爆サイ.com 東海版

創作・携帯小説




創作・携帯小説を見てる人にオススメ! ⇒ PC・パソコン/ ケータイ/ マンガ・漫画家/ アニメ/

NO.790970
すれ違う思い
初小説書かせていただきます
誤字、脱字、要望など02
アドバイスたーっくさんもらえればいいな(笑

・雑談ゎ少しならOK
・荒らしゎダメ
・アドバイスゎいいけどバカにしないで
この3つが守れる人に限ります。


これから書く小説の説明をちょっとだけ・・・。

大葉(おおば)ひなこ→この物語の主人公。そこらへんの男子よりも男前。なぜかモテル。

岩崎航平(こうへい)→ひなこと同じクラス。2年前までひなこと
両想いだった。

田中敦(あつし)→ひなこのことが好き。学年ゎひなこより1つ下。

桜田(さくらだ)あんな→ひなこの親友。そして、航平と部活が一緒。航平のよき相談相手。

ひなこ、航平、あんなゎ中3。
敦ゎ中2です。

中3の三人ゎ名前の最初を取って、敦ゎ敦のままで
書きます☆それと、途中新しい名前等が出てくると思います。
その人達ゎその場で軽く説明します(笑

次からスタート♪
(長々のすみません)

#12009/12/24 20:15

ぅち…実ゎ敦のこと好きなんだ。まだハッキリ言えないけど。
よくゎかんないけど、迷ってる自分がいるんだ。
そのうち、あんなにも言うつもりだけど…。

あ:今日ゎ私から報告っ。
ひ:なになにっ??
あ:なんと、好きな人ができましたっ。。
ひ:まじぃ?あんな、彼氏に振られたことずっと引きずってたから
一生好きな人できないと思って心配してた(笑)で、誰??
あ: こ…。
ひ:こ?
あ:航平クン///
ひ:こうへい〜〜!!!!!!
あ:シーッ。。声でかいよ。ひなこ。
ひ:ゴメン02。

その時、ぅちゎ…ぅちゎ…。
よくゎからない気持ちになった。

あ:応援してくれるよねっ。。

ぅちゎ迷った。何故だろう…。本当に応援していいのだろうか?
自分ゎ胸を張ってあんなのことを応援出来るだろうか?
そんな迷いが自分の心のどこかにあった。

ひ:うんっ。いいよ♪
あ:ありがとう☆ひなこ大好きっ。(と言って抱きつく)
ひ:暑苦しいって。どいて02。
こ:おめぇどけよ。このノッポがぁ!!
ひ:あぁ?うっせーんだよ。しかも、テメーがチビなだけだろ!
あれれぇ?小さすぎて見失っちゃったよぉ。。
こ:黙れ02!
ひ:お前が黙れ!地球のためになるぞ。
こ:チックショー。。。。

航平とぅちゎいつもこんな感じ。
昔両想いってこともあってかな…?
で、なんか今ゎ恋の相談相手にもなっちゃってる(笑

あ:ねぇ、私のこと忘れてない?
ひなこ、話あるから一緒に帰ろう。
ひ:う…うん。



今回ゎこんな感じ。
複雑な(わかりにくい)話ですが・・・。
また更新します♪

[ミナミ◆koGK0mzA]

#22009/12/25 16:01

あ:話あるから一緒に帰ろう。
ひ:う…うん。

あ:ねぇ、ひなこ、正直に答えてね。
それによって話す内容変わるから。
ひ:うん…。
あ:あのさぁ、単刀直入に言うけど…
ひ:(ドキっ)
あ:航平君のこと好き?
ひ:えっ?
あ:だから、航平君のこと好き?
ひ:何で?
あ:だって、昔両想いだったんでしょ。
ひ:そうだけど…。
あ:しかも、すっごい仲いいし。
ひ:それゎ…、「仲がいい」じゃなくて「喧嘩してる」んだよ?
あ:そうにゎ見えない。
ひ:……
あ:で、好きなの??
ひ:嫌い……。
あ:・・・そう。

まるで、あんなゎぅちの心を見透かしているような口調だった。

ひ:それで話って?
あ:それゎまた明日♪
ひ:はぁ???
あ:〜♪

なんだったんだろう。なぜか嫌な予感がした。
よくゎからないけど…。



続くっ

[ミナミ◆koGK0mzA]

#32009/12/25 16:06

ミナミc,うまいね 続きまってるよ。この恋かないますかのところにもぜひきてください

[栞]

#42009/12/26 09:36

結局あんなゎ話をしてくれなかったけど、
今聞かなくてよかった気がする。

〜次の日〜

ひ:あぁ、早く来すぎちゃった。部活ないの忘れてた。
?:何してんの?
ひ:誰!?
敦:僕だよ。2年の敦。
ひ:あぁ。…で、何?
敦:いや…特に。
ひ:まぁ、いいけど。

こうして意味のない会話を…
どれ位だろう。きっと30分位していたと思う。

こ:よぉ〜、敦ぃ♪
ひ:うゎっ。タイミングわるっ!
こ:あれ?邪魔しちゃった感じ??
ひ、敦:全然!!///
敦:で、どうしたの?
こ:どうって、もう登校の時間じゃん。
敦:そんなに!
ひ:ぅち達結構話してたんだね(笑

敦と話してると時間が忘れられる。
しかも、カワイイww
もしかして、これって恋?

敦:じゃぁ、僕教室戻るね。
ひ、こ:おぅ。

こうして朝の時間が終わり、授業も寝過して終わった。

〜下校〜

放送:全校のみなさんゎ速やかに下校してください。

こ:敦がひなこのこと好きだって。

そう言ってきたのゎ航平。

ぅちゎ考えてもいなかった。
これから先、あんな人生が待っているとゎ…。


続くっ

[ミナミ◆koGK0mzA]

#52009/12/26 21:30

こ:敦がひなこのこと好きだって。
ひ:はぁ?誰から聞いたの?
こ:章吾。

章吾ゎ敦の大親友。(章で書きます)

ひ:嘘に決まってるジャン(笑

正直、信じてみたかった。
でも、嘘だと思った。今まで仲よくしてた敦が好きだなんて
ありえなかった。

あ:航平君、それ禁句だよ。

って事ゎマジで好きなの??
意味わかんない。

ひ:ぅちゎ信じないから。
こ:まぁ、そのうちゎかるから。

そして、1日が無事に終わり(?)
放課後。
廊下を歩いていると…。

章:おい!
ひ:ん?
章:敦がお前のこと好きだってよ。
ひ:ふーん。
章:驚かねーの?
ひ:うん。
章:あっそ。まぁ、がんばれよww
ひ:うっせーんだよ!!
章:ふー。。こえ〜

やっぱり本当だったんだ。
いっそ、ぅちも好きになっちゃおうかな…。

ひ:あ!!そーいえば、今日敦と遊ぶ約束してたんだ!

それゎ朝、航平が来るちょっと前。

敦:ねぇ、今日空いてる?
ひ:うん。
敦:今週部活ないし、ちょっと遊ばない?
ひ:うん!!いいね!
敦:よし!決まり!じゃぁ、桜公園に集合ね。
ひ:OK!!

なんて会話をしてた。
ってかやば!
もう敦来てるかも。。。

ひ:はぁ、はぁ。

その後、急いで家に帰り集合場所の「桜公園」になんとかついた。

敦:おそっ。
ひ:ごめん。忘れかけてた(笑
敦:おいww
ひ:(聞いてみようかな…好きな人)
敦:どうした?ボーっとして。
ひ:ぅん。ちょっと。
敦:そ・・・っか。
ひ:それよりさぁ、
敦:なんだ?
ひ:敦って好きな人とかいる?

答えてくれるかゎからなかったけど
これて全てゎかるんだと思うと聞いてみたくなった。
まさか、この答えでぅちの人生が変わるとゎ…。



続くっ

[ミナミ◆koGK0mzA]

#62009/12/26 21:33

みなみc,がんば

[栞]

#72009/12/26 21:50

栞>ありがとうございますっ。
栞sゎ小説書いてますか?

[ミナミ◆koGK0mzA]

#82009/12/26 22:10

一応,かいてるけど・・・荒らしに読みにくいって文句つけられちゃって・・・今,やめようかと・・・考えてる所です・・・うわもうあの荒らしむかつくうううううあっごめんねみなみcもがんばって楽しみにしてるね

[栞]

#92009/12/26 22:55

栞>荒らしなんか気にしなくていいんだよ。栞cゎ栞cらしいのを
書けば・・・。って、初心者なのに上から目線でごめん。
見てみたいな♪教えて♪

[ミナミ◆koGK0mzA]

#102009/12/27 00:04

ひ:敦って好きな人いる?
敦:え!?//
ひ:だ、か、ら、好きな人いるぅ??
敦:いないよ。。
ひ:…そう…だよね。(小声で)よかった。
敦:ん?なんか言ったか?
ひ:なにも言ってないよ(汗
敦:ならいいけど…。

やっぱり嘘じゃん。
なにが「敦がひなこのこと好きだって」だよ。
航平のバーカ。

敦:やっべ!雨降ってきたぞ!
ひ:うわぁ。マジかよ。。
敦:どうする?
ひ:あ!近くに住宅ハウスあるから雨宿りさせてもらおう♪
敦、家好きでしょ?
敦:うん。僕将来自分で家建ててみたいんだぁ。
ひ:そうなんだぁ。じゃぁ、行くか☆

ひ:着いたぁ。
敦:どの家にする?
ひ:迷うなぁ…。
敦:じゃぁ、その家!
ひ:OK♪

ひ:あのぉ…
?:はい。
ひ:雨宿りさせて頂けませんか?ついでに中を見たいんですが…。
?:はぁ…。二人ゎどーゆー関係で?
ひ:どうって…。兄弟ですけどっ。
敦:!!!!!
ひ:(>−・) 


続く。変なところで終わってすいません。

[ミナミ◆koGK0mzA]

#112009/12/27 01:56

?:家近いの?
ひ:まぁまぁってところです。
?:じゃぁ、あっちのヒーター付いてる部屋で休みましょう。
ひ:それならいいです。ありがとうございました。



ひ:ったく。家目的で入ったのに…。
敦:てかっ、兄弟ってなんだよ!
ひ:兄弟ゎ兄弟だよ(笑
敦:そうじゃなくって…
ひ:だって、変に思われると嫌じゃん。
敦:そ…そっか。

・・・・・

ひ:(空気重っ。なんか話さなくちゃ)
ひ:もう一回聞くけど、好きな人いないんだよね…。
敦:う、うん。
ひ:ごめんね。しつこくて(笑
敦:誰にも言わないか?
ひ:え?何を??
敦:好きな人。
ひ:うん…。
敦:3年5組。
ひ:年上っ!しかも、ぅちと同じクラスじゃんwww
ひ:えーっと…、あんな??
敦:なんでだよ!
ひ:だって仲良しじゃん♪
敦:ちげーよ。
ひ:じゃぁ、他にいなくない?
敦:いるよ。
ひ:誰02。。
敦:……お前だよ/////

ぅちゎ、忘れていた。今日の出来事を。
その時ゎただ、純粋に好きな人を聞きたかった。
神様、これが恋ですか?



続くっ

[ミナミ◆koGK0mzA]

#122009/12/27 21:16

敦:お前だよ/////
ひ:え〜〜〜!!マジでっ。
敦:ごめん。嫌だったな///
ひ:そーゆことじゃなくて、ただ驚いただけ。
敦:で、ひなこの好きな奴ゎ?
ひ:ぅっ、ぅち!?
敦:うん。
ひ:秘密だよ。
敦:はぁ!?
ひ:まぁまぁ。
敦:まぁ、いいや。

………

敦:ヤッベェ!もうこんな時間。
ひ:うゎ!ホントだ!
敦:ヤバい。雨降ってんのに…。
ひ:送ってあげようか?遠いでしょ。
敦:大丈夫。
ひ:だめだよ。途中まで行く。
敦:いいって。
ひ:止んでから帰る?
敦:いいよ。じゃぁバイバイ!
ひ:風邪ひいても知らねーからな!
敦:ひかねーよ。
ひ:明日学校休むなよ。
敦:おぉ。

なぜ好きな人を聞かれたとき答えられなかったのだろう。
その時、心に浮かんだのゎ敦だけでゎ無かった。
そこにゎ、敦と航平がいたから答えられなかったのかもしれない。

〜次の日〜

章:敦とラブラブ♥
ひ:はぁ???
こ:敦とどう??w
ひ:はいぃぃぃぃ???

学校に行ってみると章吾と航平が妙なことを言った。

章:両想いだっけ?
ひ:ちげーよ。
こ:ちがったの?
ひ:ちがうって言ってんだろ。
こ:だって前カワイイって言ってたじゃん。
ひ:カワイイと好きゎ違うだろ(笑
こ:そうか?
?:ッツ
ひ:あぁ????????????

誰かがぅちの横で舌打ちをした。

ひ:誰だアイツ?調子こいてんじゃねーぞ!
章:オレ(敦)のクラスの女子。
ひ:意味ゎかんねーし。
章:敦もてるもんなぁ。
ひ:どーゆーこと?
章:ヤキモチってやつ?
ひ:は?
章:もう噂が広まってるってこと♪
ひ:……。
こ:ざんねーん。
ひ:……………。
ひ:一人にさせて。


〜保健室〜

ひ:(何?どーゆー意味?ぅちゎ昨日好きって聞いたのにもう噂広まってるの?)
T:ひなこs、大丈夫ですか?
ひ:…もうちょっと休ませてください。

ひ:(ありえない。これって、このまま行くと、
いじめられるの?…って、先輩をいじめるゎけないか。
どーすればいいの?意味わかない。)

ガラッ。

ひ:航平!?
こ:ったく。心配掛けんな。
ひ:勝手に心配するなよ。
こ:あぁ。
放送:保健の○○先生、事務室までおいでください。
T:あら。私だゎ。
ひ:行くんですか?
T:えぇ。航平君ちょっと見ててください。
こ:はぁ????オレがぁぁぁぁぁぁ????
T:しょうがないでしょ。男なんだからしっかり。
こ:しょうがねぇなぁ。。


続く

[ミナミ◆koGK0mzA]

#132009/12/29 13:56

こ:ったく。何でオレがお前なんかを・・・。
ひ:いぃじゃんかぁ。
こ:よくねーよ。
ひ:じゃぁもういいです。さようなら。
こ:・・・。ごめん02.ってか、何で保健室にいるんだぁ?
ひ:もとぁと言えばアンタと章吾悪いんだよ!
こ:はぁぁぁぁぁあ?
ひ:もういい。

なんだろう。急に涙が・・・。
とまらない。いや、止められない。
なんで?学校で泣くなんてありえない。
航平、気づいたかなぁ。気づかないでほしいけど・・・

こ:な、何泣いてんだよ。
ひ:は?泣く分けない・・・ヒッ・・・じゃん。
こ:・・・。わぁったよ。
ひ:?
こ:オレゎなんも見てねぇ。
ひ:あり・・・がとぅ。

なにこれ。ツンデレ?優しすぎだよ。
それ以上優しくしないでよ。
期待しちゃうじゃん。
だって、他の子にこんなに優しくしたところ、
見たことないよ。

ひ:いいことあった?
こ:なんで?
ひ:いつもより優しいじゃん。
こ:「いつもより」じゃなくて、「いつも」優しいの。
ひ:っそ・・・そっか。
こ:・・・でさぁ、無理に教えろとゎ言わないけど、
なんで保健室にいるんだぁ?

航平になら話せると思った。
だって、・・・何年一緒にいるんだろう。
なんだかんだ言って、小学1年の時から一緒に
いるじゃん。

ひ:今日の朝、章吾と航平がぅちに言ったこと覚えてる?
こ:あぁ。
ひ:あのこと。
こ:?
ひ:敦のためにも、ぅち、この学校にいちゃいけないな、って。
こ:なんで?
ひ:だって、敦と同じクラスの女子に舌打ちされたでしょ?
こ:うん。
ひ:もし、ぅちのせいで敦がいじめられたらどうしようって。
こ:バーカ。
ひ:え?


続く。
へんなところで終わってすみません。
また続き書きます。

[ミナミ◆koGK0mzA]

#142009/12/29 14:27

生意気だって言われるかもしれないですが、
人がしゃべっているところは「」をつけてもらえると読みやすくていいのですが…
あっ…嫌なら別にしなくていいので。
それでは失礼します。

[恋歌◆nx2352UA]

#152009/12/29 20:56

恋歌s>生意気だなんて思いませんよアドバイスありがとうございます。これから「」つけますね

[ミナミ◆koGK0mzA]

#162009/12/29 21:39

こ:「バーカ」
ひ:「え?」

こ:「敦ゎお前のこと好きなんだろ?」
ひ:「・・・多分」
こ:「なら、お前がいなくなったらアイツどう思う?」
ひ:「わからないよ・・・そんなこと」
こ:「じゃぁ、もしお前の好きな人が急に目の前から消えたら?」
ひ:「やだ・・・さみしいよ」
こ:「だろぉ?敦も一緒だよ」
ひ:「・・・うん」
こ:「なーんて、たまにゎカッコいいことを言ってみた(笑
ひ:「・・・ありがとう」
こ:「おぉ。それに、前がいなくなったら俺のケンカする相手いなくなるだろ」
ひ:「そう・・・だね(笑
こ:「まぁ、がんば」

航平の言葉のおかげで少し安心した。
いつも冗談しか言わない航平なのにこの日ゎ真面目だった。その顔が少し照れくさそうにも見えたけど。

こ:「で、どうする」
ひ:「何が?」
こ:「教室戻んの?」
ひ:「う・・・ん」
こ:「ったく、しょうがねーなぁ」
ひ:「ふぇ?」

その時航平ゎ、ぅちの手を握ってくれた。
ビックリしすぎて声が裏返ってしまった。

こ:「行かねーの?」
ひ:「(^▽^)行く!」

そして、誰もいない廊下を、手をつなぎながら走った。
教室に着くのが少しもったいない気もしたけど・・・。

こ・ひ:「ハァ・・・ハァ・・・」
こ:「よし。入るか」

その言葉と同時につながれた手ゎ、まるで
神様に「結ばれてゎいけない」と言われたかのように
離れていった。

T:「おぉ、大葉、大丈夫か?」
ひ:「あ・・・はい」
こ:「先生!コイツなら大丈夫っすよ。男勝りのコイツがケガとか病気とかするわけないと思うし(笑」
ひ:「んだとぉ?何様のつもりだぁ」
T:「まぁ、その調子なら大丈夫か」
教室の生徒:「ははっはははっは」

そんな中、あんなゎ一人笑うこともなく、ただぅち達を見つめていた。

〜下校〜

あ:「ひーなこっ、一緒にかえろ♪」
ひ:「うん。いいよ♪」

あ:「ねぇひなこ、何で今日航平君と二人で教室に戻ってきたの?」
ひ:「えっ・・・偶然会ったんだよ。教室に戻るとき」
あ:「ふーん」
ひ:「それが、どうかした?」
あ:「ひなこって、航平君と両思いだったんだよね」
ひ:「昔ね」
あ:「より取り戻したりしないよね?」
ひ:「あ・・・あったりまえじゃーん」
あ:「うん。そっか。そうだよね」

何でウソを付いたんだろう。
あんな奴、どーでもいいのに。
「保健室来てくれたんだ」って素直に言えばよかった。
何でその一言が言えなかったんだろう。

あ:「明後日(日曜)遊べる?」
ひ:「う・・・うん」
あ:「じゃぁ、1時に学校で♪」
ひ:「OK」

〜日曜日〜

ひ:「あんな〜〜〜」
あ:「ひなこ遅いぃ」
ひ:「ごめん02」
あ:「どこ行く?」
ひ:「子供公園行かない?」
あ:「いいよ♪」

〜子供公園〜

ひ:「ここのあづまや落ち着くよね」
あ:「・・・そう?」
ひ:「昔ここを汚したクソがいるけど・・・」
あ:「え?」
ひ:「あぁ、なんでもない」
あ:「じゃぁ、恋バナでも☆」
ひ:「好きだよねぇ・・・」
あ:「女の子ゎ皆好きだよ。一人を除いて(笑」
ひ:「いいじゃんかよぉ」
あ:「はいはい」
あ:「じゃぁ、まず質問」
ひ:「ん?」
あ:「好きな人できた?」ひ:「/////]あ:「あれぇ。珍しいじゃん」ひ:「な・・・なにが///」あ:「いつもなら「いねーし」とか言うくせに」ひ:「い、いねーし」あ:「わかりやすっ」ひ:「うっせー///」あ:「で、誰なの?」続く

[ミナミ◆koGK0mzA]

#172009/12/29 21:44

↑読みづらくてすみません

[ミナミ◆koGK0mzA]

#182009/12/30 16:57

あ:「で、誰なの?」

ひ:「誰にも言わない?」
あ:「当たり前♪」
ひ:「・・・あ・・・」
あ:「いうえお」
ひ:「もう!バカにしないで」
あ:「ごめん02」
ひ:(こうなったらヤケクソ!)
ひ:「あ〜つ〜し〜・・・敦が好きだぁ!!」
あ:「・・・ってことゎ両思い!」
ひ:「シーーー」
あ:「ひなこの方が声でかかったよ」
ひ:「////」
あ:「てか、真面目に両思いじゃん!」
ひ:「う・・・うん」
あ:「よかったね☆」
ひ:「・・・あのね、告られたんだ」
あ:「知ってる」
ひ:「はぁ???なんで?」
あ:「田中に聞いた」
ひ:「???」
あ:「さすがにこれゎ言いにくいじゃん♪」
ひ:「ちょちょちょっとまって」
あ:「いくらでも待ちます」
ひ:「二人ゎどういう関係?」
あ:「んー。。相談相手?見たいな感じ」
ひ:「それさきに言ってよぉ・・・」
あ:「あは☆」

この、胸にたまるモヤモヤしたものゎなんだろう。
ぅちゎ本当に敦が好きなのか?
航平が・・・って、そんな訳ないよ。
それゎ昔のことだもん。
意味ゎかんないよ。



続く☆

今日ゎ短めで・・・
また今日のうちに投稿します。

[ミナミ◆koGK0mzA]

#192009/12/30 22:11

すれ違う思い番外編

〜ひなこの過去〜

子供公園のあづまやを見ていると
1年前の出来事を思い出す。
あのあづまやをけがしたDゎ今何しているのだろう。
そして、ぅちが恋したKゎ今も女遊び
をしているのだろうか。

それゎ1年前、ぅちが中2だった時の出来事。
いつもと同じように、違うクラスの親友
Iと帰っていた。
するといきなり

?:「お!そこのクールな子!かわいいじゃん」

突然二人組みの男の一人が
ぅち達二人に向かってそう言ってきた。
その声ゎアパートの自転車置き場から。
二人で出かけるところだったのだろう。

ひ:「誰のことだよ」
?:「君のことだよ!」
ひ:「・・・(無視」
I:「アイツってさぁ女好きで有名なK先輩だよ」
ひ:「知るか」

正直うれしかった。
でも、Iの言葉を聞いた時、一瞬にして
その心ゎ冷え切った。

〜次の日〜

自習というつまらない授業を抜け出し、
ぅちゎ図書館に行った。
・・・そこにゎK先輩と・・・もう一人、昨日
一緒にいた男がいた。

K:「お!偶然。もしかして追っかけてきたの?」
ひ:「・・・(無視」
K:「そうツンツンすんなよ」
ひ:「・・・(無視」
K:「おい!聞いてんの?」
ひ:「・・・いい加減にして!こっちゎね、
本を読んでるの!」
K:「お前、いい度胸してんじゃん」
ひ:「度胸も何も、大切な読書をアンタとの
会話で終わらすなんてたまったもんじゃねーよ」
K:「なぁ、オレのこと知らねーの?」
ひ:「知りたくねーし」
K:「ふーん・・・それ以上逆らうといじめるよ?」
ひ:「どうぞご勝手に」

そう言うとK先輩ゎぅちの腕を掴み
床に押し付け耳元でこうささやいた。

K:「ねぇ、アンタ頭いいらしいじゃん」
ひ:「・・・ッツ・・・」
K:「SEXの事について教えてよ」
?:「オイオイ、まだ2年だし、それ位にしとけ」

もう一人の男がそう言った。

K:「おぉ。Tにしてゎ優しいじゃん」

どうやらT先輩というらしい。(以後Ts)

K:「散々オレに言ってきたんだ。ただで帰す
わけにゎいかねー」

そう言ってぅちの口の中に無理矢理舌を入れた。

ひ:「・・・ッン・・・ン・・・」
K:「いい声してんじゃん♪」

そう言うと次ゎお腹から手を入れ、
その手ゎ背中に伸び、ブラのフックに手を掛けた。

ひ:「!!」
K:「謝れよ」
ひ:「っテメーっ」
K:「そーゆー口の利き方していいの?」

そう言ってフックをはずした。

ひ:「ご・・・ごめん///」
K:「・・・意外と素直じゃん」
ひ:「///ッ」
K:「しょうがねーなぁ。許してやるよ」

何者??コイツ何?なんなの?
ムカツク。。。

K:「じゃぁ、またね」

そう言って図書館を出てった。
もちろんぅちゎ完全無視。

ひ:「はぁ・・・何だったの?」

[ミナミ◆koGK0mzA]

#202009/12/30 22:12

〜図書館の外〜

K:「あぁ・・・Tどーしよー」
Ts:「何が?」
K:「オレやったの初めて」
Ts:「知ってる」
K:「何でやっちゃったんだろ・・・」
Ts:「オレが毎日話してるからやりたく
なったんじゃね?」
K:「んな事ねーよ」
Ts:「じゃぁ知らねー」
K:「明日アイツにあわせる顔ねーじゃん///」
Ts:「なに後輩一人にてこずってんだぁ?」
K:「べ・・・別に」
Ts:「恋しちゃったのw??」
K:「バ・・バーカ」
Ts:「つーか真面目な話、お前らしくないぞ?」
K:「んなことわかってらぁ」
Ts:「マジどうした?」
K:「知るか!」
Ts:「まぁ、初にしてゎよくできてたぞ★」
K:「///バーか!!」

その頃教室でゎ・・・

T:「おい!大葉ゎどこ行った!!!」
あ:「(ヤバイよひなこ!先生戻ってきてる)」
こ:「(アイツ何してんだ?)」

ガラガラッ

T:「おい!何してたぁ!」
ひ:「特に何も・・・保健室に・・・」
T:「手に持ってるのゎ何だ?」
ひ:「(やっべ!)エーット・・・」
T:「答えられんのかぁ?」
ひ:「保健室の先生から・・・もらったんです」
T:「あぁ?」
ひ:「バランスのいい食事とりなって」
T:「???」
ひ:「そうすれば病気なんないよって・・・」
T:「そうか。座れ」
ひ:「(セーフ)」

〜下校〜

I:「今日授業抜け出したんだって?」
ひ:「何で知ってんの?」
I:「なんとな〜く♪」
ひ:「はぁ??」

親友のIにも、あんなにも今日のことゎ
いえなかった。

ぅちゎ、家に帰って犬の散歩をしようと思った。
そして、外に出た瞬間。。。
K先輩が見えた。

ひ:「やべぇ・・・」
K:「ひーなこっ」

ぅちゎ猛ダッシュ!!
犬のメロンと一緒に一気に坂を下った。
だが、K先輩の自転車にゎ敵わなかった。

K:「待てよ!」
ひ:「誰がアンタなんか!」
K:「・・・お前あれから無視してるだろ!」
ひ:「当たり前じゃん」
K:「・・・ごめん」
ひ:「はぁ?ふざけてんじゃねーよ」
K:「実ゎオレ初めてだったんだ。あーゆーの」
ひ:「何それ。いいわけ?初めてだったら
何してもいいの?
K:「違うっ。ケド・・・」
ひ:「もういい!」
K:「待てよ!」
ひ:「待たない!」
K:「・・・好き」
ひ:「!?」
K:「好きなんだ。ひなこが」
ひ:「うそつき!」
K:「ホントだよ」

正直信じたかった。
でも、信じられなかった。
女好きなんでしょ?
「好き」なんて言葉、何人もの女に
言ってるんでしょ?
しかも、今までなんの繋がりもなかったんだよ。
それなのに、たった1回のキスで好きになれる?
もっといい女と遊んできたんでしょ?
ありえないよ!

ひ:「もう・・・近寄らないで」

言ってしまった。
言いたくなかった。
ぅちゎ、知らない間にK先輩を好きになってた。
航平の時と同じだ。
この感じ。全てが一緒だ。続く。しばらく番外編で。本編続きでごめんなさい。

[ミナミ◆koGK0mzA]

#212010/01/01 14:01

読みづらいのでもう一回


すれ違う思い番外編〜ひなこの過去〜

子供公園のあづまやを見ていると1年前の出来事を思い出す。
あのあづまやをけがしたDゎ今何しているのだろう。
そして、ぅちが恋したKゎ今も女遊びをしているのだろうか。
それゎ1年前、ぅちが中2だった時の出来事。

いつもと同じように、違うクラスの親友Iと帰っていた。
するといきなり

?:「お!そこのクールな子!かわいいじゃん」

突然二人組みの男の一人がぅち達二人に向かってそう言ってきた。その声ゎアパートの自転車置き場から。二人で出かけるところだったのだろう。

ひ:「誰のことだよ」
?:「君のことだよ!」
ひ:「・・・(無視」
I:「アイツってさぁ女好きで有名なK先輩だよ」
ひ:「知るか」

正直うれしかった。でも、Iの言葉を聞いた時、一瞬にしてその心ゎ冷え切った。

〜次の日〜

自習というつまらない授業を抜け出し、ぅちゎ図書館に行った。
・・・そこにゎK先輩と・・・もう一人、昨日一緒にいた男がいた。

K:「お!偶然。もしかして追っかけてきたの?」
ひ:「・・・(無視」
K:「そうツンツンすんなよ」
ひ:「・・・(無視」
K:「おい!聞いてんの?」
ひ:「・・・いい加減にして!こっちゎね、本を読んでるの!」
K:「お前、いい度胸してんじゃん」
ひ:「度胸も何も、大切な読書をアンタとの会話で終わらすなんてたまったもんじゃねーよ」

[ミナミ◆koGK0mzA]

#222010/01/01 14:03

K:「なぁ、オレのこと知らねーの?」
ひ:「知りたくねーし」
K:「ふーん・・・それ以上逆らうといじめるよ?」
ひ:「どうぞご勝手に」

そう言うとK先輩ゎぅちの腕を掴み床に押し付け耳元でこうささやいた。

K:「ねぇ、アンタ頭いいらしいじゃん」
ひ:「・・・ッツ・・・」
K:「SEXの事について教えてよ」
?:「オイオイ、まだ2年だし、それ位にしとけ」

もう一人の男がそう言った。

K:「おぉ。Tにしてゎ優しいじゃん」

どうやらT先輩というらしい。(以後Ts)

K:「散々オレに言ってきたんだ。ただで帰すわけにゎいかねー」

そう言ってぅちの口の中に無理矢理舌を入れた。

ひ:「・・・ッン・・・ン・・・」
K:「いい声してんじゃん♪」

そう言うと次ゎお腹から手を入れ、その手ゎ背中に伸び、ブラのフックに手を掛けた。

ひ:「!!」
K:「謝れよ」
ひ:「っテメーっ」
K:「そーゆー口の利き方していいの?」

そう言ってフックをはずした。
ひ:「ご・・・ごめん///」
K:「・・・意外と素直じゃん」
ひ:「///ッ」
K:「しょうがねーなぁ。許してやるよ」

何者??コイツ何?なんなの?ムカツク。。。

K:「じゃぁ、またね」

そう言って図書館を出てった。もちろんぅちゎ完全無視。

ひ:「はぁ・・・何だったの?」

[ミナミ◆koGK0mzA]

#232010/01/01 14:07

〜図書館の外〜

K:「あぁ・・・Tどーしよー」
Ts:「何が?」
K:「オレやったの初めて」
Ts:「知ってる」
K:「何でやっちゃったんだろ・・・」
Ts:「オレが毎日話してるからやりたくなったんじゃね?」
K:「んな事ねーよ」
Ts:「じゃぁ知らねー」
K:「明日アイツにあわせる顔ねーじゃん///」
Ts:「なに後輩一人にてこずってんだぁ?」
K:「べ・・・別に」
Ts:「恋しちゃったのw??」
K:「バ・・バーカ」
Ts:「つーか真面目な話、お前らしくないぞ?」
K:「んなことわかってらぁ」
Ts:「マジどうした?」
K:「知るか!」
Ts:「まぁ、初にしてゎよくできてたぞ★」
K:「///バーか!!」

その頃教室でゎ・・・

T:「おい!大葉ゎどこ行った!!!」
あ:「(ヤバイよひなこ!先生戻ってきてる)」
こ:「(アイツ何してんだ?)」

ガラガラッ

T:「おい!何してたぁ!」
ひ:「特に何も・・・保健室に・・・」
T:「手に持ってるのゎ何だ?」
ひ:「(やっべ!)エーット・・・」
T:「答えられんのかぁ?」
ひ:「保健室の先生から・・・もらったんです」
T:「あぁ?」
ひ:「バランスのいい食事とりなって」
T:「???」
ひ:「そうすれば病気なんないよって・・・」
T:「そうか。座れ」
ひ:「(セーフ)」

[ミナミ◆koGK0mzA]

#242010/01/01 14:10

〜下校〜

I:「今日授業抜け出したんだって?」
ひ:「何で知ってんの?」
I:「なんとな〜く♪」
ひ:「はぁ??」

親友のIにも、あんなにも今日のことゎいえなかった。ぅちゎ、家に帰って犬の散歩をしようと思った。そして、外に出た瞬間。。。K先輩が見えた。

ひ:「やべぇ・・・」
K:「ひーなこっ」

ぅちゎ猛ダッシュ!!犬のメロンと一緒に一気に坂を下った。だが、K先輩の自転車にゎ敵わなかった。

K:「待てよ!」
ひ:「誰がアンタなんか!」
K:「・・・お前あれから無視してるだろ!」
ひ:「当たり前じゃん」
K:「・・・ごめん」
ひ:「はぁ?ふざけてんじゃねーよ」
K:「実ゎオレ初めてだったんだ。あーゆーの」
ひ:「何それ。いいわけ?初めてだったら何してもいいの?」
K:「違うっ。ケド・・・」
ひ:「もういい!」
K:「待てよ!」
ひ:「待たない!」
K:「・・・好き」
ひ:「!?」
K:「好きなんだ。ひなこが」
ひ:「うそつき!」
K:「ホントだよ」

正直信じたかった。でも、信じられなかった。女好きなんでしょ?「好き」なんて言葉、何人もの女に言ってるんでしょ?しかも、今までなんの繋がりもなかったんだよ。それなのに、たった1回のキスで好きになれる?もっといい女と遊んできたんでしょ?ありえないよ!ひ:「もう・・・近寄らないで」言ってしまった。言いたくなかった。ぅちゎ、知らない間にK先輩を好きになってた。航平の時と同じだ。この感じ。全てが一緒だ。



続く。しばらく番外編で。本編続きでごめんなさい。

[ミナミ◆koGK0mzA]

#252010/01/05 17:16

小説やめます

[ミナミ]

#262011/11/22 16:53



やめんなっ!!

続きが気になってる
何人もの人にかなり迷惑だから!

ふぁいとっ

[ぽんちょ◆Bk0IKjC.]

#27
投稿者により削除されました

#282019/08/26 17:48

小説スレなんてあったんだ・・・田中あつしが出て来ないな。

[匿名さん]

#292019/11/28 13:16

まさしく良スレアゲ

[匿名さん]

#302019/11/28 21:26

バカTESなぁ

[匿名さん]

#312019/11/28 21:27

へったくそが

[匿名さん]

#322019/12/26 10:31

いや徐々に上手くなって行ってるよ

[匿名さん]

#332020/01/06 21:07

岩崎航平の活躍キボンヌ

[匿名さん]

#342021/07/22 22:58

あつしやこうへいの設定を作るとか、例えばあつしは陸上部で父ちゃんが蛇頭みたいに恐いとか。

[匿名さん]

#352021/07/31 19:37

やっぱり虐待されて育つとああなるのか。

[匿名さん]

#362021/09/15 04:25最新レス

小説じゃない 脚本だろ?

[匿名さん]


すれ違う思い』 へのレス投稿
レス本文 必須 750文字まで:残り750文字

スタンプ

NEW!
×
任意入力フォーム

お名前 任意 16文字まで
E-mail 任意
削除パス 任意 半角英数4文字
投稿前の注意
  • 掲示板あらし行為URLの記載は 一回で書込み禁止措置と致します。


前のページ前のページ1次のページ次のページ


創作・携帯小説を見てる人にオススメ! ⇒ PC・パソコン/ ケータイ/ マンガ・漫画家/ アニメ/

このスレッドのURL