爆サイ.com 山陽版

警察

ローカルルール
スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。
スレッドは立てる前に、重複していないか確認してから立てて下さい。重複スレッドは削除対象となります。
重複スレッドを発見した場合は、スレッド下部にある「重複スレの報告」フォームよりご連絡下さい。


警察を見てる人にオススメ! ⇒ 災害全国/ 教育・教師/ 公務員総合/ 雑談全国/

NO.8849559
人権侵害弾圧魔・生活安全部解体、防犯協会解散しよう
やりすぎ防パトが各都道府県の警察本部生活安全部と防犯協会、創価学会の仕業である事は明白です。

例の防犯協力の要請依頼をして回る警部補らの正体は、生活安全部の生活安全総務課の課付き警部であると考えられています。

問題はそれだけではありません。

この生活安全警察はとんでもないところで、重度の人権侵害行為を繰り返し、不正やミスがあっても隠蔽し、冤罪事件まで起こしまくっているという、究極の腐敗部門なのです。

昨年、警察署の幹部(警部補)が、リサイクルショップの女性店員を恫喝し、PTSDを発症させて、仕事のできない身体にするというとんでもない弾圧行為を働きましたよね?

あの警部補が属していたのが、生活安全警察です(正確には丸亀警察署所属の生活安全課幹部)。

生活安全部は業務として、例えば警視庁であれば、生活安全総務課の防犯営業第2係が質屋・古物商営業の許可を担当しています。

恫喝事件が報道された際、ネットでは、古物を担当する警察幹部の中には、同じ手口でリサイクルショップを恫喝し、本来なら買い取れないゴミ商品を買い取らせて、小遣い稼ぎをしている者がいる、という噂が立ちました。

問題は他にもあります。

生活安全部には保安課があり、風俗営業係(風俗営業許可)、査察係(風俗営業査察)、風紀第1係(風俗事犯捜査)、風紀第2係(売春関係捜査)等の係がありますが、一部の警察官が風俗店と癒着し、情報を流す見返りに、店のフリーパスを受け取っているなどという、ろくでもない話もあるのです。

その上、更に、ですよ。

ストーカー事件も生活安全部が担当しているのですが、幹部が、第三者からの働き掛けで、警察署が拒否したり、突っぱねるような被害届を受理させて、ストーカーでっち上げ行為を働き、冤罪事件を起こしているとの噂も立っていて、被害を受ける人達が何人も出ています。

生活安全警察の実態は、人権侵害、人権蹂躙が横行する国民弾圧機関なのです。

防犯協会の実態は生活安全警察の外部拡張機関です。

 ※末端の防犯協会――役員に学会員が多い

 ※防犯協会連合会――警察OBが役員として天下り

 ※市や区の防犯協会――警察署生活安全課と同じフロアに事務所があり、金庫の鍵を同署員が保管

生活安全部を解体、防犯協会を解散し、幹部らの罪を問い、可能であれば人道に対する罪で死刑とすべきです。

#182020/09/15 07:57

有名な冤罪事件・氷見事件の冤罪被害者柳原さんと
明らかに無実だった柳原さんを、真犯人が出てこないだろうとたかを括って
犯罪者にでっち上げ、3年間も無実の罪で刑務所に入れた長能善揚警部補との
冤罪判明後の電話でのやり取り

長能 「もしもし」
柳原 「もしもし」
長能 「おお」
柳原 「長能さん?」
長能 「うん、そうです」
柳原 「柳原やけど」
長能 「おう、いろいろ悪かったなぁ・・・ もしもし」
柳原 「はい」
長能 「悪かったなぁ」
柳原 「んで、聞きたいんやけど」
長能 「悪かったなぁ」
柳原 「なんで、僕のところ(逮捕に)来たのか、それ教えて欲しいんやけど」
長能 「それはまだワシの方ではちょっと言えんわなぁ。あのね、これで、しばらく、まあ、オレ本当悪かったからさ。」
柳原 「うーん」
長能 「それはまあ、何で来たかということはそれは、ちょっと言えんわな」
柳原 「何で言えないんかな」
長能 「一応電話切るからさ、いま、そうなってしもうたからさ」
柳原 「切りやがった」

悪い事をしたと認めない、謝罪もしない、悪い事をしたとさえ思っていない
懲戒免職もなし、刑事処分もなし、左遷もなしで警察を依願退職すらしていない

残念ながらこれが日本の警察の実態

[匿名さん]

#192020/09/15 07:58

氷見事件

※ウィキペディアをソースに作成

2002年4月15日、同年3月13日に当時16歳の少女を強姦しようとしたと、
タクシー運転手が強姦未遂容疑で富山県警察氷見警察署に逮捕
5月には別の少女への強姦容疑により再逮捕された

逮捕のきっかけは容疑者が少女らの証言する犯人と似ていた事

任意の取調べにも関わらず、4月8日以降断続的に3日間、朝から晩まで長時間に渡って行われ
遂に4月15日の3回目の取り調べで、既に疲れ切って思考停止していた被疑者に対し
「お前の家族も『お前がやったに違いない。どうにでもしてくれ』と言ってるぞ」などという、取調官の噓による誤導により絶望
容疑を認め、自白したとして逮捕された

逮捕状は既に準備されていた

逮捕を受け、自白の裏付け捜査を行う

捜査員が氷見署に提出した事件報告書には逮捕前の段階で
被害者の目撃証言の星のマークの運動靴が被疑者の自動車の後部座席付近に有ったと記録

被疑者は、取調官に「はい」か「うん」しか言うなと恫喝され、恐怖で抵抗できなかった

自宅捜索では星マークの運動靴は発見されず、取調官が「捨てたんだろ」と言うので被疑者は「はい」と答えた

警察は彼が捨てたと供述した場所を捜索したが、当然、運動靴は発見されない

取調官が「燃やしたんだろ」と言うので被疑者は「はい」と答え、運動靴は自宅で燃やした事にされた

被害者目撃証言ではサバイバルナイフを突きつけられ、チェーンで手を縛られたとされたが
取調官は被害者の記憶違いとして被疑者の自宅の捜索で出た果物ナイフとビニールひもを証拠とした

被害者自宅の見取り図も取調官が被疑者の後ろから手をとり書かせた

現場に残っていた体液についても、被疑者の血液型と一致しない可能性を認めながら
科学捜査研究所の担当者は氷見署長から依頼がなかったので再鑑定しなかった

[匿名さん]

#202020/09/15 07:59

>>19の続き
逮捕に自白に「秘密の暴露が全くない」こと
犯行当時の明白なアリバイ(犯行時刻時間帯に自宅から知人に電話をかけたNTT通話記録)が存在したこと
現場証拠である足跡が28センチと巨大な足跡に対し、容疑者の足が小さい24.5センチであることなどから
立件は無理ではないかとの声が氷見署内にさえもあったにも関わらず捜査は強行され富山地検は立件

※※※
真犯人判明後の国家賠償訴訟における2014年2月17日の富山地裁での第24回口頭弁論の取調官の証人尋問で
被害者の自宅の見取り図については容疑者に確認しながら取調官が見本を書き清書させたと取調官は証言

凶器、被害者の縛り方など容疑者が知り得ない事柄には取調官が選択肢を示し供述を得ていたことも認めた

同年4月21日の富山地裁での第25回口頭弁論で事件当時の検察官は
通話記録について見たが精査しなかったと弁明

足跡のサイズの差についても、バスケットシューズは大きめを履くこともあり矛盾するとは思わなかったと弁明
※※※

裁判では弁護士も「裁判官から何を言われても認める方向で」「控訴しても無駄」と犯人扱いされ
なおかつ、実兄姉より集めた約250万円を被害者二人に被疑者本人の承諾を受けないまま勝手に「和解金」として支払うなど
「弁護」とは程遠い勝手な行動を行ったため、被疑者本人は孤立無援な状態であった

富山地裁における裁判の席でも、柳原氏は容疑を認め
結局自白と少女らの証言が重要視され有罪判決が下り同年11月に懲役3年が確定
柳原氏は刑に服し2005年1月に出所

柳原氏逮捕後も被害者証言で共通の強姦後「100を数えるまで動くな」と逃げる時間稼ぎがされる事件が発生しながら
富山県警は捜査を行わなかった

真犯人は後の服役中、富山県警は柳原氏が犯人ではないと分かっていたが隠蔽した、と報道機関への手紙で記している

[匿名さん]

#212020/09/15 08:01

>>20からの続き
真犯人判明後

出所後の2006年11月、別の婦女暴行事件で鳥取県警察に逮捕された男が自分が真犯人である旨を自供

真犯人は被疑者が起訴・有罪とされた2件を含めた14件の婦女暴行事件で起訴され、懲役25年の判決が下された

2007年1月17日に被疑者の親族へ経緯を説明し富山県警察が謝罪

1月19日に記者会見で事実が判明

これを受けて被疑者は、無罪判決を求める再審請求を富山地裁に行った

また、1月29日に富山地検の検事正が彼に直接謝罪

富山県警が冤罪事件について謝罪したとされる1月23日夜の翌日、24日昼
彼は富山地検に呼び出され

「当時の取り調べ捜査官、担当検事を恨んでいません」

などという内容の調書を意思に反して作成させられた

また、この際、彼が知らないはずの事件の詳細についての自白書類が富山県警により捏造され
署名・指印させられたことが判明した

再審の論告公判は8月22日に行われ、弁護側は無罪を求刑し
2007年10月10日に無罪判決が言い渡された
また検察側が控訴しなかったため判決は確定

無罪となった彼は真犯人発覚後にマスコミのインタビューに答え
尋問した刑事から「身内が間違いないと認めている」と告げられ弁明しても聞いてもらえず
罪を認めざるを得ない状況に陥ったと答えている

また、同意する事以外は意見を述べることを刑事から禁じられた上で
刑事の言う事が事実だという念書を書かされ署名させられていたとも告白

再審では尋問した取調官の証人尋問が却下

藤田敏裁判長が「ただ単に無罪判決を出す手続きにすぎない」と理由を述べた為
この発言に「本気で真相を究明し、反省する気があるのか」という疑問や非難が出た

判決公判でも謝罪は裁判所側からは一切行われず
判決中述べた裁判官のあまりにも他人事な発言に彼は「むかついた」と裁判長に対し怒りを露わにした

[匿名さん]

#222020/09/15 08:04

>>21からの続き
無罪判決が確定したものの、取調べをした警察官などの証人尋問および処分が実施されていないなど
冤罪事件が発生した真実が解明されていないとして
彼は2009年5月14日に国家賠償訴訟を提訴

2015年4月に富山地裁は、富山県警察の捜査の違法性を認め、県に1966万円の支払いを命じる判決を言い渡し確定した。

その後

他の冤罪事件の被害者たちも同様の経験を証言をしていることから
このような方法は冤罪を生み出す手法として時代や場所を選ばずに行われている方法であるとも指摘される

当時の富山県警安村隆司本部長は

「結果においては誤認逮捕になりましたけれども、
 当時の捜査幹部の指揮あるいは捜査員の捜査手法、それを一つ一つをあげつらって捜査の懈怠があった、
 あるいは、そこに捜査のミスがあったという事で処分に該当するものだというふうに判断できるのか、どうかと言う事になると、
 当時の捜査状況をつぶさに検証した立場からして(処分を)ちゅうちょせざるを得ない」

として富山県警は誰一人処分されなかった

さらに、長勢甚遠法務大臣(当時)が再審前の2007年1月26日に彼に対し謝罪した際

自白の強要については違法性が無い

と述べ、当時の捜査員に対して処分は行わないことを決定

柳原氏は出所後、地元富山県で再就職活動をしたが25社で不採用になり
2009年に国家賠償訴訟を提訴した事で兄、姉から「これ以上、家の姓を汚すな」と言われ絶縁

取調べで受けた威嚇のPTSDで就職をドクターストップされ
2年余り服役した補償として国から約1000万円を受け取ったが、生活費や弁護士費用で底を尽き、生活保護を受けている

[匿名さん]

#232020/09/15 08:06

これだけの事をやっておいて、取調官の長能善揚は、>>18にあるような態度を取った

一部では、疑惑として、長能は取調の段階で、柳原氏が無実だと気付いていたのではないか、とも指摘されている

凶悪事件であった為、犯人を早急に逮捕しないと警察に批判が向かう

その為に早急に犯人を逮捕する必要があり、柳原氏が無実だとわかっていたが
世論を鎮静化させたい為に、犯人として逮捕したのではないか

また、普通の犯人は、冤罪で犯人が捕まれば、真犯人として名乗り出る事はないので
無実の罪の人間を逮捕した事実が明るみに出る事はないだろう

そこまで計算した上での行動だったのではないか、とさえ言われている

当時の状況からして、その可能性は大いにある

[匿名さん]

#242020/09/15 08:08

何故、氷見事件と長能善揚の話をやりすぎ防パトのスレで出したのか

人によっては、無関係なものが貼ってある、と思ったかもしれないが、そうではない

考えてみて欲しい

長能の様な警察幹部、警察幹部が、生活安全警察にいて、やりすぎ防パトに関与していたらどうなるのか?

県や市から防犯活動に下りる活動費用を増額し、防犯利権を拡大させて、自分達を肥やす為に
平気で県民を不審者や危険人物、要注意人物にでっち上げ
やりすぎ防パトの警戒対象人物リストに不正(捏造)登録する事くらい、平気でやる

美味しい天下り先や好条件の再就職先を大量に用意してくれる創価学会の為であれば
創価学会が仏敵や敵対者を、不審者や危険人物、要注意人物にでっち上げ
やりすぎ防パトの警戒対象人物リストに不正(捏造)登録しても、見て見ぬ振りをする

創価学会がやりすぎ防パトと連動し、集団ストーカー行為を働いて、県民に嫌がらせをしても
黙認して取り締まらない

つまり、やりすぎ防パトの問題というのは、警察が腐敗しきっており
生活安全警察が、頭のおかしい根性の腐りきった悪徳警察官の巣窟化している事も
発生した原因の一つとなっている、という事だ

こんな連中とカルトとされる創価学会が癒着し、一体化すれば
やりすぎ防パトのような異常な人権侵害行為が発生するのは当然である

[匿名さん]

#252020/09/15 08:19

問題はそれだけではない

防犯ネットワークは、都道府県庁、市区町村、防犯協力覚書を交わした企業・団体
消防署、防犯ボランティア、協力要請を受けた住民、創価学会からなるが

これを見て何か気付きませんか?

この防犯ネットワーク、地域に存在する全ての人、団体、組織が動員されているのです

地域に存在する全ての機関、団体、人間を使い、特定個人を監視し、嫌がらせを働き、弾圧する

つまり、警察が、地域の機関、団体、人間を警察の構成員として警察組織に組み込み
警察の手足として自由自在に動かして、国民を弾圧しているわけです

全体主義そのものです

こんな馬鹿な事をやっているのは、今時、中国共産党くらいしかありません

その他に過去に行われていた国としては、旧ソ連や冷戦時代の東欧社会主義国くらいです

ナチスドイツでさえ、ここまで極端な監視機構、弾圧機関を保有していた時期は恐らくないでしょう

しかもこんな大掛かりで、異様な全体主義システムを採用して監視や尾行、嫌がらせを働き
弾圧している相手は、過激派でもなければテロリストでもない、ただの国民ですよ?

防犯活動だと言って、市民まで抱き込んで行われているので
殺人事件や傷害致死事件、強盗殺人事件が発生するような、危険な犯罪者が相手ではなく
防ごうとしている犯罪は、精々、窃盗類です

どこの世界にそんな軽微な犯罪の予防阻止の為に
旧ソ連や冷戦時代の東欧社会主義国のような体制を築く馬鹿げた国があるのですか?

その馬鹿な事をやっているのが、日本の生活安全警察なのです

非合理的であり、非効率的であり、ナンセンス以外の何ものでもない

このシステムを作った人間が何を考えていたのかは知りませんが
旧ソ連や冷戦時代の東欧社会主義国の弾圧システムに傾倒し、好んで崇拝していたような
冷血で危険な全体主義者だった事は明白です

[匿名さん]

#262020/09/15 08:29

つまり、防犯ネットワーク自体を解体し、完全に破壊しなければならない、という事です

先進国で、生活安全警察と称する集団が旧ソ連型の国民監視弾圧システムを崇拝し、傾倒し
実際にそれを導入して国民を弾圧していた等という事実は、日本の恥以外の何ものでもない

また、国際社会では、このような危険人物、並びに、危険な団体は、民主主義の敵であるとされ
公安警察から監視対象団体にされるのが常です

普通の国であれば公安警察から監視対象団体にされ、監視対象の要注意人物とされる者達が
生活安全警察と呼ばれる警察の一部門となり、警察官として勤務している

殆どブラックジョークのような世界です

しかし、日本においては、非常に情けない話で、こういう馬鹿げた事が起きているのです

だから必要なのです

生活安全部の解体と、防犯協会の解散、そして幹部らの罪を問う事が

言うまでもなくこれまでに結ばれてきたあらゆる【防犯協力覚書】は破棄です

またこのような全体主義的な弾圧行為が行われた事実がある以上
生活安全警察の幹部らは、可能であれば人道に対する罪で死刑とすべきです

そのような扱いを受けて当然の異常な事を、彼らが実際にやった為です

生活安全部にはやりすぎ防パト以外の問題もあり、>>0で挙げたような不正や人権侵害もあり
これら問題も表面化させて、実行犯の警察幹部、警察官らを厳罰に処す必要がありますが
この連中の事は、最早、警察だと思わないで下さい

こいつらはただの人権侵害・人権蹂躙を実行する国民弾圧機関に過ぎない

[匿名さん]

『人権侵害弾圧魔・生活安全部解体、防犯協会解散しよう』 へのレス投稿
レス本文 必須 全角750文字まで:残り全角750文字
任意入力フォーム

お名前 全角8文字まで
なりすまし防止 全角8文字まで
E-mail
削除パス 半角英数4文字
投稿前の注意
  • 掲示板あらし行為URLの記載は 一回で書込み禁止措置と致します。


前のページ前のページ1次のページ次のページ

警察を見てる人にオススメ! ⇒ 災害全国/ 教育・教師/ 公務員総合/ 雑談全国/

このスレッドのURL