさ」

友人「怪奇現象?…たしかめる良い方法あるぜ。ちょっと玄関行って、玄関ドアを背にして目を閉じて頭の中でお前の家をイメージで歩き回るんだ」

俺は言われた通りに目を閉じて家を歩くイメージをした

キッチン…トイレ…妹がいる部屋…風呂…寝室…

家中全部歩き回ったイメージをした

友人「何か変なの見えたか?」

俺「いや…別に」

友人「なら大丈夫だ、実はイメージして歩いた時、本当に幽霊がいたら見えるはずなんだ。かなりアタル方法だから安心しな」

なんだよかったよ安心したよ。

気分よくなったなww

妹に美味しいご飯でも作ってやるかwww

俺はキッチンに立った瞬間

違和感を感じさっきのを思いだし背筋が凍った

[匿名さん]

#9712018/09/03 19:52

昨日から家で怪奇現象がおきるんだよ

俺一人暮らしだし怖がりだからやめてって感じだよ

ただ今日は旅行から帰って来た妹が泊まりに来てるからちょっと安心なんだww

妹にも昨日からの怪奇現象教えたら

誰かこの手に詳しい人いないの?って言われたよ。

そう言えば一人いたな…。

俺は友人に電話した

俺「実は昨日から怪奇現象おきててさ」

友人「怪奇現象?…たしかめる良い方法あるぜ。ちょっと玄関行って、玄関ドアを背にして目を閉じて頭の中でお前の家をイメージで歩き回るんだ」

俺は言われた通りに目を閉じて家を歩くイメージをした

キッチン…トイレ…妹がいる部屋…風呂…寝室…

家中全部歩き回ったイメージをした

友人「何か変なの見えたか?」

俺「いや…別に」

友人「なら大丈夫だ、実はイメージして歩いた時、本当に幽霊がいたら見えるはずなんだ。かなりアタル方法だから安心しな」

なんだよかったよ安心したよ。

気分よくなったなww

妹に美味しいご飯でも作ってやるかwww

俺はキッチンに立った瞬間

違和感を感じさっきのを思いだし背筋が凍った

[匿名さん]

#9722018/09/03 19:53

昨日から家で怪奇現象がおきるんだよ

俺一人暮らしだし怖がりだからやめてって感じだよ

ただ今日は旅行から帰って来た妹が泊まりに来てるからちょっと安心なんだww

妹にも昨日からの怪奇現象教えたら

誰かこの手に詳しい人いないの?って言われたよ。

そう言えば一人いたな…。

俺は友人に電話した

俺「実は昨日から怪奇現象おきててさ」

友人「怪奇現象?…たしかめる良い方法あるぜ。ちょっと玄関行って、玄関ドアを背にして目を閉じて頭の中でお前の家をイメージで歩き回るんだ」

俺は言われた通りに目を閉じて家を歩くイメージをした

キッチン…トイレ…妹がいる部屋…風呂…寝室…

家中全部歩き回ったイメージをした

友人「何か変なの見えたか?」

俺「いや…別に」

友人「なら大丈夫だ、実はイメージして歩いた時、本当に幽霊がいたら見えるはずなんだ。かなりアタル方法だから安心しな」

なんだよかったよ安心したよ。

気分よくなったなww

妹に美味しいご飯でも作ってやるかwww

俺はキッチンに立った瞬間

違和感を感じさっきのを思いだし背筋が凍った

[匿名さん]

#9732018/09/03 23:15

友人が小学生の頃、近くの用水路から子供の死体が上がったのだそうです。

それ以来その用水路では度々霊のようなものが目撃されるようになりました。

とある日の午後、その日は小雨がちらついていました。

友人がたまたま用水路の近くを通ると小雨が波紋を作る水面に何か白いものがバチャバチャと水飛沫をあげているのが見えました。

水死体の噂を思い出した友人は目をそらしてそのまま通り過ぎようとしましたがその時用水路から

「助けてぇー!」

と声が聞こえてきたものですから心配になりついついそれを覗きこんでしまったそうです。

見ると真っ白い顔が泣きながら渦を巻いて回転しているではありませんか。

とんでもないものを見てしまったと無視してその場を去った彼ですが、その日からプールや海水浴をする時に足を捕まれるようになり、

以後水遊びは怖くてできないんだそうです。

[匿名さん]

#9742018/09/03 23:15

友人が小学生の頃、近くの用水路から子供の死体が上がったのだそうです。

それ以来その用水路では度々霊のようなものが目撃されるようになりました。

とある日の午後、その日は小雨がちらついていました。

友人がたまたま用水路の近くを通ると小雨が波紋を作る水面に何か白いものがバチャバチャと水飛沫をあげているのが見えました。

水死体の噂を思い出した友人は目をそらしてそのまま通り過ぎようとしましたがその時用水路から

「助けてぇー!」

と声が聞こえてきたものですから心配になりついついそれを覗きこんでしまったそうです。

見ると真っ白い顔が泣きながら渦を巻いて回転しているではありませんか。

とんでもないものを見てしまったと無視してその場を去った彼ですが、その日からプールや海水浴をする時に足を捕まれるようになり、

以後水遊びは怖くてできないんだそうです。

[匿名さん]

#9752018/09/03 23:18


A君はちょっと照れたような表情を浮かべて、袋の中の寄せ書きを見た後、感極まったのか号泣してしまった。

そんなA君を見て、たまらず僕も号泣してしまった。
プレゼントをこんなに喜んでもらえるなんて、本当に嬉しい。

二人して泣いてる姿が滑稽だったのか、クラスの皆がニヤニヤしながらこっちを見ている。
僕は急に恥ずかしくなって、照れ笑いをした。

本当に、とても素晴らしいお別れ会になりました。

[匿名さん]

#9762018/09/03 23:18


途中、歌が得意なM君が歌を歌って盛り上げてくれたり、学級委員のS子が詩の朗読をして雰囲気を作ってくれた。

そして、お別れ会のクライマックス。
親友の僕がA君にプレゼントを手渡す瞬間だ。

プレゼントはクラス全員で書いた寄せ書き。
昨日、出席番号順で周ってきたその白い綺麗な色紙に、僕は今までの思いを込めて

「ありがとう」と、一言だけ書いた。
親友なのにそれだけ?と思うかもしれないけど、その言葉だけで気持ちは十分伝わるはず。
僕は綺麗な袋に入った色紙をA君に渡した。

「元気でね、A君・・・」

「今までありがとう、W君・・・」

A君はちょっと照れたような表情を浮かべて、袋の中の寄せ書きを見た後、感極まったのか号泣してしまった。

そんなA君を見て、たまらず僕も号泣してしまった。
プレゼントをこんなに喜んでもらえるなんて、本当に嬉しい。

二人して泣いてる姿が滑稽だったのか、クラスの皆がニヤニヤしながらこっちを見ている。
僕は急に恥ずかしくなって、照れ笑いをした。

本当に、とても素晴らしいお別れ会になりました。

[匿名さん]

#9772018/09/03 23:19


親友なのにそれだけ?と思うかもしれないけど、その言葉だけで気持ちは十分伝わるはず。
僕は綺麗な袋に入った色紙をA君に渡した。

「元気でね、A君・・・」

「今までありがとう、W君・・・」

A君はちょっと照れたような表情を浮かべて、袋の中の寄せ書きを見た後、感極まったのか号泣してしまった。

そんなA君を見て、たまらず僕も号泣してしまった。
プレゼントをこんなに喜んでもらえるなんて、本当に嬉しい。

二人して泣いてる姿が滑稽だったのか、クラスの皆がニヤニヤしながらこっちを見ている。
僕は急に恥ずかしくなって、照れ笑いをした。

本当に、とても素晴らしいお別れ会になりました。

[匿名さん]

#9782018/09/03 23:19

今日は親友のA君が転校するのでお別れ会をやった。
みんなと別れるのが寂しいのか、A君はちょっと落ち込んでるみたいだった。

お別れ会はとても素晴らしいものだった。
途中、歌が得意なM君が歌を歌って盛り上げてくれたり、学級委員のS子が詩の朗読をして雰囲気を作ってくれた。

そして、お別れ会のクライマックス。
親友の僕がA君にプレゼントを手渡す瞬間だ。

プレゼントはクラス全員で書いた寄せ書き。
昨日、出席番号順で周ってきたその白い綺麗な色紙に、僕は今までの思いを込めて

「ありがとう」と、一言だけ書いた。
親友なのにそれだけ?と思うかもしれないけど、その言葉だけで気持ちは十分伝わるはず。
僕は綺麗な袋に入った色紙をA君に渡した。

「元気でね、A君・・・」

「今までありがとう、W君・・・」

A君はちょっと照れたような表情を浮かべて、袋の中の寄せ書きを見た後、感極まったのか号泣してしまった。

そんなA君を見て、たまらず僕も号泣し

[匿名さん]

#9792018/09/03 23:20

友人が小学生の頃、近くの用水路から子供の死体が上がったのだそうです。

それ以来その用水路では度々霊のようなものが目撃されるようになりました。

とある日の午後、その日は小雨がちらついていました。

友人がたまたま用水路の近くを通ると小雨が波紋を作る水面に何か白いものがバチャバチャと水飛沫をあげているのが見えました。

水死体の噂を思い出した友人は目をそらしてそのまま通り過ぎようとしましたがその時用水路から

「助けてぇー!」

と声が聞こえてきたものですから心配になりついついそれを覗きこんでしまったそうです。

見ると真っ白い顔が泣きながら渦を巻いて回転しているではありませんか。

とんでもないものを見てしまったと無視してその場を去った彼ですが、その日からプールや海水浴をする時に足を捕まれるようになり、

以後水遊びは怖くてできないんだそうです。

[匿名さん]

#9802018/09/03 23:21

友人が小学生の頃、近くの用水路から子供の死体が上がったのだそうです。

それ以来その用水路では度々霊のようなものが目撃されるようになりました。

とある日の午後、その日は小雨がちらついていました。

友人がたまたま用水路の近くを通ると小雨が波紋を作る水面に何か白いものがバチャバチャと水飛沫をあげているのが見えました。

水死体の噂を思い出した友人は目をそらしてそのまま通り過ぎようとしましたがその時用水路から

「助けてぇー!」

と声が聞こえてきたものですから心配になりついついそれを覗きこんでしまったそうです。

見ると真っ白い顔が泣きながら渦を巻いて回転しているではありませんか。

とんでもないものを見てしまったと無視してその場を去った彼ですが、その日からプールや海水浴をする時に足を捕まれるようになり、

以後水遊びは怖くてできないんだそうです。

[匿名さん]

#9812018/09/03 23:21

「ん?うん、分かってるって。あはは!あ、ごめんごめん。何?」
『 ・ ・ なった ・ ・ いつか ・ ・ 』
「あぁ、そーだなー。大丈夫だって。気にすんなよ。
え?おう。ぁははっ!やだよ。なんでだよ!ふふ。うん。そーなの?」
『たしか ・ ・ かけ ・ ・ し ・ ・ 』
「そうだっけ?おう ・ ・ あー、そうかもしんね。わり!ちょっと待ってて」
で、トイレから出ようとした時、
はっきり相手側の声が聴き取れた。

急に怖くなり駅まで走って、駅前で震えながらシャッターが開くのを待ってた。
ただ物凄く気味が悪くて怖かった。
思い出すとまだ夜が怖い。

[匿名さん]

#9822018/09/03 23:22


夜居酒屋でバイトしてた頃、残業してたらいつもの電車に間に合わなくて、
途中の寂れた駅までしか帰れなかった時があった。
その日は給料日前日で全然金なくて、始発出るまで公園で寝てたんだけど、
寒さで腹壊しちゃってトイレに行ったの。
そしたら、少しして隣の個室に人が来たんだけど、何か電話しながら入ってきたみたいで話が聴こえた。
外からは車の音とかするんだけど、トイレの中かなり静かだから、相手側の声も微妙に聴こえたんだ。
「ん?うん、分かってるって。あはは!あ、ごめんごめん。何?」
『 ・ ・ なった ・ ・ いつか ・ ・ 』
「あぁ、そーだなー。大丈夫だって。気にすんなよ。
え?おう。ぁははっ!やだよ。なんでだよ!ふふ。うん。そーなの?」
『たしか ・ ・ かけ ・ ・ し ・ ・ 』
「そうだっけ?おう ・ ・ あー、そうかもしんね。わり!ちょっと待ってて」
で、トイレから出ようとした時、
はっきり相手側の声が聴き取れた。

急に怖くなり駅まで走って、駅前で震えながらシャッターが開くのを待ってた。
ただ物凄く気味が悪くて怖かった。
思い出すとまだ夜が怖い。

[匿名さん]

#9832018/09/03 23:22


某自殺サイトのオフ参加したんだけど、結構可愛い女の子が居てびっくりした。
オフ会ではみんななんで自殺したいのかとか、不幸自慢大会みたいになってて
俺もたまたま隣に座った結構可愛い子に、「なんで自殺考えてるんですか?」って聞かれたから
「実はまったく女の子にもてなくて、いまだに童貞なんですよ・・・」って言ったら、
「そんなことで自殺を考えるなんて馬鹿みたい」って言われて、オフ会二人で抜け出して
そのままホテル行ってヤラせてくれた。
初体験終えた後は、こんなことで悩んでたなんて馬鹿らしいって思った。

俺「本当にありがとう、自殺サイトのオフ会なのに・・・生きる気力が沸いてきたよ」

女の子「そう・・・残念だったわね

[匿名さん]

#9842018/09/03 23:23


某自殺サイトのオフ参加したんだけど、結構可愛い女の子が居てびっくりした。
オフ会ではみんななんで自殺したいのかとか、不幸自慢大会みたいになってて
俺もたまたま隣に座った結構可愛い子に、「なんで自殺考えてるんですか?」って聞かれたから
「実はまったく女の子にもてなくて、いまだに童貞なんですよ・・・」って言ったら、
「そんなことで自殺を考えるなんて馬鹿みたい」って言われて、オフ会二人で抜け出して
そのままホテル行ってヤラせてくれた。
初体験終えた後は、こんなことで悩んでたなんて馬鹿らしいって思った。

俺「本当にありがとう、自殺サイトのオフ会なのに・・・生きる気力が沸いてきたよ」

女の子「そう・・・残念だったわね

[匿名さん]

#9852018/09/03 23:23

後部座席には1本の傘が置かれていました
先ほどの女性が途中、雨が上がってしまったために忘れていってしまったものでした
部屋の場所まで見てしまったYさんは、仕方がなく女性の部屋まで届けることにしました

女性の部屋の前に着いたYさんはチャイムを鳴らします
しかし、先ほどの女性は出てきません
カーテンで窓は遮られていますが、明かりがついていることは確認できます
なんとなくドアののぞき穴から部屋の中を覗いてみます
やはり、外側からではよく見えず全体が赤い色をしていることしか確認できませんでした
(悪趣味な部屋だな・・・)と思い、傘をドアノブにかけて置きその場を離れました
帰りの道中、小腹がすいたためラーメン屋に入り空腹を満たすことにした
店主一人で経営している店らしくあまり大きな店ではない
店主にラーメンを頼むとなんとなく、ただ世間話のつもりで先ほど経験したことを話した
一通り話し終えると店主は 「…こんな話は知ってるかい?」と話を切り出した
店主によると、 旧道沿いにあるアパートは精神病、障害者等が半ば隔離される形で入居している『施設』だそうだ
その施設は家賃が非常に安いため、患者の家族が一まとめに入居させているらしい
疾患患者の中には生まれつき色素が弱く、瞳がウサギのように真っ赤になる病気の人間もいるらしい・・・

[匿名さん]

#9862018/09/03 23:24



途中、歌が得意なM君が歌を歌って盛り上げてくれたり、学級委員のS子が詩の朗読をして雰囲気を作ってくれた。

そして、お別れ会のクライマックス。
親友の僕がA君にプレゼントを手渡す瞬間だ。

プレゼントはクラス全員で書いた寄せ書き。
昨日、出席番号順で周ってきたその白い綺麗な色紙に、僕は今までの思いを込めて

「ありがとう」と、一言だけ書いた。
親友なのにそれだけ?と思うかもしれないけど、その言葉だけで気持ちは十分伝わるはず。
僕は綺麗な袋に入った色紙をA君に渡した。

「元気でね、A君・・・」

「今までありがとう、W君・・・」

[匿名さん]

#9872018/09/03 23:24


鍵が空いてて、無用心だなと思いつつ中に入った。何故かいつもと雰囲気が違う。
朝だからだろうか。寝室を覗くと差し込む日差しが眩しくて、よく見えない。
見知らぬ下着姿の女が父のベッドで眠っていた。
誰、この女の人。まさか、父の不倫相手?。信じられなかった。
別居の理由はこの女かもしれない。きっとそうだ。
パニックになった私は、近くにあった重い灰皿で女の頭を何度も殴った。
汚らわしくして耐えられなかった。女はすぐに動かなくなった。
我に返り、怖くなった私は逃げ出した。
それから父の元へは行かなくなった。父が犯人となり逮捕されるかもと思ったが、
不倫する父など逮捕されればいいとも思った。
怖くてニュースは見られなかった。怯え続けて数か月、母から父が寂しがっているから
一緒に会いに行こうと言われた。迷ったけれど、やっぱりあの女の事が気になり、
母と一緒に父の部屋に行った。
父は以前と変わらず、元気そうだった。
もしかしたら、あの日のことは夢だったのかもしれないと思った。

そろそろ帰るかという頃、覗きこんだ寝室に射し込む夕日を見て、
私は、とんでもない事をしてしまったことに気が付いた。

[匿名さん]

#9882018/09/03 23:25

やばいだろ

[匿名さん]

#9892018/09/03 23:25


暇つぶしに出会い系を見ていたら、中学時代の友人だったSという子のプロフを見つけた。
HN、趣味などはテキトーだったが、写メを見た瞬間Sだとわかった。
△△市(私の地元)在住とあるので、間違いない。
Sは凄く美人で学年、いや、学校内でも有名だったっけ。
これは連絡をとらなくてはと思い、すぐに貼られていた捨てアドにメールをしました。
私『Sだよね?覚えてるかな、中学で一緒だった○○だよ』
すると、すぐに返事があった。
S『○○ちゃん?うわー懐かしい!』
私『あの掲示板で見つけてびっくりしたよ!変わってないね〜やっぱり可愛いなぁ。
  今はどうしてるの?』
S『学校に通ってるよ』
私『あっ、じゃあもしかして□□大学?たしかその大学目指してたもんね!』
S『そうだよ!』
私『すごい!!中学から成績優秀だったもんね〜』
S『そんなことないよ。しかも最近、裏の道路が工事中で勉強に集中できないんだ』
私『裏の道路って□□通り?』
S『そうそう!なんか新しい店つくるみたい』
私『そうなんだぁ。コンビニの隣ってずっと空き地だったもんねぇ』
S『うん。○○ちゃん、よく覚えてるね』
私『だってSの家はしょっちゅう遊びに行ってたじゃん!
  中学近かったし、隣の公園でサボってアイス食べるのとか最高だったよね(笑)』

次に来たメールを見た時、私は背筋が凍った。


S『これで分かった、ありがとう』

[匿名さん]

#9902018/09/03 23:26

おいクズども

[匿名さん]

#9912018/09/03 23:26

おいクズども

あと10だぜ

[匿名さん]

#9922018/09/03 23:27

あと9

[匿名さん]

#9932018/09/03 23:27







ああ


あああ






はち

[匿名さん]

#9942018/09/03 23:28


今日は親友のA君が転校するのでお別れ会をやった。
みんなと別れるのが寂しいのか、A君はちょっと落ち込んでるみたいだった。

お別れ会はとても素晴らしいものだった。
途中、歌が得意なM君が歌を歌って盛り上げてくれたり、学級委員のS子が詩の朗読をして雰囲気を作ってくれた。

そして、お別れ会のクライマックス。
親友の僕がA君にプレゼントを手渡す瞬間だ。

プレゼントはクラス全員で書いた寄せ書き。
昨日、出席番号順で周ってきたその白い綺麗な色紙に、僕は今までの思いを込めて

「ありがとう」と、一言だけ書いた。
親友なのにそれだけ?と思うかもしれないけど、その言葉だけで気持ちは十分伝わるはず。
僕は綺麗な袋に入った色紙をA君に渡した。

「元気でね、A君・・・」

「今までありがとう、W君・・・」

A君はちょっと照れたような表情を浮かべて、袋の中の寄せ書きを見た後、感極まったのか号泣してしまった。

そんなA君を見て、たまらず僕も号泣してしまった。
プレゼントをこんなに喜んでもらえるなんて、本当に嬉しい。

二人して泣いてる姿が滑稽だったのか、クラスの皆がニヤニヤしながらこっちを見ている。
僕は急に恥ずかしくなって、照れ笑いをした。

本当に、とても素晴らしいお別れ会になりました。

[匿名さん]

#9952018/09/03 23:28

夜居酒屋でバイトしてた頃、残業してたらいつもの電車に間に合わなくて、
途中の寂れた駅までしか帰れなかった時があった。
その日は給料日前日で全然金なくて、始発出るまで公園で寝てたんだけど、
寒さで腹壊しちゃってトイレに行ったの。
そしたら、少しして隣の個室に人が来たんだけど、何か電話しながら入ってきたみたいで話が聴こえた。
外からは車の音とかするんだけど、トイレの中かなり静かだから、相手側の声も微妙に聴こえたんだ。
「ん?うん、分かってるって。あはは!あ、ごめんごめん。何?」
『 ・ ・ なった ・ ・ いつか ・ ・ 』
「あぁ、そーだなー。大丈夫だって。気にすんなよ。
え?おう。ぁははっ!やだよ。なんでだよ!ふふ。うん。そーなの?」
『たしか ・ ・ かけ ・ ・ し ・ ・ 』
「そうだっけ?おう ・ ・ あー、そうかもしんね。わり!ちょっと待ってて」
で、トイレから出ようとした時、
はっきり相手側の声が聴き取れた。

急に怖くなり駅まで走って、駅前で震えながらシャッターが開くのを待ってた。
ただ物凄く気味が悪くて怖かった。
思い出すとまだ夜が怖い。

[匿名さん]

#9962018/09/03 23:29

>>949
お前嬢に嫌われてるさ
しっかり働けよ

[匿名さん]

#9972018/09/03 23:29

ato5

[匿名さん]

#9982018/09/03 23:31

>>996
別に常に気に入られたくてやってねえよバーカ

死ねクズ

[匿名さん]

#9992018/09/03 23:31

じゃ  そういうことで

[匿名さん]

#10002018/09/03 23:32最終レス

死ね!バーカ


終了

[匿名さん]

このスレッドは1000件に達しました。これ以上書き込み出来ません。





沖縄風俗・お店を見てる人にオススメ! ⇒ 沖縄風俗・個人/ 沖縄風俗・総合/ 沖縄風俗求人/ 風俗全国/

このスレッドのURL




関連掲示板