爆サイ.com 東海版

🚘自動車総合

ローカルルール
スレッドは立てる前に、重複していないか確認してから立てて下さい。重複スレッドは削除対象となります。
スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。
メーカーや車種については自動車メーカー・車種に書き込みして下さい。
誹謗中傷にあたる書き込みは利用規約違反になりますのでお止め下さい。
重複スレッドを発見した場合は、スレッド下部にある「重複スレの報告」フォームよりご連絡下さい。
売ります・買います等の書き込みは禁止となります。左記の書き込みを発見しましたら、削除依頼より通報して下さい。


自動車総合を見てる人にオススメ! ⇒ 自動車メーカー・車種/ モータースポーツ/

NO.9545713
中国製「空飛ぶクルマ」、岡山で屋外試験
「空飛ぶクルマ」の屋外試験飛行が4日、岡山県笠岡市の笠岡ふれあい空港で行われた。高度約30㍍に浮上し、全長550㍍を折り返して5分間安定して飛行した。プロジェクトを進める水島臨海工業地帯(岡山県倉敷市)周辺の企業有志は、瀬戸内の離島や中山間地へモノや人を運ぶために空飛ぶクルマやドローンが飛び交う将来像を描く。

試験飛行に取り組んだのは岡山県倉敷市水島地域への航空宇宙産業クラスターの実現に向けた研究会である一般社団法人MASC 。中国の「イーハン」社製の機体を用い、同社の協力を得て実現した。

MASCは航空宇宙産業への参入などを見据えて瀬戸内エンジニアリング(倉敷市)などが2017年に結成し、現在は約50の企業・団体が加盟する。これまでドローンを用いたプラント点検などの実証実験を重ねてきた。

空飛ぶクルマの明確な定義はないが、電動またはハイブリッドで動く、垂直に離着陸する、人が乗れる大きさなどが特徴だ。法整備は日本を含む各国で途上の段階で、2025年前後の実用化が見込まれている。国内での試験飛行は屋内では例があるが、屋外では初めてという。

大阪万博が開かれる25年に照準を合わせて「瀬戸内『弁天』プロジェクト2025」という構想を掲げ、瀬戸内海沿岸の地域や島々での空のネットワーク作りをめざしている。試験飛行の成功を受け、MASCの桐野宏司理事長は「感激して心の中では泣いていた。大阪万博で空飛ぶクルマを使った何らかの形を示していきたい」と話した。

#12021/07/04 11:28

これ日本製でありたいよね

[匿名さん]

#22021/07/22 10:53

日本導入が早い

[匿名さん]

#32021/07/22 13:01

空飛ぶ車自体はそれほど難しくない。ただ実用化ではなく実用性という面が難しい。
空を飛べば墜落するだけで大事故になるし、皆が飛び回れば目茶苦茶なことになる。

[匿名さん]

#42021/08/28 13:33

日本メーカー何やってるのか

[匿名さん]

#52021/09/23 19:04

日本どうしたんだ

[匿名さん]

#6
この投稿は削除されました


『中国製「空飛ぶクルマ」、岡山で屋外試験』 へのレス投稿
レス本文 必須 750文字まで:残り750文字

スタンプ

NEW!
任意入力フォーム

お名前 任意 16文字まで
E-mail 任意
削除パス 任意 半角英数4文字
投稿前の注意
  • 掲示板あらし行為URLの記載は 一回で書込み禁止措置と致します。


前のページ前のページ1次のページ次のページ


自動車総合を見てる人にオススメ! ⇒ 自動車メーカー・車種/ モータースポーツ/

このスレッドのURL