爆サイ.com 北東北版

📰ニュース速報



NO.10177648
大島麻衣 交際した芸能人の数ぶっちゃけるw「歌やってる方はCDの中に連絡先」「芸能人と会える場所」
元AKBのメンバーでタレントの大島麻衣(34)が7日放送のTBS「霜降りミキXIT」(月曜後11・56)に出演。これまで交際してきた芸能人の数を明かした。
「付き合った芸能人の数は何人ぐらい?」と共演者からストレートな質問が寄せられると、ためらうことなく「まあ5~6人ぐらい」。
サラっとぶっちゃける姿に「言うの?」「あなたいつからそうなったの?」とスタジオには驚きの声が。
大島は「NGないんで質問されれば答える」とあっけらかん。
NG質問なしの大島は「交際してきた芸能人はどういうジャンルの方?」という問いにも「歌やってる方が多い」と隠すことなく告白。
「いただいたCDの中に連絡先が入ってたり」と詳細に説明していた。
芸能人と出会える場所
更に大島は「一般の方でも芸能人と出会える場所」を紹介した。
芸能人との飲み会に参加しまくり、遊び場にも詳しくなった大島。その経験から、穴場として挙げたのは、東京・三軒茶屋のカラオケボックスだった。
「カラオケボックスって、階別々にいっぱい部屋がある。だからどこで誰が何をしているか分からない。外で記者が見ていたとしても『全然違う部屋の人です』って言いやすい」。
その上で「めちゃめちゃ穴場なので、みんなあそこ使う」と芸能人も御用達のスポットだと明かした。
「記者は中にまで入ってこない?」と問われると「中にまで入ってこられないです。店員さんに言わないと部屋の方まで入れないので」と説明。
出会い事情を赤裸々に話す大島に、出演者たちは「リアル」「めっちゃ知ってるやん」と驚きが止まらなかった。
繋げた芸能人カップルは100組
『チャンスの時間』はこの日、人気企画の「先生シリーズ」第6弾を放送。
前回の第5弾「芸能人と付き合いまくり先生」で講師を務め、好評だった大島麻衣が再び講師として登壇し、前回の授業からさらにパワーアップした「“週刊誌にバレずに”芸能人と付き合いまくり先生」として特別授業を行った。
番組ではまず、“しまくり数字”と称した数字を“100”と発表し、「何の数だと思いますか?」と生徒たちに問いかけた大島。
そこでトリンドルさんは「デートした数?」と尋ねたが、大島は「(デートの回数は)100回じゃ収まらないです」と笑みを浮かべ、「マジか!」「すごいな…」と、さっそく生徒たちを驚かせる。

しかし、その後“100”という数字は「私が繋げた芸能人カップルの数」と続けた大島に、一同はさらに大興奮。
大島のもとにはたびたび「○○さんを紹介して欲しい」といった連絡が入ると明かし、「私が仲良くなくても2~3人繋げば、誰かしら知り合いがいる」「ネットワークを駆使して出会いの場を提供する」と語った。
そんな大島の言葉に、千鳥・大悟は「とりあえず終わったら先生のところに連絡先聞きに行きますね」、千鳥・ノブは「年会費とかいらないですか?」などと前のめりに。大島は「無料でやらせてもらってます」と笑顔で返した。
危ない女性芸能人7か条
大島は「女性芸能人の中にも、週刊誌にスクープされやすい女性とそうじゃない女性がいます」とした上で、“安全な女性芸能人の見極め方”をテーマに授業を開始。女性芸能人と知り合うきっかけとして一番多い、飲みの席において判断を間違わないよう、「これを絶対に頭に入れておいて欲しい」と念を押し、大島が独自に導き出した“危ない女性芸能人7か条”を発表。
「飲み会で『SNSフォローしていい?』とやたら聞いてくる」「お酒が飲めないのにやたら飲み会に最後までいる」「膝上30センチのタイトスカートの女性」など、“危ない女性芸能人”の特徴を挙げながら、その理由を解説した。
また、“安全な女性芸能人の見極め方”を肝に銘じた上で、「そもそも危ない女性芸能人に出会いづらい遊び方もある」とした大島は、“安全な女性芸能人との出会い方”として「SYMルートの活用」を提案。
SYMルートを解説
「SYMルート?」と、聞き慣れない言葉に生徒たちが疑問を浮かべる中、大島は「S=品川祐さん(品川庄司)、Y=吉村崇さん(平成ノブシコブシ)、M=森田哲矢さん(さらば青春の光)」と説明し、「3人の共通点は人脈が広い」「安全な人脈を持つのがこの3人」と説明。
中でも特に信頼できるのが、お笑いコンビ・品川庄司の品川祐だとし、
「品川さんは監督業もやられてますから、芸人だけでなくアイドル、女優、ミュージシャンと、幅広い」「品川さんは既婚者なので、一緒に参加する女性芸能人の安全も確保されている」
「すごく楽しくて、また行きたいなと思える飲み会を開いてくれるのが品川さん」
と持論を展開した。
さらに、授業を進め、苦労して出会った女性芸能人にモテるためには「とりあえずYouTube」と宣言した大島は、「私の調べだと、若い子はYouTuberかIT社長が人気」と語り、YouTubeをやることによって、「今度コラボしようよ」という“魔法の言葉”が使えるとおすすめした。
そんな大島の勧めに、千鳥・大悟は「ちょっとノブ、やろう!とうとう千鳥もYouTubeやろう!」と声を上げ、スタジオは爆笑に包まれた。
ネットの反応
・最近随分キャラ変してきましたね、この方。
・これからこの路線で売っていくんだね。
・上手くハマったね。最初は結果オーライだけど。その後のセルフマネージメントは、露出も増えていい感じ。お給料たくさん貰えるといいね。
・誰も得せず長い目で見ると大島さんには大きなマイナス。
・ロンハーでみちょぱやニコルにずばりダメ出しされててて草だったわ。悔しかったのか言い訳ばかりしてマウント取りに行ってたけどそれも全然敵わずw
・芸がないと、プライベートを売ったり、昔の暴露話をする元アイドルって本当に多いですね。
・そのうち芸能人の友達から誘われなくなるよ
・30半ば目前でこのキャラは痛いよ大島さん…。
・オレはこの娘、結構好き。記事だけ見ると、節操なく下品に見えるけど、守るべき一線をわきまえていて、下品さは感じないかな。
・今のAKBのメンバーはこのようにならないように反面教師として見て欲しい。
・大物女優やミュージシャンに会える普通のバーとかありますよ。
・「出会える」じゃありません。「見掛けるかもしれない」にすぎません。
・彼女が昔住んでた中目黒のマンションの向かいのバーに高橋●宏がよく来てたな…。
・汚れなキャラでカムバックしてきたけど、こういうキャラだと短命で終わりそうな気もするが。
・ぶっちゃけキャラへの転身もいいけど、あんまり大胆だと炎上しそうで怖いな。
・別の番組でワンナイトとかもありますってぶっちゃけてたけどw
【日時】2022年02月08日
【提供】gossip!

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。