爆サイ.com 九州版

スポーツニュース



NO.9417714
女子単に石川佳純ら世界卓球代表いよいよ登場<卓球・ビッグトーナメント最終日見どころ>
女子単に石川佳純ら世界卓球代表いよいよ登場<卓球・ビッグトーナメント最終日見どころ>
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

<卓球 ビッグトーナメント 4月19日~4月22日 熊本県立総合体育館>3日目となる21日は、男女シングルスで決勝トーナメントのベスト8決定まで、男女ダブルスで決勝戦まで行われた。

■2日目総括:男子ダブルス
男子ダブルス決勝は、郡山北斗/鹿屋良平(リコー)ペアと藤村友也/松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ)ペアの対戦となった。

郡山/鹿屋ペアは準々決勝で遠藤竜馬/弓取眞貴(日野自動車キングフィッシャーズ)ペアに3-1、準決勝で笠原弘光/酒井明日翔(シチズン時計)ペアに3-1で勝利し、決勝に進んだ。

一方の藤村/松下ペアは、準々決勝で上村慶哉/三部航平(シチズン時計)ペアに3-2で勝利すると、準決勝で池田忠功/宮本幸典(リコー)ペアに3-0のストレート勝ちで決勝を迎えた。

試合は、1ゲーム目を郡山/鹿屋ペアが取るも、2、3ゲーム目のデュースを藤村/松下ペアにとられ、後がない状態に。

4ゲーム目を11-6で取ると、勝負は最終ゲームへ。

郡山/鹿屋ペアが10-8でチャンピオンシップポイントを取ると、最後は郡山がストレートにドライブを打ち決め球となった。

試合後に安堵の表情を浮かべ、互いに喜びを分かち合った。

■2日目総括:女子ダブルス
女子ダブルス決勝は、宋恵佳/成本綾海(中国電力)ペアと平真由香/田口瑛美子(昭和電工マテリアルズ)ペアの組み合わせとなった。

宋/成本ペアは準々決勝で高橋梓海/浅井一恵(エクセディ)ペアに快勝すると、準決勝でTリーグ・トップおとめピンポンズ名古屋でも組んでいた鈴木李茄/山本笙子(昭和電工マテリアルズ)に3-1で勝利し、決勝へ。

対する平/田口ペアは準々決勝で野村萌/森田彩音(デンソー)ペアとの熱戦を3-2で制すと、続く準決勝で德永美子/松本静香(十六銀行)ペアに3-0で勝利し、決勝まで進んだ。

試合は、1ゲーム目を平/田口ペアが取るも、2、3ゲーム目を宋/成本ペアがしっかりとものにして4ゲーム目へ。

10-2でチャンピオンシップポイントを迎え、最後は宋のドライブで田口がオーバーミス。

3-1で宋/成本ペアが勝利し、試合中真剣な表情であった2選手ともに笑顔を浮かべ、ハイタッチを交わした。

■2日目総括:男子シングルス
シングルスでは、予選リーグ1位通過者とシード選手による第2ステージ2回戦までが行われた。

笠原弘光(シチズン時計)は初戦で高取侑史(リコー)を3-1で下すと、続く2回戦ではカットマンの村松雄斗(東京アート)にも3-1で勝利し、ベスト8入りを果たした。

硴塚将人は初戦で小西海偉(東京アート)とフルゲームの熱戦を繰り広げ、最終ゲームを12-10で取って勝利すると、2回戦でも松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ)とフルゲームの接戦に。

最後は硴塚が11-8で取り切り、最終日へと進んだ。

このほか、平野友樹(協和キリン)、藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)らが最終日に駒を進めた。

■2日目総括:女子シングルス
続いて女子シングルス。

永尾尭子(サンリツ)は第2ステージ初戦で池上玲子(愛媛銀行)に3-1で勝利すると、続く2回戦ではTリーグでも活躍していた鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)とフルゲームの熱戦の末、最終ゲーム11-9で永尾が取り、最終日に残った。

山本怜(十六銀行)は、初戦で森田彩音(デンソー)に3-0、2回戦でも三條裕紀(昭和電工マテリアルズ)に3-0とストレートで勝利し、好調のまま最終日へ進んだ。

他にも、松平志穂(サンリツ)や出雲美空(エクセディ)らが最終日に残り、優勝を狙う。

最終日となる22日には、男女シングルスの決勝まで行われる。

■男子シングルス見どころ
準々決勝組み合わせ御内健太郎(シチズン時計) – 平野友樹(協和キリン)松山祐季(協和キリン) – 硴塚将人(協和キリン)笠原弘光(シチズン時計) – 藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)鹿屋良平(リコー) – 酒井明日翔(シチズン時計)男子シングルスの注目は酒井だ。

ここまで、第2ステージ初戦の一ノ瀬拓巳(日鉄物流ブレイザーズ)とのフルゲームの試合以外は全て3-0のストレートで勝利してきている。

抜群の安定感と多彩で独創的な両ハンドで、優勝を飾ることができるのか。

第2ステージの第1シードで登場したカットマンの御内健太郎(シチズン時計)も、初戦と2回戦を3-1で勝利して準々決勝まで進んできた。

その堅実なプレーとゲームメイクで、優勝も確実にさせるのか、彼の試合にも目が離せない。

■女子シングルス見どころ
最終日組み合わせ松平志穂(サンリツ) – 出雲美空(エクセディ)浅井一恵(エクセディ) – 田中千秋(豊田自動織機)永尾尭子(サンリツ) – 井絢乃(中国電力)山本怜(十六銀行) – 宋恵佳(中国電力)女子シングルスの注目は、前回大会女子シングルス王者の宋だ。

第2シードで決勝トーナメントに登場すると、初戦で牛嶋星羅(昭和電工マテリアルズ)に3-1、続く2回戦で竹前裕美子(エクセディ)に3-1と連覇への道を着実に歩んでいる。

女子ダブルスと合わせて2冠、そして2連覇なるか。

また、準々決勝からは世界卓球釜山大会で代表に選ばれていた石川佳純(全農)と佐藤瞳(ミキハウス)が登場する。

準々決勝に進んできた実力派の選手たちに対して、この2選手がどのようなプレーを見せるのか、こちらにも注目だ。

■ダブルス結果
男子ダブルス決勝

藤村友也/松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ) 2-3 鹿屋良平/郡山北斗(リコー)
9-11/12-10/12-10/6-11/8-11
女子ダブルス決勝

平真由香/田口瑛美子(昭和電工マテリアルズ) 1-3 宋恵佳/成本綾海(中国電力)
11-6/6-11/5-11/2-11

文:ラリーズ編集部


【日時】2021年04月21日
【提供】Rallys
【関連掲示板】

[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。