爆サイ.com 関東版

ニュース総合


NO.8716759
「トラック運転手」その過酷すぎる労働の実態 このままでは「運べない事態」が発生する
「トラック運転手」その過酷すぎる労働の実態 このままでは「運べない事態」が発生する
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

■トラックドライバーになりたいわけではなかった
大島弘明氏(以下、大島):ちょうど同じ時期に、トラックドライバーをテーマにした本を出しましたね。

橋本さんはどんな経験をされてきたのですか。

橋本愛喜氏(以下、橋本):プロフィールを話すと、本を1冊書けるくらい長いです。

父が工場を経営していて、男性ばかり35人の職場で働いていました。

でも、職人業で堅物の人も多かった。

その中で、自分のポジションを得るには、「苦労する場所に自ら飛び込んだ方が受け入れてもらいやすい」という勝手な判断で、大型免許を取得し、10年間ほど、自家用トラックのドライバーを続けました。

ただ、当時はばかにされたくないとの思いが強く、もともと興味があってトラックドライバーを始めたわけではないです。

大島:大学時代は建築学科に在籍し、最初は物流でなく、都市計画、設計に興味を持っていました。

そんな中、当時、日通総合研究所で勤務していた先輩が社会人大学院生として研究室に出入りしていた関係で、物流に関心を持ちました。

就職して30年以上になりますが、国や全日本トラック協会など業界団体の調査、物流現場のコンサルティ..


【日時】2020年08月01日 05:45
【ソース】東洋経済オンライン
【関連掲示板】

[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。