爆サイ.com 関東版

芸能ニュース


NO.8680797
山本裕典、コロナ謝罪文を投稿も賛否の声「誰のせいでもない」「遅すぎる」
山本裕典、コロナ謝罪文を投稿も賛否の声「誰のせいでもない」「遅すぎる」
アップロードされた元画像を確認するには
コチラ をクリックして下さい。

俳優の山本裕典(32)が18日に自身のインスタグラムを更新した。

山本は先月30日から舞台の公演を行なっていたが、体調不良のため今月8日にPCR検査を受けたところ新型コロナウイルスに陽性と診断され入院をしていた。

そんな山本がこの日「皆さん、この度は心配をおかけして申し訳なかったです。あと、お騒がせしました。舞台関係者、観劇者、その家族、職場の方々、濃厚接触者、感染者の方々皆さんの安全、早期回復を心から願っています。病室で隔離され治療をしてもらった期間色々なニュース、記事をみました。役者、人の前にでる者として考えさせられる時間でした。厳しい意見や真剣に向き合って話をしてくれているコメンテーターの方の意見を目にしました。心ない罵声を浴びせてくるアンチ、暖かく優しい言葉をかけてくれるファンの方、タレント仲間。色々ありました。この舞台に携わった人間として、ちゃんと謝りたいです。本当にすみませんでした。」と綴り、今回の一連について謝罪の気持ちを綴った。

この投稿にファンからは「おかえりなさい!無事に退院できてよかったです!」「誰のせいでもない、誰が悪いとかないから!無事に退院して帰ってきてくれただけでもファンは嬉しいよ」「早く元気な姿が見られますように」と行った声が多く寄せられていた。

しかし、ネット上からは「心ない罵声?当たり前でしょう。あんな社会的大問題を引き起こしたんだから」「考えるのが遅過ぎ」「写真の笑顔が反省しているようには見えないが」といった声が。

山本主演の今回の舞台でコロナウィルス感染者が相次ぎ、山本自身も感染してしまったことから「クラスター舞台」と言われているが、山本は自身の状況に反省しているよう。

しかし、この謝罪に対しても「遅すぎる」といった声が集まってしまった。


【日時】2020年07月20日 18:18
【提供】デイリーニュースオンライン
[ 匿名さん ]

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。