31
2023/01/29 01:31
爆サイ.com 南部九州版

🌍 ニュース総合





NO.10924265

もし戦国時代にゴシップ誌があったら?妄想がはかどる「週刊戦国ゴシップ」刊行

週刊誌風に戦国時代を見る「週刊戦国ゴシップ」(スエヒロさん提供)

 さまざまな武将が諸国にいて、文字通り「群雄割拠」の状態だった戦国時代。その中には、歴史の表舞台では語られにくいエピソードも存在しています。

 日本史などを元ネタにパロディ画像を制作しているスエヒロさんは、戦国武将たちの裏事情に着目。当時もしゴシップ週刊誌があったとしたら、という著書「週刊戦国ゴシップ」が2023年2月1日に刊行されます。

 戦国時代にもゴシップはもちろんあり、後の世に忍者と呼ばれるようになった者たちが情報収集にあたり、武将たちはその情報を戦の計画や、相手の調略(策略を巡らし軍門にくだらせること)に利用していました。

 秘密にしていた情報を人知れず入手する、というのは、現代の週刊誌でもよくあること。もし戦国時代に週刊誌があり、武将たちの裏事情が面白おかしく記事にされていたら……というコンセプトで作られたのが、スエヒロさんの新著「週刊戦国ゴシップ」です。

 内容の参考、としてスエヒロさんがTwitterに投稿した画像には、どこかで見たような週刊誌の表紙に、戦国武将たちのさまざまなゴシップが見出しとして並びます。あくまでも参考なので、それぞれ異なる年代のエピソードがまとめられているようです。

興味深い見出しが並ぶ(ツイートのスクリーンショット)

 トップ記事となっているのは「織田信長(50)の壮絶パワハラ実態」。腹心武将が激白とありますが、部下の前で叱責、欄干に頭押し付け、接待料理投げつけといった行為に、「この金柑頭(ハゲ頭)野郎が!」と罵倒されたエピソードを見ると、証言者は表紙左上に見える明智光秀のようです。

 そのすぐ下にある福島正則の泥酔事件は、大酒飲みで酒癖が悪かった彼ならではのエピソード。民謡「黒田節」で歌われている黒田長政の家臣、母里友信と飲み比べをし、負けて天下三名槍のひとつ「日本号」を取られてしまった話が記事になったものです。現在「日本号」は福岡市博物館の所蔵品となっています。

 そのほかにも、武田信玄が死後3年は事実を隠すようにと遺言した話や、徳川家康のお漏らし疑惑(三方ヶ原の戦い、もしくはその前哨戦である一言坂の戦いで敗走中の出来事とされる)といった話が大きな見出しに。どちらも影響の大きい話だけに、本人たちが隠したいスクープといえるでしょう。

 グラビアは細川忠興の正室、ガラシャ夫人の撮り下ろしスナップ。本名は玉子と伝わっていますが、洗礼名の「ガラシャ」の方がよく知られていますね。父はトップの見出しで織田信長からの壮絶なパワハラを激白した明智光秀です。

 連載企画には「島左近のドキドキ潜伏日記」。島左近こと島清興は、石田三成方の武将として関ヶ原の戦いに参戦したのち消息を絶っており、軍記物「石田軍記」や「古今武家盛衰記」などでは京都で潜伏生活を送って死去した旨が書かれていることから、その説に従った連載記事のようです。

 戦国時代を対象とした本は数多く、それぞれに描かれた武将像はバラエティに富んでいます。記事の元ネタになったエピソードを探ってみると、これまでより歴史に詳しくなっているかも。

 スエヒロさんの「週刊戦国ゴシップ」は、淡交社より2023年2月1日刊行予定。茶道と関わりの深い出版社から刊行されるということでも、茶の湯が武将の間に広まった戦国時代〜安土桃山時代との繋がりを感じてしまいますね。

<記事化協力>
スエヒロさん(@numrock)

(咲村珠樹)

【日時】2023年01月28日 12:00
【提供】おたくま経済新聞

#12023/01/28 13:20
面白そう

[匿名さん]

#22023/01/28 13:21
記者は即切腹だろうけどなw

[匿名さん]

#32023/01/28 13:22
尿潤が徳川家康だしな

[匿名さん]

#42023/01/28 13:24
徳川家康だけ生きて行けないだろw

[匿名さん]

#52023/01/28 13:25
しょうもない記事

[匿名さん]

#62023/01/28 13:25
家康だけダメージが大きい
他は戦国では当たり前だけど…

[匿名さん]

#72023/01/28 13:34
侍はすべからく定期購読。
浪人向けお召し上げ情報が人気。

[匿名さん]

#82023/01/28 13:45
>>3
それで家康に配役されたわけか

[匿名さん]

#92023/01/28 14:04
今と同じで癒着ばかりだろう

[匿名さん]

#102023/01/28 14:14
>>2
打首獄門
良くても闇討ちだな

[匿名さん]

#112023/01/28 14:22
エラ呼吸してるんでしょ?

[匿名さん]

#122023/01/28 14:26
なかなか面白い着眼点だ。
すごく見たいんだがw

[匿名さん]

#132023/01/28 14:28
週間戦国の足軽記者

[匿名さん]

#142023/01/28 14:31
>>0
家康のウンコ漏らしながら落ち延びた件は大スクープだな

[匿名さん]

#152023/01/28 14:32
本物の酒池肉林を見てみたい

[匿名さん]

#162023/01/28 14:33
ガラシャw

[匿名さん]

#172023/01/28 14:38
男色向けイケ武士リスト

[匿名さん]

#182023/01/28 14:41
毛利元就「・・・・・・・・」

[匿名さん]

#192023/01/28 15:01
神の子か?それとも龍の化身か?

豊臣秀吉の6本指の謎に迫る

[匿名さん]

#202023/01/28 15:08
時代が混じっててタイムリーさがなさそう

[匿名さん]

#212023/01/28 15:13
しかし興味深い。確かに面白い。

[匿名さん]

#222023/01/28 15:17
裏切り番長と悪名高いこの男
ミッちゃんこと『明智光秀』

「いつか歴史に残るようなとんでもない裏切りを行うんではないだろうか?」
専門家が分析

[匿名さん]

#232023/01/28 16:28
実録!一向宗施設に潜入
内部は武装化、酒池肉林!?薬物製造?!
反信長の主張に迫る

[匿名さん]

#242023/01/28 16:32
間者は見た!なんてね

[匿名さん]

#252023/01/28 16:33
尿潤が有村架純の小便浴びて恍惚の表情するんだろうな

[匿名さん]

#262023/01/28 16:33
江戸時代版

次に取り潰しされるのは〇〇藩

[匿名さん]

#272023/01/28 16:35
>>22
裏切り番長はボンバーマンこと松永久秀じゃないのか?

[匿名さん]

#282023/01/28 23:35
戦国鍋テレビに出てたような雑誌だな。懐かし

[匿名さん]

#292023/01/28 23:45
400年前から洞窟を守っている…私の認める勇者であればこれを授ける。そうでなければ私は何もしない。

いや、ここで死ぬ事になるだろう…

[匿名さん]

#302023/01/29 00:00
イフ系の小説は絶滅したんじゃなかったっけ?
信長が生きてる小説とか光秀が天下取るとか…

[匿名さん]

#312023/01/29 01:31最新レス
戦国武将とお稚児さんのホモ行為についての記事はないのね

[匿名さん]

スレが立ってから30日を過ぎるとレス投稿が出来なくなります。

前のページ1次のページ

関連度の高いタグ ⇒ 戦国時代 週刊誌




🌐このスレッドのURL



本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。