爆サイ.com 関西版

📰ニュース速報



NO.9479888
「制限強化のGCQ」に緩和 きょうから首都圏と近隣4州 フィリピン
 ドゥテルテ大統領は、新型コロナ対策の防疫地域区分見直しに伴い、首都圏とブラカン、カビテ、ラグナ、リサールの近隣4州を15日から一般防疫地域(GCQ)に変更することを承認した。期限は5月31日まで。13日夜の国営テレビの国民向け演説で発表された。

 14日までの修正防疫強化地域(MECQ)指定より1段階緩和され、4段階中2番目に緩い区分に約1カ月半ぶりに戻るものの、従来より「制限を強化したGCQ」と説明。各種規制の解除が進み、フィリピンの社会・経済が本格的に再稼働するかは不透明だ。

 新型感染症省庁間タスクフォース(IATF)広報担当のロケ大統領報道官の声明によると、首都圏と近隣4州では15日から店内飲食が座席数の20%(14日までは10%)、屋外での飲食は座席数の50%になる。

 観光省管轄の市場も再開でき、宗教の集まりや、新型コロナ感染以外の原因で死亡した人のための葬儀などは、会場定員の10%まで認められる。

 美容院などのケアサービスや屋外観光施設、接触を伴わない屋外スポーツ施設は引き続き定員の30%以下で営業が可能だ。

 しかし、バーやコンサートホール、劇場、ネットカフェ、ゲームセンターなどの娯楽施設、遊園地、屋内スポーツ、展示会、会議などは14日までと同様、許可されない。

 首都圏では昨年3月中旬から5月15日まで防疫強化地域(ECQ)が続いたが、5月16日からMECQに、6月1日からGCQへと緩和された。しかし、今年3月の感染者急増を受けて、3月29日からECQに逆戻りし、4月12日からはMECQに置かれていた。

 首都圏と近隣4州以外の5月15〜31日の防疫区分は次の通り。

 【MECQ】カガヤンバレー地域=サンチャゴ市、キリノ州▽コルディリエラ行政区=イフガオ州▽サンボアンガ半島地域=サンボアンガ市

 【GCQ】コルディリエラ行政区=バギオ市、アブラ、ベンゲット、マウンテンプロビンス、カリンガ、アパヤオ各州▽カガヤンバレー地域=カガヤン、イサベラ、ヌエバビスカヤ各州▽カラバルソン地域=バタンガス、ケソン各州▽ミマロパ地域=プエルトプリンセサ市▽北部ミンダナオ地域=イリガン市▽ダバオ地域=ダバオ市▽バンサモロ・イスラム教徒自治区=南ラナオ州

 その他の地域は、4段階の防疫区分で一番緩い修正一般防疫地域(MGCQ)になる。
【日時】2021年05月15日
【提供】まにら新聞

本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。