爆サイ.com 関西版

🤴皇族・貴族

ローカルルール
スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。
スレッドは立てる前に、重複していないか確認してから立てて下さい。重複スレッドは削除対象となります。
誹謗中傷にあたる書き込みは利用規約違反になりますのでお止め下さい。
重複スレッドを発見した場合は、スレッド下部にある「重複スレの報告」フォームよりご連絡下さい。


皇族・貴族を見てる人にオススメ! ⇒ 政治総合/ アメリカ雑談/ 警察/ 公務員総合/

NO.9843856
「秋篠宮ご夫妻」が招いた「皇室」危機
『週刊新潮』2021年9月23日号

#12021/09/17 21:27

,,,,,,;;;;;;;;;;;;;........::::::::::::::

[匿名さん]

#22021/09/18 15:05

...........::,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

[匿名さん]

#32021/09/20 23:20

..................;;;;;;;,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::

[匿名さん]

#42021/09/22 15:14

「危機」の中にある令和皇室 天皇陛下は眞子さまに「人々に結婚を祝してもらえるよう、ボールを投げ返された」
河西 秀哉2021/02/26
source : 文藝春秋 digital

 象徴天皇制を研究する名古屋大学大学院人文学研究科准教授の河西秀哉氏は、令和の天皇制がいくつかの「危機」に直面しているという。

 眞子さまのご結婚をめぐる問題には依然として世間からの反対の声が大きく、コロナ禍におけるオンライン行幸啓があらたな可能性に見える反面、平成から支持を集めていた天皇皇后両陛下による地方や被災地への訪問はできなくなってしまった。そして皇位継承の問題は残されたままだ。

 そのような状況の中、天皇陛下は61歳の誕生日を前にした記者会見で、「家庭的な姿」を見せられたと河西氏は分析する。


眞子さまのご結婚をめぐる問題について、ボールを投げ返された
 徳仁天皇は2月23日、61歳の誕生日を迎えた。それに先だって行われた記者会見は、いくつかの注目すべきポイントがあった。

 おそらく、もっとも世間で話題となったのが、眞子内親王の結婚をめぐる問題だろう。昨年11月、眞子内親王は「天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっていることに、深く感謝申し上げております」と結んだ「お気持ち」を公表、彼女の結婚の意思を天皇が認めているかのような文言であったことから、今回、誕生日の会見にそれに関する問いが投げかけられたのである。


象徴天皇制は国民の支持なくしては存立しえない

 天皇はその質問に対して、「眞子内親王の結婚については、国民の間で様々な意見があることは私も承知しております」とまず答えた。小室圭さんの家族の金銭問題に端を発して、世間では眞子内親王の結婚に対する反対の声が大きくなっていることを理解しているのだろう。そして、「このことについては、眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」と言及した。これは、やはり昨年11月、誕生日に際して秋篠宮が記者会見で述べた、「感じとしては決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではないというふうに思っています」という状況を踏まえてのものだろう。

[匿名さん]

#52021/09/23 02:07

徳仁陛下と三浦春馬の命を交換して~
徳仁陛下は最低な天皇

[匿名さん]

#62021/09/24 13:05

...............;;;;;,,,::::::::::::::::::::::::

[匿名さん]

#72021/09/24 14:40

日本の皇室は綏靖から中国勢力になったが、明治以来から朝鮮人によって支配されている

皇室の方々は天皇制と皇室を辞めたがっているはずだ

目を覚ませ日本民族

[匿名さん]

#8
この投稿は削除されました

#92021/10/15 09:38最新レス

眞子さまの結婚で海外メディアが注目する、結婚の是非より深刻な日本の皇室の課題
日本の皇室は世界で最も脆弱な王室
PRESIDENT Online
大門 小百合

ジャーナリスト、元ジャパンタイムズ執行役員・論説委員
先日、「日本のプリンセスにとって、おとぎ話のような結婚は遠い先のこと(For Japanese Princess, Fairy-Tale Wedding May Be Distant Prospect)」という見出しの記事をニューヨークタイムズで見つけた。秋篠宮さまが眞子さまと小室圭さんの結婚についてご自身の誕生日の会見で「認める」という発言をしたことについての記事だが、2人の今までの経緯を紹介するとともに、1月に王室を離れると宣言し、同じく自国の王室と不協和音をだしているイギリスのハリー王子とメーガン妃についても触れていた。

2018年5月、結婚式のあと馬車でパレードするハリー王子とメーガン妃写真=iStock.com/AdrianHancu2018年5月、結婚式のあと馬車でパレードするハリー王子とメーガン妃
「なぜ日本のプリンセス眞子の結婚は前に進んでいないのか?(Why has wedding of Japan’s Princess Mako still not gone ahead?)」という記事を掲載したのはイギリスのガーディアン紙。記事は、「2人は大学で出会い、大陸と海を隔て離れ離れになっているにもかかわらず、2人の心の絆は明らかに今まで以上に強まっている。しかし、彼らのウェディングベルの音は3年前よりもさらに遠のいている」といった書き出しで始まる。こんなふうに眞子さまと小室さんの結婚をめぐる話は、海外からも注目されているのだ。

[匿名さん]


『「秋篠宮ご夫妻」が招いた「皇室」危機』 へのレス投稿
レス本文 必須 750文字まで:残り750文字

スタンプ

NEW!
任意入力フォーム

お名前 任意 16文字まで
E-mail 任意
削除パス 任意 半角英数4文字
投稿前の注意
  • 掲示板あらし行為URLの記載は 一回で書込み禁止措置と致します。


前のページ前のページ1次のページ次のページ


皇族・貴族を見てる人にオススメ! ⇒ 政治総合/ アメリカ雑談/ 警察/ 公務員総合/

このスレッドのURL