爆サイ.com 南関東版

ニュース速報


NO.9914026
“貧困大国”日本の現実 子供が大学生になった瞬間にカラダを売る国
“貧困大国”日本の現実 子供が大学生になった瞬間にカラダを売る国
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

 コロナ禍により苦境にあえぐ業界は多いなか、ついつい見過ごされがちだが、現在、日本では「独身女性の3人に1人」「シングルマザーの50%」「18歳未満の7人に1人」が貧困(※1)状態という。

【※1:ここでは、その国や地域社会の平均的な生活水準と比較して、所得が著しく低い状態、いわゆる「相対的貧困」のことを指す。具体的には世帯の所得が、その国の全世帯の所得の中央値の半分に満たない状態のこと。日本では122万円以下、4人世帯で約250万円以下(2015年時点)】

 昨年7月、厚労省は「日本の相対的貧困率」を発表した。人口全体での貧困率は15.4%、全人口の6人に1人が貧困状態という衝撃的な数字だ。OECD(経済協力開発機構)のデータによれば、日本の貧困率はG7(先進7か国)でワースト2位。なかでも貧困率が50%..


【日時】2021年10月12日 07:05
【ソース】NEWSポストセブン

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。