爆サイ.com 南関東版

芸能ニュース

ローカルルール
スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。
芸能ニュースでは芸能に関するニュースのみ作成し、それ以外のニュースは内容に沿った掲示板に作成して下さい。
※その他のニュース掲示板 ⇒ 新型コロナニュース/ 事件・事故/ スポーツニュース/ 政治・経済ニュース/ 国際ニュース/ ニュース総合
当該ニュースと関係のない画像はアップロードしないで下さい。
上記に違反した内容は削除致します。内容によっては投稿規制をさせて頂く場合が御座います。
援助交際児童ポルノ薬物売買関連投稿は刑事罰の対象です。随時監視し、発見次第厳正な処置を取らせて頂きます。
サイト健全化のため、上記違法投稿を発見された方はお問い合わせフォームより通報下さい。
削除依頼は各スレッド内下部より受け付けております。


芸能ニュースを見てる人にオススメ! ⇒ 男性芸能人/ 女性芸能人/ 音楽・歌手/ テレビ・ラジオ番組全国/

NO.9871440
back number 新曲「黄色」初披露のLIVE&TALKイベントレポート!MVも公開!!
back number 新曲「黄色」初披露のLIVE&TALKイベントレポート!MVも公開!!
■TikTok LIVE&TALKイベント開催!!
back numberが9月26日(日)20:30から自身初!! TikTok LIVE&TALKイベントを開催しました。
今春放送の日本テレビ系水曜ドラマ「恋はDeepに」主題歌の「怪盗」、2曲目にABEMAオリジナルシリーズ新作恋愛番組『虹とオオカミには騙されない』主題歌、「黄色」をパフォーマンス初披露。

そしてMCを挟んで最後に、昨年コロナ禍でインターハイが史上初めて中止となったことをきっかけに制作され、今年各配信プラットフォームで楽曲配信した「水平線」をパフォーマンスしました。
「水平線」は9/27付オリコン週間ストリーミングランキングにて2週連続1位を記録したのをはじめ、現在までに計61のリアルタイム・デイリー・ウィークリー・マンスリーチャートで1位を記録。
26日当日にYouTubeの再生回数が1億回を突破したしました。

■ライブレポート
観客のいないライブハウスの客席スペースに機材がセットされ、ライブのサポートメンバー3人がスタンバイしている。
そこにback numberの3人が登場し、早速きらびやかで印象的なイントロで始まる「怪盗」でライブの幕が明けた。
「怪盗」が終わると、清水が「TikTokライブ出られて光栄です。何よりも観てくれてほんとにありがとう。」と短い挨拶と、メンバー紹介をして2曲目でパフォーマンス初披露となる新曲「黄色」を演奏。
終わると「ありがとうございます。TikTokではチャンネル開設させてもらって間もないのでほんとに新人バンド。
(中略)混ぜてもらえたからには俺らも俺らなりのやり方でここを大事にしたいなと思って。(中略)(back numberのライブを)初めて観たって人もいると思うんだけど、結構(たくさん)曲を作って来てるから、もしよかったら掘り下げてもらえたら嬉しいなと思って。
ほんとに今日は観ようと思って今観てくれてるんだもんね。すごく嬉しいです。どうもありがとう。これからもどうぞよろしくお願いします。」と言って最後の曲「水平線」を演奏した。
ライブ披露後には 投稿動画を見ながら視聴者とリラックスしたやりとりをほど繰り広げるなどライブ配信を楽しみ初のTikTokライブを終了した。
「TikTok LIVEより」

【日時】2021年09月27日
【提供】UtaTen

#12021/09/27 03:34

ゆたぼん

[匿名さん]

#22021/09/27 03:41

黄色ブラジャー?

[匿名さん]

#32021/09/27 05:54

コイツらのウンコしてる姿や屁をしてる時を想像して

[匿名さん]

#42021/09/27 06:09最新レス

ゆゆるせねえーよ!

[匿名さん]


『back number 新曲「黄色」初披露のLIVE&TALKイベントレポート!MVも公開!!』 へのレス投稿
レス本文 必須 750文字まで:残り750文字
任意入力フォーム

お名前 任意 16文字まで
E-mail 任意
削除パス 任意 半角英数4文字
画像ファイル選択 任意
投稿前の注意
  • 掲示板あらし行為URLの記載は一回で書込み禁止措置と致します。

前のページ前のページ1次のページ次のページ

関連度の高いタグ ⇒ TikTok back number TALK 水平線



芸能ニュースを見てる人にオススメ! ⇒ 男性芸能人/ 女性芸能人/ 音楽・歌手/ テレビ・ラジオ番組全国/

このスレッドのURL



本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。