爆サイ.com 東海版

岐阜新型コロナ・感染症



#716

岐阜新聞Web
岐阜県と岐阜市は28日、県内18市町で計56人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。前の週の同じ曜日を上回るのは5日連続で、新規感染者数が2日連続で50人を超えるのは1月21日以来。岐阜市では新たに、接待を伴う飲食店関連でのクラスター(感染者集団)が2件確認された。感染者数は累計5652人となった。

 新規感染者のうち、30代以下が33人で、全体の約6割となっている。

 新規のクラスターは2件。接待を伴う飲食店で8人が確認された。利用客の規模は現在、調査を進めている。また、酒類を提供する飲食店と、同店の従業員らが別の接待を伴う飲食店で働いていた関連でのクラスターで7人が判明した。市によると、10~15人ほどの利用客がいるという。

 拡大したクラスターは3件で5人増えた。

 大垣市のデイサービス関連での変異株クラスターは、2人増加し40人となった。同市のショートステイを巡る変異株クラスターは2人増えて11人。関市の家族関連では1人増えて6人となった。

 変異株の陽性は民間検査で判明した2人を含め新たに7人が確認され、計157人となった。

 岐阜市の職場関連を巡る12人の変異株クラスターは、新たな感染者が2週間確認されず終息した。
 
 また、県は東濃圏域での宿泊療養施設について、これまで利用していた恵那峡グランドホテル(恵那市)から、トヨタ自動車研修用宿泊施設(多治見市)に移すと発表した。移転は5月1日から。宿泊療養施設の確保床数は東濃圏域で49床から135床に増え、県内全体では541床から627床となる。

 新規感染者の居住地別は岐阜市15人、大垣市8人、可児市5人、各務原市4人、多治見市、中津川市、加茂郡川辺町が各3人、瑞穂市、羽島郡笠松町、養老郡養老町、安八郡安八町が各2人、本巣市、海津市、美濃加茂市、恵那市、高山市、羽島郡岐南町、揖斐郡池田町が各1人。年代別は1歳未満1人、10歳未満1人、10代5人、20代17人、30代9人、40代8人、50代5人、60代4人、70代3人、80代2人、90代1人。

[ 匿名さん ]
TOP

Copyright(C) 爆サイ.com All rights reserved.