爆サイ.com 関東版

政治・経済ニュース


NO.8098665
伊藤詩織さん勝訴、「合意ないまま性行為」と判断された理由
伊藤詩織さん勝訴、「合意ないまま性行為」と判断された理由
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者のジャーナリスト・山口敬之さんから性暴力被害にあったとして、慰謝料など1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12月18日、東京地裁であり、鈴木昭洋裁判長は330万円の支払いを命じた。

争点は、性行為の同意があったかどうかだった。

判決は、山口さんの供述について「不合理に変遷しており、信用性には重大な疑念がある」と指摘。

伊藤さんの供述から、山口さんが合意のないまま性行為に及んだと認定した。

そのうえで、将来上司となる可能性のあった山口さんから、意識を失った状態で、避妊具をつけることなく強引に性交渉をされるなどし、フラッシュバックやパニックが生じる状態が継続していることから、慰謝料300万円と弁護士費用30万円を認めた。

また、伊藤さんがおこなった記者会見などについて、山口さんは名誉毀損だとして慰謝料など1億3000万円と謝罪広告を求めて反訴していたが、「公共性および公益目的がある」として棄却した。

以下、判決要旨にもとづき判決を詳報する。

■合意の有無「伊藤さんの意思に反して行われたもの」と認定
裁判所はまず、伊藤さんの供述について以下のような事実..


【日時】2019年12月18日 13:49
【ソース】弁護士ドットコム
【関連掲示板】

[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。