爆サイ.com 関東版

政治・経済ニュース


NO.9268032
接種後死亡の場合は4420万円 コロナワクチン、国が補償
接種後死亡の場合は4420万円 コロナワクチン、国が補償
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

田村憲久厚生労働相は19日の衆院予算委で、新型コロナのワクチン接種後に副反応などで死亡した場合、国の健康被害救済制度によって一時金として遺族に4420万円が支払われると説明した。

立憲民主党の末松義規議員の質問に答えた。

ワクチン接種は、まん延を防ぐため緊急に行う予防接種法の「臨時接種」として実施。

この仕組みでは接種後の健康被害への補償が最も手厚くなる。

死亡時の一時金は、医療機関の過失の有無にかかわらず支払われる。

葬祭料として20万9千円も給付される。

最も重く、日常生活全般で介護が必要になる1級の障害が生じた場合、年額で505万6800円を支給する。




【日時】2021年02月19日 20:14
【ソース】共同通信
[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。