18
2023/07/13 12:58
爆サイ.com 東海版

👯‍♂️ アジア芸能





NO.10875778

独孤皇后~乱世に咲く花~ 独孤伽羅~皇后の願い~
独孤家・独孤氏
中国文化の
日本語読み
『どっこけ』・『どっこし』
中国と朝鮮での姓
主な人物
独孤信・独孤般若・独孤曼陀・
独孤伽羅・独孤羅・独孤陀・
独孤楷・独孤立・独孤成・
独孤潤・独孤蔵・独孤機・
独孤修徳(独孤修)・
独孤永業・独孤淳朋・独孤善・
独孤穆・独孤順・独孤宗・
独孤整・独孤公舜・独孤盛・

独孤声・独孤永宰・独孤俊は
親子三代から成る俳優の芸名であり本名は全氏

独孤求敗は武術家として架空小説に登場する独孤九剣を開発したとされる架空人物

タイトルのドラマで登場する独孤家は独孤信の家系
11人きょうだいの子

不順で
長男は羅
長女は般若
次男が善
三男は穆
四男は蔵
四女が曼陀
五男が順
六男は陀
七男は宗
七女が伽羅

報告閲覧数1604レス数18
合計:

#12023/01/03 15:53
>>0独孤家の起源

中国五胡十六国時代の匈奴屠(キョウドト)各種の支族部族の一つである独孤部(ドクコブ)。

匈奴キョウド
古代中国の文献によると、紀元前3世紀から紀元1世紀後半まで、東部のユーラシア・ステップに住んでいた遊牧民の部族連合体。

屠ト
カラダ等を引き裂くの意。
ほ(は)ふる(屠る)。
「そし・る」の読み方は間違い。

ユーラシア・ステップ
モルドヴァからウクライナを経て、シベリア・モンゴル・満州へ拡がり、ハンガリー・プスタに飛び地状に分布した地域。

「紀元前209年以降、最高指導者であった昌頓単于が匈奴帝国を建国した」とも中国文献に記されている。

単于センウ
匈奴を初めとした北アジア遊牧国家の初期の君主号。
因みに単于の妻のことを「閼氏(エンシ)」という。

北魏の時代に、皇室の鮮卑拓跋部(センビタクバツブ)と婚姻関係を持ち、孝文帝による漢化政策で劉氏として改姓した。
後に武川鎮軍閥に連なり、鮮卑宇文部(センビウブンブ)の北周の時代になると、独孤信(ドッコシン)ファミリーで有名な独孤姓に復姓した。
隋の初代皇帝である文帝こと楊堅の皇后となる独孤伽羅(ドッコカラ)等を輩出することになる。
劉(リュウ)は、本来「ころす」の意味だが、氏や姓では中国の地名に由来する。
その他にも、賜姓(シセイ)された京兆独孤氏(鮮卑系李氏)とと河南独孤氏等も存在しており、この流れは独孤信による独孤姓を賜ったことから由来する。
独孤信は、西魏の匈奴系軍人出身の北周時代に武将家を創立する。

[匿名さん]

#22023/01/04 17:50
>>0補足
独孤信の子の11人きょうだい
八男は整

独孤般若(ドッコハンジャク)
明敬独孤皇后・北周明帝である宇文毓(ウブンイクの后(王后)。
皇后の称号は、死後に命名。
当ドラマに登場する独孤三姉妹の独孤曼陀(ドッコパンタ)と独孤伽羅ドッコカラ)の姉。

般若心経(ハンニャシンキョウ)
正式名称は、般若波羅蜜多心経(ハンニャハラミッタシンギョウ)。大乗仏教の一つ。

大乗仏教のユーラシア大陸の中央部から東部に架けて信仰されてきた仏教の一つ。
単一の宗派を表すものではない。

[匿名さん]

#32023/01/05 21:31
>>0独孤曼陀(ドッコパンタ)
元貞独孤皇后・唐代の世祖元貞(李ヘイ※)の后(王后)・般若の妹。
※「ヘイ」は「日偏に丙」の字。
「曼陀」の名前は、般若と併せて史実であるか不明。
人物に関しては、史実であるものの(実在)、中国史劇ドラマ「独孤伽羅」関連では、名前を設定する必要性が存在する上で、架空の名前にて設定したらしい。(独孤伽羅の名は史実)

曼陀マンダトンネル
香川県道徳島県道8号観音寺佐野線にあるトンネルの名称。

中国李家による史劇ドラマであるが故に、曼陀(パンタ)と(ジャイアント)パンダを架けたか?

曼陀ラ※(マンダラ)
※「ラ」は、「四冠に夕」の字。
植物のシロバナチュウシュチョウセンアサガオの名称。
毒があるらしい。
別称の一つに「曼陀羅華(マンダラゲ)」。

[匿名さん]

#42023/01/06 18:52
>>0独孤伽羅(ドッコカラ)
文献(独孤)皇后・隋の初代皇帝である文帝楊堅(ヨウケン)の皇后(王后)・独孤信の七女。
当サイトのメインタイトルに記載したとおり、中国史劇ドラマ「独孤伽羅~皇后の願い~」と「独孤皇后~乱世に咲く花~」の主人公。
名前を含めて史実の人物。
楊堅と独孤伽羅との長女は楊麗華(ヨウレイカ)。

伽羅(キャラ)
沈香(ヂンコウ)の別名で、香木として有名。
香料の一種。伽羅木。
主にお香として使用される。

伽藍寺院(ガランジイン)
日本にある寺院でもお馴染みの伽藍。
古代インド天竺五精舎の一つに「伽藍(寺院)」がある。
天竺五精舎とは、初期仏教の釈迦在世にあった五つの寺院のこと。
軍記物語「平家物語」に登場する「祇園精舎」もこの古代インド天竺五精舎の伽藍が起源。
祇園精舎の正式名称
祇樹給孤独園精舎ギジュギッコドクオンショウジャ
独孤家は「孤独」を「独孤」にアレンジした?

独孤家は、中国の北周と隋の時代においては、武将家。

独鈷ノ滝(トッコノタキ)
兵庫県丹波市氷上町香良(・・・コウラ)の岩瀧寺の奥にある。
空海(弘法大師)伝説
弘法大師が杖で叩いた岩から、噴き出したという独鈷水で有名な城崎名物。
独鈷水の読みは、複数存在しており、「ドッコスイ」「トッコスイ」「ドッコンスイ」「オコウズイ」など。
2014年8月の豪雨災害で岩瀧寺から独鈷ノ滝に向かう道に被害、現在は再開中。
独鈷を「トッコ」と読みますが、偶然なのか独孤の韓国語の発音も「トッコ」である。
また、地名の「香良(コウラ)」についても、別の音読みで「カラ」とも読める。

>>3独孤曼陀は独孤信の四女。
般若(明敬独孤皇后)と曼陀(元貞独孤皇后)の称号に関しては、何れも当人が死去後に唐初代皇帝の李淵(リエン)により、追尊された。

また、曼陀は一部の歴史学者から、キリスト教ネストリウス派との考えもある。

[匿名さん]

#52023/01/07 19:15
独鈷杵(トッコショ・ドッコショ)
金剛杵(コンゴウショ)。
日本仏教の一部宗派やチベット仏教の全宗派で使う仏具。
仏の教えが、煩悩を滅して菩提心を表すさまを、インド神話上の武器に譬サトえて、法具とした物。

独鈷山(トッコサン)
長野県上田市にある前山寺の山号の一つ。
熊本県にある熊本独立峰山系の山。
栃木県益子町にある普門院西明寺の山号。
兵庫県神戸市北区にある鏑射寺(カブライジ)の山号。

独鈷寺(トッコジ)
福岡県新宮町にある寺院。

獨鈷ナゲ山千手寺※(トコナゲサンセンジュジ)
※「ナゲ」は、「手偏に九しんにょうと力」の字。
京都府亀岡市にある寺院。

青龍寺(ショウリュウジ)
高知県土佐市にある寺院の山号の一つである独鈷山(トッコウサン)。

独孤(トッコ)
青森県弘前市にある地名。

独鈷石(ドッコイシ・トッコイシ)
仏具の独鈷に形態が類似ないし、敲打製(コウダセイ)の石器の名。
縄文晩期頃の物。

独鈷紋(ドッコモン)
日本の着物の紋様(独鈷柄ドッコガラ)。
一本独鈷の帯が有名。

独鈷久寿餅(ドッコクズモチ)
川崎大師近くの和菓子処で販売。

独鈷山(トッコサン)
新宿区にある愛染院という寺院の山号。

温泉施設「独鈷の湯(トッコノユ)」
伊豆修善寺温泉の起源。
弘法大師(空海)が温泉を開いたとされる源泉。
現在は閉館中。

[匿名さん]

#62023/01/07 19:19
>>5訂正
独鈷の湯は営業中。

独鈷温泉「竜の湯」
長野県上田市にある。
こちらが現在閉館中。
失礼しました

[匿名さん]

#72023/01/08 19:10
>>0独孤羅(ドッコラ)
独孤信の長男・北魏から隋の代に架けての人物。
独孤信の子として生まれ、独孤信が父母妻子を捨てて、長安に入ったため、独孤羅は東魏に取り残されて高氏の虜囚(リョシュウ)となる。
独孤信が宇文護(ウブンゴ・北周の皇族と政治家・北周の創始者宇文泰(ウブンタイ)の兄である宇文コウ※(ウブンコウ・北周の宗室)の子・兄は宇文導(ウブンドウ)により暗殺されると、ようやく釈放されて中山に寓居(グキョ)した。
※「コウ」は、景偏に頁」の字。
北斉の軍人である独孤永業(ドッコエイギョウ・本姓は劉)の一族として田宅を与えられていた。
やがて北斉が滅亡すると、楊堅が定州総管になり、楊堅の妻である独孤伽羅が兄の独孤羅を捜索させて見つけ出し、初めて対面を果たした。
後に楊堅の出世により北周と隋の代に出世する。
父の独孤信の爵位「趙国公」を嗣いだ。
独孤羅の子は、独孤開遠・独孤開明・独孤開徹・独孤纂・独孤武都。

[匿名さん]

#82023/01/08 19:38
>>7
「どっこらしょ」
自分に対する、或いは相手を意識して発声する日本語の掛け声の一つ。
「どっこらしょ」の転化した言葉には、「どっこいしょ」「よっこらしょ」「よっこいしょ」「どっこらしゃ」「どっこいしゃ」「よっこらしゃ」「よっこいしゃ」がある。
「どっこいしょ」の意味・語源・由来については、大分して二つの有力説が存在する。
①相撲や歌舞伎などで使われる「どっこい」由来説。
②修験道(山岳仏教)の山伏・行者らが唱える「六根清浄(ロッコンショウジョウ)」語源説。

掛け言葉「どっこい」と「しょ」
「どっこい」を強めて「しょ」を後付け。
「しょ」は「よいしょ」「こらしょ」と同じく掛け声。
また、「どっこいしょ」は、民謡などの「噺しことば」でも使われる。

関西の掛け声である「どっこいさ」「どっこいせ」の由来の可能性もある。
「どっこら」は「どこへ」が訛った言葉との説もある。
どこへ→どっこへ→どっこいしょ

ヘブライ人やセム人のことを「ユダヤ人」と表記・表現される場合もある。
ヘブライ人が飼養したヘブライ語で「救う者」「イエス・キリスト」を「Yeshua(イシュア・イェシュア)」と言う。
これにヘブライ語の「押し退ける」「拒絶する」「退ける」という意味である「Dokheh(ドケ又はドケッ)日本語の退け(どけ)」を付けることで「どっこいしょ」が成立するという説もある。
「ドケ」と「イシュ(イェシュ)」を合わせると「ドケイシュ(ドケイェシュ)」となり、
「どっこいしょ」か?

他に、独孤羅の人物名からの「どっこらしょ」由来説、独鈷杵(トッコショ・ドッコショ・金剛杵コンゴウショ)という日本仏教の一部宗派やチベット仏教の全宗派で使う法具由来説もある。

[匿名さん]

#92023/01/09 19:38
>>0独孤善(ドッコゼン)
独孤信の次男。
明敬独孤皇后(ドラマでは独孤般若)の異母兄。文献皇后(実名の独孤伽羅)の異母兄。
時は、北周の武帝の代で、しばしば征戦に参加して戦功により出世した、西魏から北周の代に架けての軍人。
竜州の少数民族の任公忻(ニンコウキン?ニンコウコン?)である李国立らが反抗すると、竜州任刺史であった独孤善は、それを防ぐことが出来なく、一度目の失職となり、その理由から北周の朝廷は独孤善に代わり、和洪(ワコウ)を竜州任刺史に就任させた。
兄の独孤羅が東魏に取り残されていた頃までは、次男である独孤善が事実上の独孤信家の
長男であった。
そして、独孤信が謀反の疑いで死去すると、宇文護により、二度目の失職をすることになる。
やがて、宇文護の死後に、ようやく公務に復帰することになった。
40歳の時に、仕事場で倒れて死亡とされる。
後の隋の代で、「柱国(チュウコク)」の称号を与えられた。

任刺史
知事のような役職。

独孤善の子は、独孤祥・独孤覧。

[匿名さん]

#102023/01/10 21:59
>>0独孤穆(ドッコボク)
独孤信の三男。独孤陀の兄。
弟の陀が起こす「猫鬼(ビョウキ)事件」で、文帝が兄の独孤穆に独孤陀を説得させた西魏から隋に架けての人物。

猫鬼
中国にあって、日本では然程、実行されなかった「猫を殺して人を呪う呪法。
隋(581~618年)の時代に宮中で流行したそうで、あまりの呪いの応酬で禁止されたが、密かに宋(960年~)の時代まで続いたとされる。麻緒(マオ)と菜花を呪う最凶の猫の蟲毒で、尾が七又に分かれている。
一人称は、「儂(ノウ)」。
人の身体を乗っ取り生きる。
灰丸が変幻姿。
猫を使うまじない。
隋書、外戚、独孤伝にも記載されている。

猫鬼事件
『北史』の独孤ダ※伝によると、独孤陀は左道を好んだ。
※「ダ」は、「こざと偏と、施の方偏のない字」。略字では「陀」。
彼の外祖母である高氏は、かつて猫鬼に仕えていた(『隋書』独孤ダ伝にも「かれの妻の母がかつて猫鬼に仕えていた」と記載されている)。
猫鬼は高氏の子である郭沙羅を殺し、転じて独孤家に入家したという。
文帝は、この出来事を信じなかったらしい。
偶然にも文献独孤皇后(独孤伽羅)と楊素の妻である鄭祁耶(テイキヤ?テイケイヤ?)が病に掛かり、医者を召し出して診察させたところ、ともに「
これは猫鬼の病です」と言われた。
文帝は、独孤陀が文献独孤皇后の異母弟であり、且つ独孤陀の妻が楊素の異母妹であることから、これは独孤陀の仕業ではないかと不信に思い、密かにその兄の独孤穆に独孤陀を説得させた。
文帝は、側近たちに独孤陀を批判するのを止めさせた。
しかし、独孤陀は、文帝に応えようとせず、文帝は不快に思い、独孤陀を遷州刺史(センシュウシシ)に左遷した。
すると、独孤陀が文帝への恨み言を発したとの噂が朝廷に伝わり、文帝は事件を側近たちに命じて究明させた。
その結果、独孤陀は死罪を免れたが、官爵を剥奪されて民となり、その妻の楊氏は尼とされた。
独孤陀による事件後、文帝は猫鬼を行ったと訴えられた家の人を処刑したとされる。

[匿名さん]

#112023/01/11 18:48
>>0独孤陀(ドッコダ)
独孤信の六男。
西魏から隋に架けての人物。
猫鬼事件を起こしたとされた有名な人物。
猫鬼事件発覚前、宇文護が殺害されて長安に戻る。
猫鬼事件後、程なくして死去した。
隋の第二代皇帝である煬帝(ヨウダイ・楊堅の次男)が即位すると、「正義大夫」の位を追贈され、後に「銀青光禄大夫」の位も贈られた。
独孤陀の子は、独孤延福・独孤延寿。

[匿名さん]

#122023/01/24 20:49
>>0
独孤蔵(ドッコゾウ)
独孤信の四男。
孫が独孤修徳。
子は独孤機。
隋の末期から唐初期に架けての人物。

独孤順(ドッコジュン)
独孤信の五男。
隋末期から唐初期に架けての人物。

独孤宗(ドッコソウ)
独孤信の七男。
隋末期から唐初期に架けての人物。

独孤整(ドッコセイ)
独孤信の八男。
隋末期から唐初期に架けての人物。

[匿名さん]

#132023/01/25 20:01
>>0独孤楷(ドッコカイ)
独孤信の養子。
独孤楷の父である李屯が独孤信家系の養子になり、独孤屯になったことに因る。
北周から隋に架けての軍人・政治家。
李屯(独孤屯)が、北魏の孝文帝による漢化政策で漢化した戦卑の末裔である。
李屯は、東魏の実力者高歓に従って、沙苑で西魏軍と戦ったが、敗れて独孤信に捕らえられて、独孤氏の姓を与えられたことにより、独孤信の養子になる。
独孤楷の子は独孤凌雲・独孤平雲・独孤滕雲・独孤卿雲・独孤彦雲。
弟の独孤盛(セイ)は、武人として誠節で有名。

[匿名さん]

#142023/01/26 20:38
>>0追加
貞懿独孤皇后(テイイドッココウゴウ)
独孤楷の玄孫に当たる独孤穎(ドッコエイ)の娘。
祖先の本姓は鮮卑系李氏。
唐代宗の貴妃。

独孤立(ドッコリツ)
朝鮮の将軍。
独孤成(ドッコセイ)
朝鮮の将軍。
独孤立の弟。

独古潤(ドクコジュン)
大韓民国大学教授。

独孤家の朝鮮氏族
本貫は、中国起源の南原独孤氏が大多数。
南原という地名がある現在の中国河南省に因る。
始祖は、唐の八学士の一人である新羅に帰化した上述した河南独孤氏一門でもある独孤公舜(ドッココウシュン)。
独孤公舜の子孫には、独孤信も含まれる。
他に広陵独孤氏・義州独孤氏・春谷独孤氏がある。


独孤修徳(ドッコシュウトク)
中国の独孤家で、隋末唐初の人物。
會祖父は独孤信。
祖父が独孤蔵。
父は独孤機。
中国史書「旧唐書」では「独孤修」と明記。
他に独孤永業(ドタコナリワザ?)・独孤淳朋(ドッコジュンホウ?)・独孤敗(ドッコハイ?)など。

[匿名さん]

#152023/01/27 20:30
>>4追加
伽羅御所
かつて岩手県平泉町平泉伽羅楽に存在した奥州藤原氏の居館。
現在の岩手県奥州市に復元された観光施設「えさし藤原の郷」の敷地内にある。

「伽羅寺院」は、「ガラジイン又はガランジイン」と読む。

「独孤」は、青森県弘前市にも地名として現存する。

[匿名さん]

#162023/03/16 23:48
意地悪だけどバンタの芝居上手ワクワクしてきます✌️

[匿名さん]

#172023/04/18 19:02
>>4関連伝記書物
通称は独孤伝
隋書 巻三十六列伝第一后妃「文献独孤皇后伝」
隋書は古代中国隋代を扱った古代歴史書物。
志の部分は通史。

北史 巻十四列伝第二后妃下「隋文献皇后独孤氏伝」
北史は古代中国北朝について書かれた古代歴史書物。
李大師編せん、その子の李延寿で完成された古代歴史書物。

[匿名さん]

#182023/07/13 12:58最新レス
>>4独鈷ノ滝
他に北区王子にある名主の滝公園や目黒区下目黒にもあり。

[匿名さん]


『独孤皇后~乱世に咲く花~ 独孤伽羅~皇后の願い~』 へのレス投稿
レス本文 必須 750文字まで:残り750文字

スタンプ

NEW!
任意入力フォーム

お名前 任意 16文字まで
E-mail 任意

※削除パス機能は廃止しました。
会員は、投稿から24時間以内であれば削除パスなしで
削除できます。
詳しくは「削除パス廃止のお知らせ 」をご覧ください。
今すぐ会員になる

📘 ローカルルール
📌スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。
📌スレッドは立てる前に、重複していないか確認してから立てて下さい。重複スレッドは削除対象となります。
📌重複スレッドを発見した場合は、スレッド下部にある「重複スレの報告」フォームよりご連絡下さい。
📌芸能に関係しないスレッドは削除・移動対象となります。
投稿前の注意
  • 掲示板あらし行為URLの記載は 一回で書込み禁止措置と致します。


前のページ1次のページ



🌐このスレッドのURL