爆サイ.com 四国版

国際ニュース


#39

旧帝国海軍の戦艦「大和」を建造
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。
旧帝国海軍の戦艦「大和」を建造した広島県呉市のジャパンマリンユナイテッド(JMU)呉が、久方ぶりの活況にある。

呉の80万トンドックで、超大型コンテナ船10隻の建造がはじまっている。


造船、舶用機器、海運など16社・機関が集まって設立したMIJACは、「海事のオールジャパンで世界トップを目指す」という。

広島や愛媛など瀬戸内に立地する専業中手に国公立大学が協力してレベル向上を図る。


常石造船(広島県)は本社工場のマザー工場化に力を入れ、老朽化した機械設備やクレーンを大型化して効率的な生産体制を構築。

世界最大級のコンテナ2万個積み大型コンテナ船11隻を台湾などから受注した今治造船(愛媛県)は、16年ぶりにドックを新設。

これまで韓国勢が独占していた大型コンテナ船市場に参入した。


名村造船所(大阪府)も老朽化した設備の更新投資を進める方針を打ち出しており、業況好転の中で動きは活発だ。


国内の造船所は軒並み2年半〜3年近くの手持ち受注残を抱え、フル操業している。

三菱重工業は、今治造船(愛媛県)と合弁会社「MILNGカンパニー」を設立させ、本体は、海上自衛隊の艦艇建造に特化し、EPC事業を強化する。

住友重機械工業でもタンカー9隻の受注が決まった。


民主党政権下(円高不況)で造船のシェアが韓国に奪われていたが、アベノミクスの政策によって、そのシェアも韓国から奪回の局面にある。

アベノミクスで国内造船所の受注量が急速に回復しているが、しかし世界の造船業は基本的に供給力が過剰な状態にある。

これからが正念場だ。

[ 匿名さん ]
TOP

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。

Copyright(C) 爆サイ.com All rights reserved.