爆サイ.com 関東版

ニュース速報


NO.9837824
キャバ嬢が継いでみた 老舗釣具店、知識ゼロから挑戦
キャバ嬢が継いでみた 老舗釣具店、知識ゼロから挑戦
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

「創業67年の老舗釣具店の3代目は、現役キャバ嬢」――。そんなギャップを売りにする釣具店がある。秋田県潟上市の「中居釣具店」店主の山田希望(のぞみ)さん(26)は今年、祖父の代から続く沖メバル釣りに使われる「毛針」の専門店を継いだ。昼は毛針を手作りし、夜はホステス。SNSを駆使して人の輪を広げ、全国に毛針のファンを増やす夢を描く。

赤や青、オレンジの鮮やかなナイロンの糸をたぐり寄せると、釣り針に巻き付ける。海水浴場が広がる出戸浜(でとはま)にほど近い店の一角で、山田さんは慣れた手つきで毛針を次々と作り上げていた。

毛針は疑似餌のひとつで、針に付いた糸の束をオキアミなどのえさだと思い込ませ、釣り上げる。狙うのは「沖メバル」と呼ばれる沖合の深場にいるウスメバルだ。北海道や..


【日時】2021年09月14日 11:00
【ソース】朝日新聞

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。