爆サイ.com 山陽版

サッカー国内



#891

山陰中央新報は、株式会社山陰中央新報社(さんいんちゅうおうしんぽうしゃ、The San-in Chuo Shimpo Newspaper Co.,Ltd.)が発行する新聞。朝刊のみで、発行部数は約18万5千部(2016年末)。

山陰中央新報
種類
日刊紙
サイズ
ブランケット判
事業者
株式会社山陰中央新報社
本社
〒690-8668 島根県松江市殿町383番地
代表者
松尾倫男
創刊
1973年3月25日(現在の紙名に改題)
前身
山陰新聞
(1882年-1941年)
島根新聞
(1942年1月1日-1952年)
山陰新報
(1952年-1957年9月30日)
島根新聞
(1957年10月1日-1973年3月24日)

価格
1部 (朝刊のみ)130円
月極 2,937円
発行数
18万5008部(2018年5月、日本ABC協会調べ)

島根県と鳥取県(山陰地方)を主要なサービスエリアとする地方紙。広島市中区の一部などにもわずかではあるが宅配を行う他、2006年から広島バスセンターでも販売されている[2]。

前身は、自由民権運動の機関紙として創刊された『山陰新聞』(1882年-1941年)。しかし、後発の『松陽新報』(1901年-1941年)との競争に敗れ経営に行き詰まり、1940年には読売新聞の傘下に入る(会長には正力松太郎が就任)。

[ 匿名さん ]
TOP

Copyright(C) 爆サイ.com All rights reserved.