23
2021/04/22 13:00
爆サイ.com 南関東版

🎤 芸能ニュース





NO.9413401

JJコンビ、日本のYouTubeの歴史約15年分を詳しく解説
JJコンビ YouTubeの歴史

2人組YouTuberの「JJコンビ」が『知れば知るほど面白い!!YouTuberの歴史徹底解説!!』と題した動画を公開。人気YouTuber「HIKAKIN」のデビュー年である2006年から、まだ記憶に新しく芸能人が多くYouTubeに参入した2020年まで、JJコンビの二人が笑いも交えつつ分かりやすく解説しており、YouTubeの歴史を楽しく振り返ることができる動画となっている。

今や日本国内でも多くの人が利用しているYouTubeだが、その歴史の始まりは「HIKAKIN」が誕生した2006年まで遡る。当時のYouTubeは、音楽や映像作品などのコンテンツがメインとなっており、現在のYouTubeとは少し様相が異なっている。翌2007年には体を張る企画が台頭し、「MEGWIN」が活躍した。

YouTubeが本格的に日本で認知され始めたのは、スマホやLINEが普及し始めた2012年頃から。JJコンビが「スター期」と紹介している通り、「はじめしゃちょー」「フィッシャーズ」「東海オンエア」といった人気YouTuber達がこの数年で一気に参入。また、「UUUM」や「BitStar」といったYouTuber事務所も設立され始めた。

さらに、2015年以降になると「YouTuber」が職業として世間で認知されはじめ「ラファエル」「ヒカル」など、さらなる参入者の増加とともに、YouTubeの人気も加速することとなった。

2017年頃からは「レッドオーシャン期」として紹介されており、JJコンビの二人は「努力、頭脳、才能がないと生き残れなくなった」と説明している。また、この年に「UUUM」が設立からわずか4年で上場を果たしたことから「多くのクリエイターの努力でYouTuberが世の中に認められた瞬間」だと感慨深げに語った。

2018年以降は、「中田敦彦」「カジサック」「宮迫博之」などの芸能人YouTuberが多く参入しており、YouTubeの視聴者層を広げる要因にもなった。また、2020年になると、コロナの影響もあり「おうち時間を楽しむ方向性に流行りがシフトしていった」と二人は分析している。

約15年にもおよぶYouTubeの歴史を語り終えたJJコンビの二人は「2021年はどういう年になるのか」「必ずニュースターは生まれる」とし、続けて「自分達も、いかにこの波を乗り越えて生き残っていくのかが大切!乗り越えていく!」と力強く締めくくった。


【日時】2021年04月20日 18:00
【提供】らいばーずワールド
【関連掲示板】

#12021/04/20 18:09
1番取りまくる!

[匿名さん]

#22021/04/20 18:10
だれ?

[匿名さん]

#32021/04/20 18:10
>>0
糞記事
ゴミ記事
ゴミチューバー

[匿名さん]

#42021/04/20 18:11
まずこいつらを知らないから

[匿名さん]

#52021/04/20 18:26
ユウチューブのせいで犯罪者も増えたな

[匿名さん]

#62021/04/20 19:18
いや、だれ?

[匿名さん]

#72021/04/20 19:33
一般人ですよね

[匿名さん]

#82021/04/20 22:51
ユーチューバーって自称芸能界と一緒だから、95%知らないし、興味もない!

[匿名さん]

#92021/04/20 23:46
声が嫌い

[匿名さん]

#102021/04/20 23:54
>>9
右の奴な

[匿名さん]

#11
この投稿は削除されました

#12
この投稿は削除されました

#13
この投稿は削除されました

#142021/04/22 10:54
誰?
日本のユーチューバーはゴミばかり

[匿名さん]

#15
この投稿は削除されました

#16
この投稿は削除されました

#17
この投稿は削除されました

#18
この投稿は削除されました

#192021/04/22 13:00
モラルに欠ける>>0記者と記事
URLを踏ませる事で個人情報抜きし
汚いアクセス数稼ぎがアカラさまな悪徳記事サイト

手抜きな糞記事でしかないし

見える範囲に記事を書かない記者とサイトは

悪徳記事サイト

[匿名さん]

#20
この投稿は削除されました

#21
この投稿は削除されました

#22
この投稿は削除されました

#23
この投稿は削除されました

スレが立ってから30日を過ぎるとレス投稿が出来なくなります。

前のページ1次のページ




🌐このスレッドのURL



本サイトに掲載されている記事の著作権は提供元企業等に帰属します。